黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

二章第5話〜拓人の過去〜

 あの任務から1週間ほど経った。あのあとはデルタフォースの人たちと手合わせをしたり五大幹部と外食に行ったりしていた。あとあの任務の時に結構な魔力を使ったので魔力回復の魔法をかけたりしていた。そんな感じで過ごしていると俺は思った。デルタフォースどんだけ暇なんだよ!そして俺はあとどれくらいアメリカに居るんだろうか、と。そんなことを考えていると本部から呼び出しがあったので今は本部に向かっている。
 本部に着き最高司令官室に入るとキングと五大幹部がいた。
「よし全員集まったな。」
とキングが言った。そして
「君たち6人には2日後イギリスのMI6とともに共同作戦を行ってもらう。内容は中国の組織に監禁されている子供の救出とその子供たちの資料を盗むこと。そしてそこに保管されている核ミサイルの奪還だ。」
と言った。監禁組織か。その時俺は自分の忌まわしい過去を思い出した。するとそれが表情に出ていたのか蓮が心配そうに聞いてきた。
「拓人大丈夫か?顔色悪ぞ。」
「大丈夫だ。少し昔のことを思い出しただけだ。」
と答えた。
「キング、任務は理解した。どうせ明日MI6と作戦会議するだろ、今日はもう帰る。」
そう言うとキングは「わかった。」と言った。それから俺は家に帰った。
 目線は変わり蓮へ。
 拓人が出たことで最高司令官室には俺たち五大幹部と最高司令官が残っていた。
「最高司令官教えてくれないか?拓人に昔何があったのか。このままじゃあ俺たちはモヤモヤした気持ちで任務を受けることになる。」
とバンが言った。すると最高司令官は
「いいだろう。彼の春咲拓人の忌まわしき過去を。」
ー17年前ー
 17年前、ある新婚の間に1人の男の子が誕生した。その名前は影空零斗(かげそられいと)、今の春咲拓人の前の名前だ。彼は生まれつき2つの能力を持っていたらしい。そしてそれからは彼を珍しく思い誘拐しようとした者が後を絶たなかったらしい。
 それから4年後少年は4歳になり物心がついた頃事件が起きた。ある日、家にある集団が押しかけてきた。それらは手に拳銃やスナイパーライフル、そして刃物を持っていたらしい。そして両親は説得してひきかえさせようした。いつもであれば大金を渡しひきかえさせていたのだが家の金もそこをついていたため口による説得しかなかったのだ。だが集団はひきかえさなかった。そして少年に一生の傷を残すことが起きた。彼らは少年の両親を目の前で殺したのだ。しかもただ殺すのではなく手足から切り体を痛めつけながら殺したのだ。それを見た少年は生きる力をなくし集団に誘拐された。最後に見た両親の姿は体をバラバラにされそれを散らかされている姿だった。その姿は子供にはとても辛く受け入れたくても受け入れられない光景だった。そしてそのまま彼はある建物に連れていかれそこで彼は生活させられるようになった。その建物では銃器などを使った戦いや多くの国の言語の勉強をさせられていた。彼は8歳になった時に自分の能力の1つを全ての人間の記憶から消した。彼が監禁されてから8年が経った。彼は12歳になりそれなりの実力を持った時彼の人生に転機がきた。それは当時のデルタフォースとMI6がその組織を襲撃したのだ。その時彼は建物を出て走り続けた。行くあてもなかった彼は途中である家族に拾われ今まで生活してきたらしい。彼がこちらの業界に入ってきたのはその家族に恩返しをするためらしい。
「以上が彼、春咲拓人の過去だ。」
俺たち5人は驚いた。拓人にはあんな過去があったということにもだが、何よりそんなことを考えさせるような仕草をしていなかった拓人に。そして俺たちはばらばらになり特訓などをした。
 視点は戻り拓人
 俺はあのあと家に戻りサンドバッグを殴っていた。そしてサンドバッグを破壊してから
「あんな思いをするやつが出ないようにまたあの能力を解放するか。」
その言葉は部屋に響き渡った。

二章 第5話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く