勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

魔神転生 その1〜転生の儀〜

「では、転生の儀をとりおこないます。今から貴方の体を作り変える事になりますのでこのまま行うと激痛を伴います。」

「え!?痛いのはいやだなぁ…。何とかならないんですか??」

「ですので貴方には一旦死んでもらいます。」

!?!!!?!?

「ご安心を。仮死状態にするだけです。この宝玉に貴方の魔力、魂などを一時的に封印し、体を作り変えたあとに戻します。」


「なるほどねぇ。それって信用しても良いんですよね?頼みますよ?」

「ええ…。それではこちらへ。」



ーーー数時間後

あぁ。どれくらいたったんだろうか。魂を封印されてからも俺には意識が残っている。
今は真っ暗な空間にいる。
ただしローウェンの声は聞こえない。俺の体にアビリティとして残っているからだろう。
時間の流れが曖昧だ。自分でも不思議に思うくらい。だいぶ長い時間たった気もするが、ほんの一瞬前に封印された気もする。自分でもわからないのだ。



「勇。起きてください。生まれ変わった貴方を自分の目で確かめてください。」



魔王の声が聞こえるな。でも起きろと言われてもな?どーすればいいのか全くわかんねぇよ。


「あ!道を開くのを忘れてました!今作りますね!」


俺の前方に明かりがみえる。手を伸ばせば届きそうだ。俺は手を伸ばしてみる。



ーーーー
「気分はどうですか?」

「うん。悪くはない。でも転生したって実感はないなぁ…。鏡とかないの?」

「ございますよ?今お持ちしますね。」


鏡を持ってきてもらい、姿を見てみると肌の色が若干灰色がかり、耳がエルフとまで行かないが尖っている。そして何より角と額に眼がある。

「あの…。転生された体なんですが元の素養に見合う力を持つ真人に転生するのですが…。勇様の素養がよほどあったのか、その…。真神に転生してしまいまして…。」

「え?真人でしょ?イントネーションは違ったけど。」

「いえ。真人のほうはあなたが思う人なのですが…。真神は神なのです。」



…………ろ?うそだろぉおおおあ!!?

魔壁勇【神】になりました!


ステータス

名前 魔壁勇
天職 真神
Lv.1 
体力16000
攻撃力 63000【+240000】
防御力 12000
俊敏 18000
魔力 120000

スキル
真の統率
(真に属する者の統率。能力強化。統率数により見返りとしてステータス能力上昇)

チャージ、インパクト、ブースト、
スラッシュ、龍樹の加護、諸刃の一撃
神罰、エイジス、八咫烏、横一文字
燕返し、青海波、鳳凰の舞
アイスランス、ライトニング、風神の盾
雷帝の裁き、スコールジャベリン、グラビティ、エクスプロージョン、狐火、テレポート
インフェルノ、メテオ、魔力攻撃力譲渡
円環、火黒之牙
講話術、プレッシャー、自動HP回復
自動MP回復、背水の陣 、空撃
【魔法耐性】
全属性魔法適正
武王
(全種類の武器使用可能。また武器使用時攻撃力超高補正。)
冷酷
(瀕死状態の敵を相手時全ステータス超高補正。)
挑戦者(ボス相手のアビリティ高補正)
魔道士Lv.10
槍術Lv.10
剣術Lv.10
小太刀Lv.10
アビリティ 大賢者、英君化、真神の卵
      分身
称号【神】   


大分強くなりました…。


「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く