話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

まぼろ詩

中津 国衙

後悔(これは徹別茨戸さんの作品になります)

俺はあの時あのように
すればよかった
俺があのように
していれば
そうやって過去を俺は
見ている

過去を見返してもなんにもならない
知ってるよ
俺だってそのくらい
過去は見てしまう
どうしても
後悔してしまう

だから
後悔しないではなく
後悔したことを
糧にして
今度はと燃える
べきだ

「まぼろ詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く