かてきょらいふ

りゅう

UFOキャッチャー、楽しいです!










「ふわ〜かわいいですぅ…」

いつきちゃんはUFOキャッチャーの景品のクマのぬいぐるみを見ながら言う。かわいいのはあんただよ…

「取ってあげようか?」

僕はそう言いながら機械に100円玉を入れる。そしてボタンを押してアームの位置を調整する。横は完璧だったのだが縦がイマイチだったな。ぬいぐるみの下の方を掴んだアームはあっさりとぬいぐるみを落としてしまった。

「いつきちゃんもやってみる?」

「はい。やってみたいです!」

いつきちゃんはその言葉を待ってましたとでも言うかのように満面の笑みで答える。僕は機械に100円玉を入れていつきちゃんと交代する。いつきちゃんは縦は完璧だったのだが横はダメだった。

あれ…もう一度ずつ僕といつきちゃんが挑戦した後、僕はふと思った。

「いつきちゃん、僕が横の調整をするから縦は任せていいかな?」

「え?あっ、はい」

僕はそう言いながら横の位置を合わせていつきちゃんと交代する。いつきちゃんが縦の位置を調整すると………

あっさりと取れてしまった。

「すばるさん、すばるさん、取れました!取れましたよ」

「よかったね」

「一生の宝物にします!せっかくだし家宝に……」

「いつきちゃん、大袈裟すぎだよ…」

いつきちゃんがかなりのハイテンションで取り出した人形を抱きしめながら僕に言う。天使だ…天使がいる……

「せっかくだしもう少し何か取ってこうか…」

僕がそう言うといつきちゃんは目をキラキラさせながらすごい勢いで頷く。どうやらかなり気に入ったみたいだ。それにしてもかわいいなぁ…

その後、僕達はお菓子やいつきちゃんが欲しがっていたぬいぐるみ、そして僕が欲しかったアニメのフィギュアなどを取った。

アニメのフィギュアを取った時に「すばるさんはこういう方が好きなんですか?」といつきちゃんに聞かれた時はかなり焦った。とりあえず友達が欲しがってたから取ってあげたということにしといたらいつきちゃんに「すばるさん優しいですね」と言われて少し罪悪感を覚えた。

騙してゴメンね……心の中で何回もいつきちゃんに謝りながら僕達はゲーセンを後にした。

………しまった。夕飯の買い出しがあるの忘れてた……僕といつきちゃんの手はゲーセンで乱獲した景品でいっぱいだった…















「かてきょらいふ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く