かてきょらいふ

りゅう

初めてのゲーム












久しぶりにゲーセンに来たな〜と思いながら僕はいつきちゃんとともにゲーセンをうろついていた。いつきちゃんはあまりゲーセンに来たことがないみたいで常に周囲をキョロキョロと見渡していた。

「すばるさん、すばるさん、あのゲームやってみたいです」

いつきちゃんが僕の服の袖を引っ張りながら言う。なんかテンション高いな……いつきちゃんがやってみたいというゲームはリズムに合わせて太鼓を叩くゲーセンにあるリズムゲームで最も有名であろうあのゲームだった。

「ああ、あれか…結構難しいけどやる?」

「はい!」

いつきちゃんの返事を聞き、僕は機械に100円玉を2枚入れる。いつきちゃんが好きな曲を選び難易度を設定…

「最初はかんたんでやった方がいいよ」

「わかりました。すばるさんは鬼?をするんですか?」

「うん。昔結構やってたからね…」

僕のアドバイスを聞きいつきちゃんは難易度をかんたんに設定する。そしてゲームスタート…

 いつきちゃんが選んだ曲は情熱大陸、初心者には難易度高い気がするけど大丈夫かな…

音符が流れてくるといつきちゃんはリズムよく太鼓を叩いた。ドン、ドン、と次から次へと楽しそうに太鼓を叩くいつきちゃんを見ながら僕は太鼓を叩いていた。

『フルコンボだドン』

僕は当然のようにフルコンボしたがいつきちゃんも初めてなのにあっさりとフルコンボをしていた。

「意外と簡単ですね。次はもっと難しいのをやってみます」

いつきちゃんはそう言いながら次の曲を選ぶ始める。

「次はすばるさんが選んでください」

「え?いいの?」

「はい。すばるさんが好きな曲をやってみたいな〜って思ったので…」

いつきちゃんの言葉を聞き僕は曲を選ぶ。選んだ曲はもちろん、千本桜だ。初心者のいつきちゃんにはきついかもしれないが普通くらいの難易度なら大丈夫だろう。

「じゃあ、今回はすばるさんと同じ難易度にしてみます」

いつきちゃんは笑顔で鬼を設定した。ちょ、無理ですよ?流石に初心者にこれは……

僕が突っ込もうとしたらゲームが始まってしまった。ちなみに僕は千本桜でフルコンボをしたのは数回だけだ。今回はいつきちゃんに構っている余裕はない。

『フルコンボだドン』

ゲーム終了時、フルコンボを知らせる音声が流れた。後ろで見ていたギャラリーも小さい声ですごいとか上手いななどと言っている。

「結構簡単ですけど楽しいですね」

初心者なのにあっさりとフルコンボを取ったいつきちゃんが笑顔で僕に言う。いつきちゃん凄すぎっす。
















「かてきょらいふ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く