勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

勇者に選ばれました その1 〜極悪勇者〜

(ちっ!どーなってやがる…。魔壁のクズから金巻き上げてこいっていってたら…どこだよここ!)
「ステータスオープンとお願いします。」
(……とりあえず従っとくしかねぇか)
「じゃあとりあえず僕がやるよ!ステータスオープン!」



ステータス
名前 成瀬達也
天職 勇者
Lv.1
体力 200
攻撃力 200
防御力 150
俊敏 224
魔力 75

スキル
勇者の力
(体力限界値時における全ステータスの能力限界突破) 
全属性魔法適正
対魔人



(はぁ?俺が勇者??イカれてんだろ笑。万引き、カツアゲ、暴行、落書きなんでもやってる俺が??)

「すごーい!勇者って凄いやつだよね??」
「え!?成瀬君勇者なの???すごーい!」
(……あぁ一応相手しねぇとな…。)
「うーん。凄いのかはわかんないけどまぁゲームとかでは有名だよね」


ステータス、これからの訓練などの説明、その他諸々のことを聞いて一日がおわった。





訓練〜
翌朝俺たちは訓練を受けに来た。いかついオッサン、名前のおかしな隊長などなど色々つっこみどころがありすぎる。
「君が、勇者か??」
「はい。一応そういうことになってます。」
いかつすぎだわー。普通に反射的に反応しちゃったわー。
「ならばこれを渡しておこう。勇者に渡す聖剣だ。ブレスレットは我が王国の姫からだ。身につけておいてくれ。」
(クク 勇者ってだけでこんな大層なものを。)
「ありがとうございます!」
その後厳しい訓練を終え、各自自由となった。




〜自室にて
(…聖剣さっそく抜かせてもらうぜ)
…………………………。
「ァ、アガァアアアアアアアア!!!!!な、なんだこ、れはぁ!痛え、のに離せねぇ!!クゥゥ!!」
…………………………。
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………。
(あぁ…。頭も心もスッキリだ。あぁでも何故だろう魔人が許せねぇ。ぶっ殺したくてしょうがねぇ!!!)



極悪勇者が催眠をかけられました!!!!

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く