勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

勇者召喚のち魔神転生 その2

お?おー!おーー!?なんだここ!?見たことねぇ場所だっ!って痛っ!殴られたよ…このヤンキーまだいたの?神崎 ハジメさん?だったか…?
「これはこれは。召喚に成功したとおもったらいきなり殴り合いですか。ホホホホ。」
なんだこのジジイ。殴り合いじゃないよ…一方的な暴力だよ…
「こら!セバス!勇者様に失礼でしょ!」
あら、これまた王道の姫さんですやん。金髪碧眼ってホントにいるんだね。あとジジイ、セバス(笑)執事じゃん名前まんまじゃん!
「おぉ?すまんかったの!娘に怒られるのは変なきぶんじゃな!」
ってえぇ!?執事ちゃうん!?姫さんのお父さん!?
てことは王様ぁ!?呼び捨てとか紛らわしい…
「あの~?いきなり過ぎでわけわかんないすけど?説明とかしてもらえます?てかしてください!」
とりあえず情報収集でしょ。

姫さんの話をまとめるとこんなかんじ

俺たちのクラス34人は勇者として召喚されたらしい。
召喚理由としてはまぁ当然のことながら魔王の討伐。
そんでもってここには魔法だのスキルだのがあるらしい。こいつは後で測るらしい。召喚者はチート能力を持つことが多いらしい。そして種族が7種族いる。
人族  獣人族 エルフ ドワーフ 魔族の五種にあわせて神話級の種族の 龍人族 神族で7種族だそうだ。


うん。まぁなんとなく想像道理だね。ステータスはかりにいきますかねぇ…ま、勇者は成瀬 達也で決定だろーさ。

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く