黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

二章 第6話〜襲撃作戦と再会〜

 次の日、俺は本部に来ていた。今日は明日の作戦をMI6と考えるので来た。そうやぁ、MI6って確か輝夜が課外学習に行ってるんじゃなかったっけ?まぁいいか。
 最高司令官室に入ると五大幹部と見知った顔としらんらつが何人かがいた。
「来たか拓人。早速作戦会議するぞ。」
蓮が入ってきて早々そう言った。それから2、3時間くらい作戦会議をしてから俺たちは解散した。
「さて、どうするかね。」
これから何するか悩んでると
「何考えているの?拓人君?」
となつかしい声で話しかけられる。
「まさかお前が来ているとはな輝夜。」
そう見知った顔っていうのは輝夜なのだ。まさかあいつがこっちに来て同じ任務を受けることになるとは考えもしなかった。それから俺は輝夜が案内してほしいというので始めて来た時に蓮に連れて行ってもらったハンバーガーの店とか咲やユキに連れられて行ったスイーツ店などに連れて行ったりしていた。初めてあいつと飯とかを食いに行ったがあいつ意外と食うな。言ったら体に数か所風穴が空きかねないので言わないがよく腹に入るな。そのあとは俺の家でゆっくりした。そんな感じで今日は幕を閉じた。

ー次の日ー
 只今の時刻は午前3時。
「マジで眠い。まさか作戦をこんなに早く開始するとか考えてもいなかった。」
こんな感じで愚痴を吐きながらヘリで目的の組織の建物の近くへ向かっていた。今回は子供を救助しないといけないので俺のクロノスの力は使わず真正面から襲撃するらしい。もしかしたらプチ戦争が起きかねないのでみんな装備ががちがちだ。まぁ俺もだけど。俺の武器はおなじみのブレードとこの前の作戦の前に作ったちょっとごつい剣、そして魔弾といった魔法が組み込まれた銃弾の入った袋の3つだ。あとは俺の長い間封印していたもう1つの能力だ。まぁこれは使うことはないだろうけどな。まぁ今の俺は考えてもいなかった。まさかこんなところであいつに会うとはな。
そしてついに目的の建物に着いた。5年ぶりに見るその建物はあの時のことなどを一気に思い出してしまう。そんなことは今はどうでもいいと心の中で言い聞かせてから首を振った。そしてついに作戦が決行された。まず尾向と輝夜が能力を使い、建物の壁を壊してからその穴から潜入してから子供が監禁されているフロアに向かう。中はとても薄暗く視界が悪かったが見えないほどのことでもないのでとりあえず走り続けた。そして子供が監禁されているのを見つけると鍵をブレードを破壊してから子供に今の状況を説明してから誘導を咲とユキ、そして輝夜に任せてから脱出させる。残った俺たちはばらばらになってそこら辺にいる敵を片っ端から倒していく。俺もそんな感じで敵を倒して行っていると大きな広間のようなところに着いた。そこには1人の男がいたあとそして
「やぁ、5年ぶりだな。零斗君。いや、拓人君と今は言えばいいのかな?」
と行った。その時には俺の体はそいつを切りかかっていた。
「何でお前がここにいる。」
その男は13年前俺の両親を殺害したメンバーのリーダーであった。

二章 第6話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く