路地裏最強は異能力者学園へ

KOGARASI

ルームメイト

妹の名前を変えさせてもらいました。
ひかりからひじりと変えました。
すみませんでした


─────────────────────────


「では、これにて入学式を終わります。新入生の生徒は各寮へ戻ってください」

やっと終わったか………

俺、寮が分からないだが……
仕方ない、桂香さんにでも聞くか

あ、いた

「あの、物部先生、俺の寮はどこですか?」

「ん?あぁ、言ってなかったわね。場所は校舎の裏にある道をずっと行けばあるわよ。後、部屋は303だから」

「わかりました。ありがとうございました。」

早く寮に行きたい、そして今すぐ寝たい、まだ寝足りねぇ

校舎の裏の道…校舎の裏の道……っとあったが、

「なんだよここ」

その道は人の足で踏み固められただけの舗装もされていない道だった

両端には木が並んで生えており木の枝のところどころに蛍光灯が付いており夜は、何とも雰囲気のあることだろう

その奥には建物がひとつ佇んでおりその建物も建物でなんとも言い難い雰囲気が漂っているが
どこか神秘的な光景だ

「この薄暗い感じ、何とも俺好みだ」

少々気分良くこの建物に近ずいて行く

ガラスの引き戸を開けて寮に入っていく
靴箱などがないから靴のままでいいか

「ひぃ!室内なのに風吹いたぁ!やっぱりここ怖いぃ」

少々うるさいのがいるが気にしないでおこう

それより部屋だ

303……ここだな

鍵は…空いてるな。靴があるから誰かいるのか

まぁ1人一部屋なわけないわな

一応ルームメイトになるわけだし能力は消しとくか

とりあえず、リビングは、どんな感じかな

あーうんそうだよなそこまで特別なものは無いよな

テレビにテーブル、そしてソファどこでもありそうな部屋おきだな

よし、俺の部屋は……どっちだ!?

わからん二部屋分かれているからどっちが俺の部屋だ?

ガチャッ

お、ルームメイトが出てきたっぽいな

「あ、君がルームメイトかい?ボクは晴、獣山林晴じゅうざんりんはるです。よろしくね」

「路地裏最強は異能力者学園へ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • レイ・ブラドル・ドラニス

    誤字報告
    この薄暗い感じ、何とも俺好みだ

    1
コメントを書く