話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

勘違いしないで!

『勘違いしないでよね!別にあんたのために来たわけじゃないんだからね!』

 と、俺は俗に言うツンデレ属性という単語が脳裏を過った。今のシンセスティアの発言の中には、どこかそれに類似する言葉があったように思う。

 高飛車でお嬢様で?成績も優秀で努力家……その上ツンデレを付け加えてこの女はどこに向かうつもりなのだろうと、シンセスティアに迫られながら俺は呑気にそんならことを考えてしまう。

「んで、結局に何をしにきたんだ……いや、デスカー?」

 おっと、そういえばシンセスティアは貴族だった。また敬語を使えと怒鳴られるので、俺は思い出したようにら取って付けた敬語に言い直す。すると、どうしたことか……シンセスティアはこめかみにプチっと青筋を立てた。

「その適当な敬語は何なのよ!これだからド平民は……」

 シンセスティアはブツブツと俺を貶しているが、ちょっと何を言ってるのか分からない。

「お、おい!俺たちを無視すんなよ!」

 と、悪漢達が再起動を終えたようで再び突っかかってくるのだがそんな雰囲気でもあるまい。シンセスティアは面倒そうに舌打ちすると、魔法で悪漢達の動きを止めた。

『無効魔法』〈解除〉【キャンセル・グラビティ】と『創造魔法』〈環境〉【クリエイト・フィールド】の合わせ技により、一定効果範囲の者の重力を任意で解除することで悪漢達が宙にポワポワと浮かび上がった。

「ほら……行きなさいよ」
「…………」

 そう言われても……シンセスティアの行動に得心がいかない。自分のためだと言っていたが、明らかに俺の手助けをしている。これがどうやったら、シンセスティアのためになるのだろうか?

 俺がそんな怪訝な視線を向けていたからだろう……シンセスティアは恥ずかしそうに頬を褒めながらも仕方なく答えた。

「…………ド平民の対戦相手、リヒュア様でしょ?だからよ。ド平民が勝てば、わたくしはそれで満足だもの。それで影で言ってやるのよ!『ズルしても負けるなんでザマァ』ってね!」

 おい、それはお嬢様的に言葉遣いが如何なものかと……問題になるだろそれぇ……。しかし、開き直ったシンセスティアはそれはもう自信満々だった。

 つまり、俺にリヒュアを倒して欲しい……勝って欲しいということなのだろう。これはシンセスティアのプライド的にはかなり傷つく行為なのだろうが、それでも彼女は犬猿の仲である俺に手を貸してくれている。

 優しい奴だな……普段はあれだけれども……。

「何か失礼なことを考えてなかったかしら?」
「いや全然、そんなことはない」

 エスパーか、こいつは。

 しかし、クスリと笑ってしまう自分はどうにも出来ず……シンセスティアはカァッと顔を真っ赤にした。

「ち、違うから!か、勘違いしないでっ……わたくしは、本当の本当に自分のためにド平民を助けるのよ。ほら、ここはわたくしにお任せなさいな」
「俺がこの程度の連中にどうにかされると?」

 シンセスティアに挑発の意味も込めた言葉を返すと、案の定悪漢どもが周りで騒ぎ立つが……が、そんなことはどうでもいい。

 ヒョイっと悪漢の一人が頭に血を登らせて俺の肩に手を掛けてくる。俺はその手を握り、握力で潰しにかかる。

「いででででっ!?」
「このまま握りつぶしたらどうだろう」
「や、やめっ……」

 俺がギギッと男の手を握り……本気で握りつぶそうとする俺を見たシンセスティアが、やれやれと呆れた様子で止めに入る。

「別にド平民がどうにかなるとか……そういう話じゃないのよ。こいつらを懲らしめれば……わたくしの溜飲も下がるというものよ」

 あぁ……そういうこと。

 行い自体は報復であり、復讐であり、やられたらやり返すという何とも子供じみた行為だ。俗に愚かな行いと呼ばれるような代物だが、俺は存外……その考え方自体は嫌いじゃなかったりする。

「……分かった」

 俺は男の手を離した。

 男は半分潰れた手を抑え、蹲る。動揺する悪漢達は俺を避け、俺は泰然と控え室を出て行った。その際にチラッと振り返ると、喧嘩腰で男の中心にいるシンセスティアがバキゴキと拳を鳴らしながらこんなことを言っていた。

「あの時は試合前で出来るだけ消耗を抑えながらだっから……ふふふ、さぁて本気で徹底的にぶっ潰して差し上げてよ!おーほっほっほっ!げほっ!?」

 いつもの調子で、俺は苦笑しつつ……4回戦の舞台へと足を向かわせた。




「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く