愛殺―あいころ― 設定集

@yumetogi_birt

用語説明―魔物

■魔物
・空気中の魔力が集まって自然発生する。集まった魔力が濃いほど強い魔物になる。

・死ぬと魔石が出現する(死骸は残っている)。だが後処理をしないと魔石が出現しない魔物もいる。

・強い魔物ほど、価値の高い魔石が出現する。魔石の見た目が綺麗になり、組み込める魔法の数も増える。

・人間が討伐レベルを定め、魔物をF~Sランクに分けた。
【Sランク】
災害級。エルフ10人なら倒せる魔物もいる。それ以上の強さを持つ魔物もいる。ドラゴンなら渡り合える。
【Aランク】
エルフ(S/SS級冒険者)5人でようやく倒せる。A級冒険者10人。
【Bランク】
エルフ3人で倒せる。B級冒険者7人。
【Cランク】
エルフは1人で余裕。D級(平均的)冒険者4~5人。
【Dランク】
D級冒険者3人。
【Eランク】
D級冒険者1人~2人。
【Fランク】
ほとんど戦闘経験のないE級冒険者1人でも倒せる。

・植物類は魔植ましょく、木類は魔木まきと呼ばれる。普通の木や植物は存在しない。攻撃してこない魔植、魔木がいる。

・基本的にはどの魔物も使族に会うと必ず攻撃してくる。あまりに相手の使族が強い場合、魔物が逃げることもある。

・ニンフには攻撃しない。

「愛殺―あいころ― 設定集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く