勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

勇者のち魔神転生 その4 〜訓練〜

翌朝、訓練がはじまった。近接型戦闘、後方型戦闘、
後方支援の3部門で訓練を行うらしい。いくつかつかえるものは、日によってかえるらしい。とりあえず今日は近接で。
「近接はこっちだ。近接の訓練の総指揮をとるマルグ・ボランだ。剣の方を教える。槍術、拳闘術は俺の部下がもつ。他の武器を使うならば独学となる。了承ねがう。」
ふむ。強そう。日本でいうヤクザみたいだな。ちなみに王国騎士団団長らしい。大丈夫か?
「よからんことを考えたやつ…今回だけゆるしてやる。」
……………俺含めまわりのやつらの顔が青くなる。考えることはおなじだねぇ。
「では、獲物を選んでこい!」
獲物って。まぁいいや。普通剣なんだろうけど、あえて槍かな。なんか普通じゃないのっていいよね!
「槍つかうん?一緒やな!」
「キーキー高い声だすなよ…」
佐藤 恵と、海道 炎
佐藤はなんか関西っぽい話し方をする。あくまでぽいだ。エンはスポーツ野郎だ。普段はテンション低だが、一回上がるとものすごい。こいつバーサーカーとか戦闘狂のスキルもってそう…
「あぁ佐藤とエンもか。俺は臆病だからな。リーチがながいほうがいい。」
なんで話せるかって?こいつらとは幼馴染みだ。
教室では話しかけてこなかったけどね…
「槍術はこっちッス!自分槍術担当のボン・バヘットッス!槍選んでくれて嬉しいッス!少ないンスよねぇ〜槍使う人。」
ボン・バヘットって笑。無理笑うわ。
「…………笑ったやつから実戦ッス」
わぉ。俺からじゃん。どーしましょ。




「ぜぇ…ぜぇ…はぁ…はぁ。」
強い。見た目の10倍以上強い。あたらん!
「君いったいどんな攻撃力してるっスカ!?自慢の盾へこんだッス!?」
「へっ?」
あらら。見事にへこんでる。やばい変に注目あびてしまった…!
「まぁいいっス。ボラン団長が買ってくれるッス!」
「ヘっ?」
「あの人顔怖いけど太っ腹なんスよぉ!」
いや。そこじゃない。攻撃力のこといいの?んー?
ステータスカードの時と言いテキトーですねぇ?

部屋に戻ったのは12時過ぎだった
「ステータス確認するかねぇ。ステータスオープン!」
こういうのは細かくチェックするタイプだ。
ステータス
名前 魔壁勇
天職 ???
Lv.4
体力  96
攻撃力  613
防御力  65
俊敏  210
魔力  130

スキル
???
(???????????????????????????????????)
全属性魔法適正
武王
(全種類の武器使用可能。また武器使用時攻撃力超高補正。)
冷酷
(瀕死状態の敵を相手時全ステータス超高補正。)
槍術Lv.1
(槍をつかいやすくなる。)

あがってんなぁ。それも異常値。攻撃力が600オーバー…。俊敏なんかもあがりまくってる。
「全力でおいかけたからかなぁ。ついでに槍術のスキルも覚えてるぅ。」
このステータスはやっぱり誰にも言わないほうがいいだろう。このあとは図書館でしらべものかな。


「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く