話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

VSイージス

☆☆☆


「少し、場所を変えましょうか。【クリエイト・フィールド】」

 エリーザがそう発すると、殺風景な円形闘技場が、見晴らしの良い高原に変化する。
 かなり高度な『創造魔法』だ。これだけの〈環境〉操作が行える者は、そう多く無い。

「綺麗な景色だが、何故高原なんだ?」

「選抜戦は観客が見ていますから。魅せる事も、重要だと思っています」

「流石、生徒会長……」

 お陰で観客が盛り上がっている。うるさい……。
 ふと、俺が苦い顔をしていると。

「使わないのですか? 三回戦、四回戦と続けて見せた、あの『固有魔法』を」

 エリーザは俺に挑戦的な笑みを浮かべて言った。
 俺は更に苦い顔を濃くして。

「そちらさんは、俺の手の内を知ってるが。俺は知らないんだ」

「なら、あの場で使わなければ良かったのでは?」

「……手加減が苦手なんだ」


 エリーザは俺の回答に、暫し呆気に取られた様子を見せ、コロコロと笑う。

「そうですか。では、私の手の内も明かしましょう。どうぞ、どこからでも掛かって来てください」

「……それじゃあ」

 俺は不敵な笑みを浮かべ、攻撃を誘うエリーザに向かって、刀身を上段に構え、場を支配する。

 と、その時点で俺は眉を顰めた。
 広げた俺の支配領域で、エリーザは平然と立っているのである。

「……なるほど。これが【一閃】ですか。『固有魔法』というよりも、殆どが剣術。とても、魔法とは呼べないものです」

 エリーザは盾を構えたまま。

「リューズさんは、殺気を飛ばして相手の運動機能を麻痺させていますね。実際、目の前にしなければ分からないものですが……」

「……正解だ。あんた、凄いな」

「いえいえ。しかし、殺気で動けなくなるのは、普段から命の危険とは無縁な貴族くらい。その様な手品で、私の動きは封じられません」

「そうみたいだ……」

 俺は肩を竦め、上段に構えた刀身へ力を送る。

「では、いつでもどうぞ」

 エリーザが再び盾を構え直すのを見て、俺は静まり返った会場内で。

「【一閃】」

 上段に構えていた刀を振り下ろすと、その延長線上の地面、空間が一瞬にして縦に切断。
 高原を縦に切り裂く斬撃が、エリーザに向かって前進する。

 全てを切断する俺の渾身の一振りに対し、エリーザは。

「【イージス】」

 大盾を地面に突き立て、バリアの様なものを前方に展開する。

 直径にして数十メートルの巨大なバリアに、斬撃が衝突。
 大気も波打つ衝撃が一帯に走り、高原の草木が大きく揺れ、会場内に爆風が駆け抜ける。

 やがて、爆風が治ると、エリーザの展開したバリアの裏側以外、地面が吹き飛ばされていた。

 エリーザは立ったまま。

「……【一閃】を防いだのか?」

「ああ、とても重い一撃で、私も防げるか分かりませんでした。しかし、どうやらリューズさん。あなたの切り札は、この私に、通用しない様ですね?」

 勝気な表情で俺を見下ろすエリーザ。
 俺は少しムッ思った。

「おい、勝ったつもりか? こんなのは、序の口だぞ!」

「ああ、そうなのですか? しかし、どの様な攻撃も、私の盾の前では無力ですが、ね?」

 い、言うじゃないか……。
 【一閃】を防がれたのは、驚いた。

 しかし、フィーラクラスの魔法使いなら、あれを防ぐために手立てもあるだろう、こんな事で、一々驚いていられないな。

 俺は気を取り直しつつ。

「しっかし、【イージス】か。【イージス】といえば、『固有魔法』の中でも最高峰の、物理・魔法を問わず。あらやる攻撃を無効にする魔法。元々の使い手がイージスという名前であった事から付けられた名前で、現在の『固有魔法』の防御系で最も難易度が高いんだだったか。それを会得してるとはな」

「お褒め頂き嬉しいですね。リューズさんの言う通り、【イージス】は鉄壁。これを破る手段が、果たして残っていますか?」

 どこまでも挑発的だな。この女……。
 エリーザ・カマンガは、怠惰な人間じゃない。そう、俺が嫌う堕落した人間ではなく、勤勉で努力家だ。

 だからと言って、別に手を抜いている訳ではない。今まで通り、全力を尽くしている。
 努力し、結果を出そうという相手に手を抜くなど、それは俺の矜持に反する。

 俺は、俺の矜持に従い、正面からエリーザと戦う事にした。
 そう、今までも。そして、これからも俺は出し惜しみなんてしない。

「お前の守りを破る手段があるか……? あるさ、あるとも。俺の切り札が、【一閃】だけとは言ってないからなあああ!」

 俺はそう叫び、荒れ果てた高原を駆け出す。
 身を低く保ち、刀身を地面に這わせる。

 同時に【エンチャント・エレメント】を刀身に施す。すると、地面を這う刀身が火花を散らす。
 地面は土で、摩擦によるものでは無く、刀身に炎属性を宿したからだ。

 エリーザは接近する俺に身構え、そして。

「【火柱】ー!」

「【イージス】!」

 下から上に刀を振り抜くと、炎の塊が柱の様に下から上へと爆発。
 エリーザの【イージス】を焦がしに行く。
 爆炎と熱波が、今度は会場を襲う。

 と、エリーザが炎の中から飛び出し、俺に向かって大盾を突き出してきた。

「ちいっ!? 【火柱】も防いだか!」

「危なかったですがね! まさか、下からくるとは……。咄嗟に盾を地面に向けたので、助かりました」

 なるほどな。
 判断力、反射速度も並外れている。

 なら、今度はエリーザの反射速度を超える速度で――!

 俺はエリーザの突きを躱し、カウンター一閃。
 身を翻し、両手で柄を握り、横薙ぎに払う。

「……【瞬水】!」

 水すらも斬られた事に気が付かない程に速く、正確な一振りから名付けた技。

 高速の一振りを前に、エリーザは小回りの利く小盾を器用に使い、これを受ける。
 しっかりと、盾の中心で受けたエリーザだったが、【瞬水】はその速さが故に、威力も高い。

 エリーザは受けた衝撃を捌き切れず、その身体は地面から引っこ抜かれ、思い切り円形闘技場の壁に吹き飛び、激突した。




「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 西東 北南(さいとう ぼくなん)

    続き待ってます!頑張ってください!

    2
コメントを書く