話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

ボレリア帝国

 ☆☆☆


「…………」

 俺は今、誠心誠意……心の底からシンセスティア・ローズ・キャメロットに対して解決方法その1――土下座・・・を実行していた。

 頬を流れる汗と、降り注ぐ謎の沈黙。フィーラは俺の後ろで口笛を吹いているが……おい、元凶はお前だぞ?

 シンセスティアは頭を地面に擦り付けている俺を、それはそれは愉快そうな恍惚とした眼差しで見つめている。唇に指を当て、好物を見下ろす瞳は野獣そのもの。所詮は小動物たる俺では、こんな凶暴な肉食動物に太刀打ちなんて出来ない。

「さぁ!わたくしに対しての今までの無礼を謝罪なさい!さぁ……さぁ!」
「す……すみません……」
「お許し下さいはどうしたのかしら?」
「すみませんでしたぁ……お許し下さいぃ」
「おーほっほっほっほ!おーほっほっほっ!げほっ!?」

 バカか……。

 地面と睨めっこしながらいつも通りむせ返るシンセスティアを嘲笑ってみる。あまりにも可笑しいので、ついつい肩が震えたのを見たのか……シンセスティアが憤慨し、調子に乗って俺の頭を踏みつけようとしてきたのでヒラリと躱して立ち上がる。

 交わされたシンセスティアは、思わずバランスを崩して――俺に凭れかかるように倒れこんできた。

 俺はついつい反射的にシンセスティアの肩を抱き、その身体を支えてやる。細く……しかし、よく鍛えているなと思わせるほどに引き締まった身体をしていた。

「大丈夫か?」

 俺が彼女の顔を覗き込みながら問い掛けると、暫くシンセスティアは呆けた後に……口をパクパクさせてみるみる内に顔を真っ赤に染め上げていく。

「な……なな!?」

 フィーラは俺の後ろでこの光景を目の当たりにし、そんな声を上げていた。

「ちょ……こ、このド平民!わ、わたくしに触らないで!」
「倒れこんできたのはお前なんだけどな……」

 なんなら倒れるシンセスティアを、逆に勢いつけて地面に叩きつけてやればよかったとでもいうのだろうか。

 フィーラはフィーラで、ギャーギャーと騒ぎ立てる。

「ちょっとシンセスティアちゃん!?そんなに私のリューズくんと引っ付かないで!」
「おいちょっと待て。俺はお前のものになってないんだが」
「勘違いしないでくださいまし!わたくしはこの男に襲われそうになっただけよ!つまり……そう!強姦!強姦魔!」

 助けてやっただけなのに何て言われようだろうか。しかも、フィーラもシンセスティアも人の話を聞きやがらない。

 俺を挟み、ギャーギャー言い争う二人の女に嘆息し……俺はひっそりとその場から離れた。今はこの女どもから離れよう……ミラの件は、多分フィーラが何とかしてくれるだろうし、シンセスティアからして見ても唯一俺を揺することができるネタだ。

 おいそれと他人に言うこともあるまい。

 俺は二人を差し置いて、本当は観客席で試合を見たいがそこにいると再び二人に見つかった時に面倒くさい気がした。だから、観客席には行かずにアリーナを出てやり過ごすことにする。

 5回戦もルーレット対戦相手が決定される。その時にアリーナにまた入れば問題ないだろう……と、そこまで考えたところで件のテキラファミリーのボス――ミラが俺を後ろから追ってきたようで、走ってこっちに向かってくるのが見えた。

「おーい!どうしたんだ?こっちに向かってるのが見えたから追いかけてきたんだけど……」
「あぉ……ちょっとお前絡みで面倒なことになってな」
「は?どういうことだ?」

 俺はここまでの経緯を一通りミラに説明する。ミラはあっちゃ〜と額に手を当てて、口を開いた。

「あのお姫様め……後を付けられてる気がしたからそいつが諜報員だったか……?撒いたと思ったんだけど……」
「お前がボスがどうかは、ファミリー連中見てれば分かるだろ」

 俺は一人考察し、反省するミラに言った。実際、ミラが原因でバレたとは考えにくい。ミラはこの国の裏社会を牛耳る若きボス――テキラファミリーの頭だ。そんな女が、たかだか諜報員程度・・に尾行されたくらいでボロは出すまい。

 おそらくファミリーの誰かから漏れてしまったのだろう。

「ミスったな……すまないね。リューズ……」

 しゅんっと肩を落としているミラは、いつもの元気がない。俺は別に気にするなという意味合いを込めて肩をポンポンと叩いてやる。

「大丈夫だ。俺が犬のように言いなりになって、馬車馬のようになるだけだからな」
「全然大丈夫じゃねぇじゃん!?……ほ、本当にごめん。アタシ、リューズの足手まといにだけはなりたくなかったのに……っ」

 ミラは思わずといった風に瞳に涙を一杯に溜め、今にも泣き出してしまいそうになっていた。それを見せまいと、大きなツバの帽子を脱いで、それで顔を覆い隠す。彼女の綺麗に手入れされたエメラルドの髪が露わになる。

 気にするなと伝えたつもりだったが……余計に心配させてしまったようだ。またも俺は紳士的対応ができなかったらしい。やはり、俺には向いていないのだろうか。

 俺は……今度はミラの頭をポンポン撫でてやる。ミラは普段、裏社会のボスなりの振る舞いをしている。男勝りで、漢気に溢れる姉御肌なボス。それがファミリー連中から慕われるミラ・テキラノードという人物だ。

 しかし、昔から一緒に育った俺から言わすとそんなのはミラじゃない。

 本来のミラは臆病で泣き虫、歳下の俺の後ろに隠れるのが好きな……寡黙な女の子なのだ。今では気丈に振舞っていても、こうして偶にだが昔のミラが表に出てくることがある。

 俺は仕方ないなとミラの背に腕を回してやり、その細くるしなやか肢体を抱き締める。

 ギュッとすると、ミラも俺に甘えるように腕を首の方に回して抱きついてきた。本当に……歳上のお姉さんというよりも、歳下の妹というのが……俺にとってはやはりしっくり来る。

「よーしよし。泣かない泣かない……ミラは強い子優しい子っと……」
「うぐっ……ひっく……ぶえぇぇぇくしょんっ」

 ミラは泣き騒ぐと思わせてくしゃみしやがった。

「…………」

 チラっとミラが俺の胸に顔を押し付けている辺りに目を向けると、鼻水に塗れていた。

 おい。

 ちょっとミラの胸が当たって役得とか思っていたが、これはお釣りがくるレベルだ。おっと……今のは紳士的じゃなかったな。

 暫くそうしてあやしていると、ようやくいつものミラに戻ったのか……俺から離れてスッキリしたような表情をしていた。反面、俺は遠い目をしていると思われる。

「いやぁ……ごめんごめん。ちょっと取り乱した」
「……別にいい。もう大丈夫だな?」
「おうとも!」

 それは何より……身を張った甲斐があった。

 俺は気を取り直し、ミラへこう言った。

「とにかく今回の件はこっちで何とかする……それより、ついでだからミラに言っておく。ウィリアムっていう貴族を東スラムに向かわせた」
「……へぇ」

 先程まで鼻水垂らして泣いていた女とは思えないほどに、ミラはスッと尖らせた瞳で俺を見る。

「ふぅん?リューズにしては……珍しいな。なんだってあんなところに?」

 単なる疑問なのだろう。これに答えてやる必要はないだろうが、俺はミラに対してはそんな適当な対応しないことにしている。

 俺は至って真面目な顔で答えた。

「そろそろ味方が欲しいと思っていたんだ。あそこに行けば、おめでたい考え方も変わるだろうしな」

 俺は抱きつかれて着崩れた制服を正しながら言う。

 ウィリアムは違法ドラッグが他国から流されて大変だ大変だと……そう騒いでいるが、そんなことよりももっと解決しなければならない大きな問題がある。

 他国なんて後でどうとでもなる。そんな輩を相手にするよりも前に、やらなくてはならないことがある。それをウィリアムに親切心・・・で教えてやるために俺は奴をそこに向かわせたのだ。

「地獄の東スラム……ね。わかった。あそこにいるうちのファミリー連中には言っておくよー。頭のおめでたいお坊っちゃんが社会勉強のために来るからお通しするように……ってね」
「あぁ、頼んだ」

 ミラはそれを命じるためか、スッとその場から姿を消す。

 俺はミラのいなくなった人気のないこの場所で……たしかな気配を感じ、ため息を吐きながら声を掛ける。

「出てこいよ。見ているんだろう?」

 俺がそう声を掛けると、【インビジブル】で姿を消していたのか……数十人ほどの魔法使いたちがいっぺんに現れた。

 なんか……さっきも同じように囲まれた気がするなと場違いなことを考えるが、リヒュアの手下どもとは練度が違う。つまり、こいつらは全員正規・・の魔法使いということだ。

「リューズ・ディアーだな?我々と同行してもらおう」

 代表の男がそう言う。全く同じ問いをさっきも受けたので、どこか凄みが足りない。いや、さっきのよりは凄みがあるんだが……二番手というかなんというか……。

 まあ、そんなことよりも……今のはフェルゼンナンテ王国で使われるフェルゼン語だ。しかもかなり流暢なものだったが、独特な訛りを感じた。相当鍛えたのだろうが、小さな息遣いから立ち居振る舞いまで……全て通して見た時にその訛りがどこの国の言葉なのかを、俺に詳らかに教えてくれる。

 俺は挨拶代りにこう口にした。

『ハロー、ボレリア帝国の皆さん。言葉は通じているかな?』
『『!?』』

 半分は鎌かけだつたが、見事に当たったらしい。彼らはボレリア帝国の魔法使いであり、俺に同行を希望している。つまり、ウィリアムが言っていた……俺を狙う輩がだろう。

 なんだが、平民である俺がここまで注目されるようになったのはとても喜ばしいのだが……しかし、邪魔されるのは困る。

『まあ、そういうわけで……一生懸命勉強してきたところ悪いがそのお誘いは断るぞ。バーイ』

 俺はそう言って踵を返し、アリーナへ戻ろうとして……先程俺に話しかけてきた者が俺の足を止めようと口を開いた。

「悪いがそれは無理な相談というものだ。『ボーイ』」

『ボーイ』……ね。

 ササッと俺の逃げ道を塞いでくる優秀な魔法使い達に俺は肩を竦め、帰る足を止める。クルリと振り返って、その男と俺は顔を見合わせ……睨みつけた。

「まあ、やるというのなら俺は断らない。俺は……売られた喧嘩は買う主義なんだ」





「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く