かてきょらいふ

りゅう

誤解しないで














「で、何これ?すばるはただのロリコンからスーパーロリコンにでもクラスチェンジしたの?」

母さんが去っていった後僕に抱きつくみゆぅちゃんを見て咲が呟く。あっ、やばいこれかなり怒ってる…

「ちょっ、待ってこの子は僕の従兄弟…ただの従兄弟だから!」

僕は慌てて咲に説明する。これ以上咲を怒らせないためになるべくはやく誤解を解かねば!

「違うよ〜みゆぅはねぇ、すばるにぃのおよめたんだよ〜すばるにぃはみゆぅのだんなたん」

「って言ってるけど?」

「おままごとの設定だから!本当に!僕は決してロリコンじゃないから!」

「まあ、いいわ…それよりお腹空いた…はやく食べましょう…」

咲が席について言う。僕達も席について母さんが作ってくれた朝食をいただく。

「ん!すごく美味しいです。さすがすばるさんのお母さんですね」

「本当におばさんの料理は美味しいわね…すばるも見習いなさい…」

咲にだけは言われたくないな……

「すばるにぃ、あーんして〜」

みゆぅちゃんがそう言いながら口を開く。ちょっ、さすがにそれは……

「あーんなら私がしてあげますよ」

いつきちゃんがそう言いながらみゆぅちゃんの横に移動する。なんか怖い…ちなみに咲は無言で僕を睨みつけている。ちょっ、本当に怖いからやめて!















「かてきょらいふ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く