勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

誰かにはめられました その4〜テキトーっていいな〜

「はぁ……。はぁ…。おい大賢者。転移門はまだか?」
※転移門はランダ厶出現。転移門を使っているのは深すぎる階層に現状態でいくと本当にまずいから。

『その角を曲がったところです。』

「一番安全そうな階層を選んで降りてくれ。」

いまの状態では深くはもぐれない。安全な階層などないが大賢者ならその中でも比較的良い場所を見つけてくれるだろう。

『マスター。それなら50階層の安全圏に転移しましょう。なにやら不穏な魔力を感じますが大丈夫でしょう。』

おい。安全圏とか初めて聞いたぞ?テキトーってここでもかよ!
てか不穏な魔力感じちゃってんのに何で大丈夫って言えるんだあ? 

『マスター。今まではより深い階層に潜ることを優先していたので…。安全圏は説明していませんでした。』

あぁ…。なるほど確かに深い階層が優先だったからなぁ…。

「まぁいいや。50階層に降りてくれ。」




50階層にてー

ふぅ。やっと落ち着ける。なんだってこんな事に。まだ一週間たってないし!


「……けて」

おいおい何か聴こえんだが!

「たす…けて。助けて。助けて?」

怖い!怖いよ!俺ホラーだめなんだよ!散々血とか見ておいて何言うんだって話だけど…。お化け、ゾンビ、幽霊その他諸々だめ!


「おい。大賢者…。近くに生体反応は?」

『マスター。確認できません。』
 

いゃあ!!マジモンじゃん! 


「助けて〜!助けてよ〜!………助けてくれなきゃ……呪う。」

いゃあ!!!!!!!!!!
呪われたくない!

「今いきますぅ!てかどこですかぁ?」

「貴方の真下。」


!!!!!!!


「ええーと。剣だよね?人じゃないよね?助けてってこれが言ってるんじゃないよね?」

「これがいってます!」

剣がぶっ刺さってる。
えぇ…。とりあえず抜けばいいのかな?
えい。とても簡単にぬけましたぁ!
ナンカひかってるんだけど?あれれれ!? 
めちゃくちゃ可愛い女の子がでてきたんだけど?


「助かりました。貴方にはお礼をしないと。………あの大賢者とかもしかしたらしってません?」


「へ?なんでそれを?」

『マスター。こいつ嫌いなんです。おいてきましょう。てかおいとこ!』

いやいや何でお前ら知り合い何だし!

「大賢者!いやローウェン出てきなさい!」

え?俺なんか光ってんだけど?
………?また女の子増えた!?メガネっ娘だ!
可愛い…。

「はぁ…。なんでこんなところでミリィに会わないといけないのか…。」

「あのぉ…?説明してもらえますかぁ?てか俺の存在わすれてませんかぁ…?おーい!」


「あ!失礼しました!私は変幻自在、あらゆる武器の長と言っていいでしょう。ミリエル・ロストです。」

「大変遅くなりましたが改めて自己紹介を。大賢者ことローウェン・アールヴです。」


え?武器と大賢者が擬人化したんだけど?


「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く