話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

東スラム

☆☆☆


「なあ、肉と魚と野菜、どれが食べたいー?」

「肉一択だろ。というか、うちに肉以外置いてあったか?」

「はあ……。リューズさあ、栄養バランスはちゃんと考えるべきだぞ〜?」

「買ってきてんのお前じゃねえか……」

 俺は、態とらしく呆れた仕草を取るミラに抗議する。
 ミラは台所で肉を焼いており、香ばしい匂いがこちらまで漂ってきている。
 調理を続けながらミラは、俺を横目に見て。

「そういえば、ウィリアムとか言う坊ちゃんな。リューズに従って、東スラムに来たみたいだ」

「……そうか」

「うちの奴らの話だと、見て直ぐに放心して、暫く動けなかったってよ。で、意識が戻ったかと思ったら、急にどっか駆け出したって」

「余程、ショックだったみたいだな」

 俺は、ウィリアムが東スラムで見たであろう光景を思い起こし、他人事の様な感想を述べる。
 すると、今度こそミラは呆れた溜息を吐いた。

「おいおい、味方に引き込むつもりだったんじゃないのかー? そんな他人事みたいな……」

「……そうだなあ。別に、ウィリアムにはそこまで期待していない。ウィリアムが仲間になったところで、ウィリアムの家――アルベルト家が協力しなければ、意味は無い。俺が欲しいのは、ウィリアムじゃなくて、ウィリアムの家の方だ」

 そう答えると、ミラは肩を竦めた。

 と、ミラとリューズの会話に割って入る様にして、コンコンッと扉が叩かれる。
 リューズとミラは互いに顔を見合わせると、首を傾げた。

「来訪者とは、珍しいな……」

 俺がそう呟くと、ミラは俺に代わり、来訪者に向かって。

「誰だ?」

「……お二人の時間の邪魔を許して下さいっす。ファミリーの……」

「ああ、お前かい……。扉越しじゃなく、入ってきなー」

 ミラはどうやら身内だと、入る様に言うが、扉の外にいるファミリーの男は何やら渋っている様で、中々入って来ない。

 訝しげに思ったミラは、眉を顰めて。

「どうしたんだい? どうして入って来ないんだい?」

「……あ、そ、その……。姉御と兄貴が、折角、夫婦水入らずの所に、あっしが水を差すというのは……」

「ふふふふ、ふーふー!?」

 ミラは手に持っていた菜箸を握力で折り、何とも間抜けな声を上げていた。

「取り乱し過ぎだろ……。って、何か焦げ臭いぞ……?」

 俺は口をパクパクさせ、今だに気が動転しているミラを無視し、臭いの元に目を向ける。
 案の定、焼いていた肉が焦げ、黒い煙が台所から上がっていた。

 ああ……。

「ふふふ、夫婦とか、馬鹿言ってんじゃないよ!? お前、さては新人かい!? あたしらは、そんな関係じゃない!」

「ええ!? し、しかし、ファミリーの中で、みんな言ってます……けど? 姉御と兄貴は、鴛鴦夫婦だって」

「おしどりいいい!?」

 何やらミラは顔を真っ赤にし、頭から蒸気が出てきている。
 俺はミラの背後を通り、焦げてしまった肉がこれ以上不味くならない様、適当に皿へ盛って食べる。

 に、苦い……。

 ミラはそんな俺に気付かず、夫婦がどうのこうのという話を永遠と繰り返す。

 そして、俺が焦げてしまった肉を食べ終える頃には。

「ま、まあ、その……。子供は最低でも三人は欲しい! あ、あああ後は、ベッドは一つで……」

「おい、お前の脳内でどこまで話が進んでんだ?」

「え? それは、勿論、結婚まで!」

 馬鹿じゃないのか?

 俺はすっかり脳内お花畑になってしまったミラを、現実に引き戻すために口を開く。

「いい加減に戻ってこい。俺は今、そういう事をしている暇がないのは、お前が一番分かっているだろう」

「そんな事言わずに、ね? あ・な・た〜? あ、待って! ごめんなさい! 嘘! 冗談! だから、アイアンクローを止めてええ!」

 ファミリーの目の前で――扉越しだけど――素のミラが出ていたので、アイアンクローをかまして強制的に現実へ引き戻す。

 ボスの悲鳴に、扉越しからでもファミリーの男が動揺しているのが分かった。

「ったく……。二人きりならいざ知らず、ファミリーのもんがいる時は、止めろよ……」

「ご、ごめん……。ちょっと暴走した……」

 ちょっとじゃねえー。

 だが、細かい事を突っ込んでいては話が進まない。
 今度は、俺がミラに代わって、ファミリーの男に訊ねる。

「それで? 何かあったのか?」

「へ、へい! 実は、ウィリアム・アルバ・アルベルトと名乗る貴族の男が、兄貴に会いたいと……」

「……ああ、分かった。通せ」

「へい!」

 扉の向こうで、駆け出していく男が聞こえ、暫くしてウィリアムが門口に立った。

「……や、やあ。リューズくん」

「顔色が悪いぞ、ウィリアム? まあ、積もる話があるだろう。中に入るといい」

 俺は具合が悪そうなウィリアムを中へ入れる。
 念のため、何か怪しい動きをしていないか、目を光らせる。

 俺はウィリアムを椅子に座らせ、その対面に俺とミラが座る。

「……そ、そちらの美しい女性は?」

 と、ウィリアムがミラに目を向けて問い掛けてきた。

「ああ、気にするな。これは頭がお花畑なポンコツだ」

「!?」

 ミラがショックを受けているが、俺は気にせず。

「よく俺の家が分かったな? 教えた覚えは無いんだが……。おい、ミラ。今は大事な話をしているから、首を締めるのは止めろ!」

 俺は憤るミラを窘めら気を取り直し、ウィリアムの話に耳を傾ける。

「……あ、ああ。東スラムに行って、直ぐに君と話がしたくて……。それで、東スラムの……あの場所を知っているという事は、君がスラムの出身なんじゃないと思って。スラムを探し回ったんだ……」

「なるほど。それで、時間が掛かったのか。もう少し、早く来ると思ってた」

「……君は、僕が会いに来る事を予想していたのかい?」

「まあな。だから、ファミリーの連中には、聞かれたら答えろと言っておいたんだが」

 俺がそう答えると、「そうか……」と、ウィリアムは身体を小さく震えさせながら、小さく呟いた。

「……あそこは、何なんだい? スラムと言えど、同じ王都の土地とは、とても思えない」

「そうだろうな。あそこは、率直に言うとだ。お前は、あそこで何を見た?」

 顔を真っ青にしているウィリアムに訊ねる。
 ウィリアムはカタカタと唇を震わせたまま。

「……と、とても口じゃ、言い難い、けど。うん……。僕が辛うじて思い出せるのは、こ、子供が、頭を……。じょ、女性の、頭を割って、そこから出てきた物を啜って……た、よ」

 俺は瞼を閉じ、その光景を思い起こす。
 きっと、飢えた子供が母親の頭をかち割り、脳味噌でも啜っていたのだろう。あれはあれで、案外、

「……他には?」

「ほ、他は……。ごめん、思い出せない。ただ、恐ろしくて、吐き気が……」

「まあ、発狂しなかっただけマシだな。あそこは狂気が渦巻いてるからな。一般人なら、近付くだけで発狂する」

「それで、ファミリーの人達が立ち入りの規制を……?」

「ああ。それで、詳しく聞きたいなら話してやるぞ? 東スラム――貴族のゴミ捨て場の話を。聞いたら最後、お前はもう、戻れない」

 最後通告のつもりで、俺はニヤリと笑みを浮かべ、青い顔のウィリアムに問う。
 ウィリアムもあれを見た後で、既に腹を括っているのか、唾を飲む様にして頷く。

「そうか、いい覚悟だな。じゃあ、早速説明してやろうじゃあないか……。あそこは、さっきから言っての通り、貴族共のゴミ捨て場でな。散々、玩具にされて捨てられた貧民達の成れの果てが、お前の見てきた連中だ」





「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く