勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

真神への第一段階 その3 〜補助魔法〜

ギルから領域の課題が出された次の日。
魔法についての修行もすることになった俺は魔王城の地下、正確には地下から繋がった別次元に来ている。魔法は下手をすると暴走しかねないからとのことだ。そして教えてくれる魔術師だ。
「わたしは魔王軍第六幹部【暗黒】のアズリール。あなたに魔法を教えるわ。」

「うん。よろしく。」

「言っておくけどわたしはギルより強いわよ?敬語を使いなさい?……それと、わたしを小さいなんて言ったら"殺すわよ"」

そうこの方は小さいのである。ロリなのである。ホントに強いのかなぁ…。

「疑うってんなら戦うわよ!」

なんか戦うことになりました。

「あなたは魔法も武術もできるみたいだけど、それくらい私にもできる。あなた程度なら。でもショーがないから魔法は補助だけしか使わないわ。あとは剣だけでしてあげる」

「ありがたいですね。ギルの二の舞にならないように頑張りますよ!」

俺は昨日ギルに言われた領域の感覚をずっと磨いていた。第六感だから一朝一夕じゃあ無理だと思ったが以外と感覚はつかめた。というのも俺には今までなかった第三ノ眼があってこいつにその役割をやらせてみた。そしたら意外にもあっさり周りの状況がわかった。後は体に馴染ませるために常時領域を継続して意識している。

「ッ!!!!!」

「へぇ…。よく避けるわね。でもどうしてかしら。ギルの話じゃあまだ領域すらなってないって聞いてたけど。」

「はぁ…はぁ…。生憎と俺は神になったらしいからな…。これくらいなら1日あれば出来るみたいだな。」

なんて言ってみたけどこんなの偶然できたにすぎない。ていうかアズリールさんて魔術師だろ!?なんで俺の動きについてこれんの?領域出来るようになってなかったら即やられてるよ!

「感心。感心。けどね?魔法って凄いのよ?私みたいなのがあなたみたいな神様を倒せるくらい。」

その瞬間アズリールさんが何かを呟いた。
おそらく高速詠唱。補助しか使わないって言ってたから直接的な者では無いと思うけど気をつけないとな。

「いくわ。」

「!?!!!?」

速い!!避けることもできねぇ!?槍で受けるのが精一杯だ!しかも一撃一撃が重い!下手をするとギルのよりも重いかもしれない!
このままじゃあ…領域を…突破され…る…!

「オワッ!」

「勝負あり、ね。」

クソッ!ちょっと補助魔法かけられただけでこんなにもあっさり負けるなんて…。

「あなたギルの話を聞いたときはみどころなんて無いと思ってたけど実際戦うと面白いわね。まだまだのびる。」

「え?」

「なに間抜けな顔してるのよ。褒めたのよ?喜びなさい。」

いやいや喜べって言われても…。負けたしなぁ。

「ただ貴方も魔法使えば良かったのよ?武術だけだったけど。」

「いや…俺って攻撃的な魔法しか持ってなくって一旦距離置かないと…。あとそんな暇ないくらいに接近されてましたし。」

「あぁ…。じゃあまずそこを直さないとね。あなたの戦闘スタイルからいって攻撃魔法は奥の手ね。あくまで最終手段。覚えるなら補助魔法ね。さっき私が使ってみてわかったでしょ?」

「あぁ…。最後の魔法かけた後は手も足も出なかった。」

「あら?最後だけじゃないわよ?それまでに色々かけてたわ。あなたに気づかれないように。でないと魔術師のわたしがあなたについていけるわけないじゃない。」

え?いつの間にかけたんだ?じゃあ俺が補助魔法を使えたら?相当強くなれるはずだ。

「あなた今【いつかけた?】とか【じゃあ俺が使ったら】とか考えたでしょう?そうよ、あなたはまだまだ強くなれる。【いつかけた】の答えは並行詠唱ね。後はあなたのアビリティにでも相談してみなさい。」

これで俺とアズリールの最初の修行は終わった。


「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く