勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

勇者召喚のち魔神転生 その6後〜真実を〜

ー数時間後 
「テキトーテキトーってヤバすぎぃ」 
現在俺は大賢者のマップ検索に引っかかった穴。いわゆる転移門を使って34階層にいる。でもって次の転移門も見つけていて45階層まではいける。
「まぁこれ以上は帰るのにつらそうだし。 何よりつかれた。あと一週間あるしとりあえず今日はここまでかな。」
向こうの時間はすでに夜だろう。怪しまれないうちに引き上げを開始する。
「ん??あれなんだ?大賢者あの黒い宝箱っぽいの罠の可能性はあるか?」
『はい。マスター。罠の可能性は………よめません。未知数です。』
チッ どーするかな。開けたい凄く開けたい。
『では罠だったときのための脱出回廊を作りましょう。【帰還の扉よ】』
えぇ!?大賢者自身で魔法使えんの!?
『はい。マスター。マスターに直接的な影響を与える魔法は使えませんが…。こういった移動系など間接的になら使えます。何よりマスターのMPを温存できるでしょう?』
有能すぎるぅ!!!! 

「……じゃあ開けるぞ!」

え。ただの紙切れじゃん?なんか書いてあるけどよめねぇし。はい大賢者の出番ですよー!
『……異族の子らよ。我、真…を知る……。
あな…方は魔人族を……ない。異族の……ものの洗…を受けて……す。真実は魔人の領を…いに来た異族の王たちの軍……………始まった。真実を疑うならここの迷宮の最奥へ………。
そこで真実をしり…さい。』

え?異族?なんか虫食いで読めん部分があるっぽいけどなんか俺らサイドが悪者みたいじゃん?やっぱ俺が聞いたことって本当なんだ…。
「あぁ…。真実を知りに行くよ。」
とりあえず帰還して明日から最奥をめざす!

ー自室にて
「だいぶ疲れたなぁ…。とりあえずステータスをみておこっと。だいぶモンスターもたおしたし!」

名前 魔壁勇
天職 ???
Lv.19
体力  350
攻撃力 1298
防御力 344
俊敏 548 
魔力 999 

スキル
???
(???????????????????????????????????)

チャージ、インパクト、ブースト、
スラッシュ、龍樹の加護
アイスランス、ライトニング、風神の盾
インフェルノ、メテオ 
講話術、プレッシャー、自動HP回復
自動MP回復、背水の陣
全属性魔法適正
武王
(全種類の武器使用可能。また武器使用時攻撃力超高補正。)
冷酷
(瀕死状態の敵を相手時全ステータス超高補正。)
槍術Lv.3
(槍を一流につかえる。)
アビリティ 大賢者
称号【真実に手をかけし者】 




のぉ!!!!!色々やばいけど!何より称号!何これ出ちゃだめじゃん!バレたら速警戒されるぅ…。
『マスター。隠蔽を使いましょう。』
あ。できんのか!やっといてぇ!
こうして長い一日が終わった。

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く