黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

二章第3話〜五大幹部とアメリカ観光!〜

 ユキに署で拾われリムジンで移動すること数分。ちなみにユキの話を聞いたり、目を見る限りユキは俺の嫌うやつではないようだ。
「はぁ〜よかった。」
「何がよかったの?」
一瞬言うか迷った。だってこいつらデルタフォースは殺すことに迷いとかがないし、それに悪は死んでも構わないってのがこいつらの考え方だからだ。殺す奴もいないということに安心したなんて言ったら、こいつやデルタフォースの考え方を否定することになるからな。まぁいいか俺を呼んだ奴らだ俺が人を殺すことが嫌いなのもわかってるだろ。だから言うことにした。殺しに来たらそん時はそん時だ。
「いやさ、デルタフォースってのは尾向みたいに人を殺しまくってる奴だけしかいないのかと思ってた。けどユキみたいに殺してない奴もいることに安心したんだよ。」
え、何どこに驚く要素があったの?するとユキは笑いながら口を開いた。
「驚きました。本当に目を見るだけで人を手にかけたことがあるとかないとかわかるんですね。それにこんなにも早く信頼してもらえるとは。」
なんだ。てゆうか尾向も同じことで驚いてたな。そんな感じで色々と話しているとめっちゃでかい建物の前でリムジンが止まった。
「着きました。此処がデルタフォース本部です。」
ユキがそう言ったので驚いた。何?デルタフォース本部ってこんな目立つ場所に堂々と建ってるの?そんだけ自信があるの?デルタフォースに対していろんな疑問を抱いているとユキに中に入れられた。
 中に入ると驚いた。ほとんどガラス張りだしあの大きさの割には人は少ないし。そんな感じで日本にはないような建物に唖然としているとユキにメンバーカードというものを渡された。なんでもこれだけで買い物とかができるらしい。そのカードを受け付けの人に見せると中に入れた。そのあと最上階まで行くとその階には1つしかドアがなかった。ユキがノックもせず「入りますよ〜」と言いながら入っていった。ドアの横に札があったので見ると
ー最高司令官室ー
と書いてあった。え、マジ。この部屋って此処のボスの部屋?やべ失礼のないようにしねーと。そしてドアをノックし「失礼します。」といい中に入った。
 1人椅子に座りその隣にユキも合わせて5人立っていた。中にはあの尾向がいた。なんでこいつが。すると1番偉そうな椅子に座っていた人が立ち上がった。
「ようこそ我々デルタフォース本部に。春咲拓人君。」
すると歓迎の挨拶をされた。そしてその人は話を続け
「私は此処の最高司令官。キングだ。よろしく。」
と言い手を差し出して来たのでこちらも握手をしお土産を渡した。そしてこう質問した。
「ちなみにあんたの周りにいる5人はなにもんだ?」
そう聞いた瞬間、5人全員が武器を取り出し構えていたので
「やる気か?わり〜があんたらの思ってる以上に俺は強いぞ。」
と言った。だがその空気を誰かが沈めたそれは俺の前にいる最高司令官ことキングだった。彼は
「まあまあ落ち着きたまえ。君達もそんなにすぐ戦闘態勢になるな。」
と言いながら後ろの5人に言った。そしてこっちに向き直り「済まない」と言い後ろのやつらの説明を始めた。
「彼らは五大幹部。このデルタフォースの中でも群を抜いているエリート5人組だ。」
そのあとにもいろいろ聞いた。五大幹部全員の名前は、3日前俺の前に現れた尾向、俺を迎えに来たユキ、他にはバン、咲(さき)、最後が蓮(れん)。なんでも蓮はこの5人の中でも1番強いらしい。てか男3人に女2人って何処ぞの戦隊ものかよ。
 今はリムジンに乗って俺の家に向かっている。その間、咲とユキと一緒に喋っている。2人ともフレンドリーなのでとても話しやすい。2人とも同じ年らしいし咲は日本出身らしい。だから話は途切れるとこはなかった。
 リムジンが止まったので外を見るとまぁセレブ感がやばい豪邸が目の前にはあった。
「拓人君此処が君の家だよ。はいこれ鍵。」
咲が鍵を差し出しながら言った。は?まぁこの家じゃないだろ。リムジンから降りると周りにはほかに家はなかった。まじかこれが俺の家。しかもユキの話ではこれはデルタフォースからの贈り物らしくこれからもずっと俺のものらしい。それからユキたちを見送り荷物を持ちながら家に入った。6時半くらいにまたユキたちが迎えに来るらしい。
 家に入ると机などの家具は全て揃えてあった。机の上に手紙が置いてあったので取り読んでみた。差出人はキングだった。内容はこれの家は今日から俺の物だと言うことになどが書いてあった。手紙を読み終わった俺はとりあえず風呂に入ることにした。ハイジャック事件で汗をかいたからな。
風呂から出てボケ〜としていると家に誰かが来た。出て見るとそれは五大幹部の蓮だった。
「お前は確か蓮だったな。どうしたんだ?」
「お前、此処(アメリカ)は始めてなんだろ?飯食ってないんなら一緒にどうかと思ってな。」
「そりゃ〜助かる。じゃぁよろしく頼むぜ。」
とゆうことで蓮に食事がてらアメリカを案内してもらうことにした。
 まず俺たちはワシントンに向かった。此処にデルタフォース本部もある。此処には今めっちゃ人気のハンバーガーがあるらしい。アメリカのハンバーガー、楽しみだな〜。数分後俺たちは日本でいうマ○クみたいなところに来た。中に入るとめっちゃ盛り上がっていた。なんでも俺の隣にいる蓮は此処らじゃぁヒーローらしい。するとある客が俺たちに席を譲ってくれた。いや〜こいつと来て正解だったな。最初はいいかはしなかったが今では来てよかったと思う自分がいた。そして俺たちはハンバーガーを食べその店をあとにした。その後もいろんな観光名所を回ってから家に帰った。蓮資料をまとめないといけないからと言い本部に帰っていった。時計を見ると5時だった。よし準備しとくか。そして6時半になりユキたちが迎えに来て俺たちは歓迎会をするためある店に向かった。その時の俺は思いもいなかった。この後悲劇に会うなんて。

二章 第3話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く