話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

シンセスティアの屈辱

 ☆☆☆


 3回戦第2試合……フィーラの相手は魔法学院三年で成績は下位の方。それだけで、またかと俺は呆れた。本当にこの国の奴らは、貴族にしろ平民にしろ屑、クズはがりだ。

 根拠はないが、恐らくテュポドラッグを使用していることは見てわかった。俺が戦ったベルギーニョのように、フィーラの対戦相手はどこか頭のネジが狂ってしまったかのようにおかしい。

 で、結果はフィーラの完封。テュポドラッグで増幅した魔力による力技だけで、フィーラと対等に立ち合えるはずもない。ドラッグの使用に加え、そこに十分な技術が備わっていれば……フィーラも苦戦していただろう。

 全く見る価値もない試合だったな。

 俺は嘆息しつつ、シンセスティアが出る第3試合のためそのまま観客席に残る。たしか、シンセスティアの対戦相手はこの国の侯爵の位に当たるビュロンカ侯爵家の令嬢――リヒュア・ビュロンカ……。

 学年は3年で、成績的には中の上。運が良ければ、まあここまで勝ち上がってくるようなレベルだ。本人の魔法使いとしての技量も見た感じそこそこだったか……あまり注目していないから詳しくは知らないが。

 暫くして、アリーナの舞台にシンセスティアとリヒュアの両者が揃う。と……俺は何か違和感を感じて首を傾げた。

「……?」

 試合開始前のこの時点で、どういうわけかシンセスティアの顔色が悪いように見えた。一言でいえば……疲れている。明らかに疲弊している。それは体力面でもそうだが、魔力面でもその量が減っているように見える。

 シンセスティアのような魔法使いが、試合前に魔力や体力を使うような……そんな無駄をする筈がない。何かあったと見るべきだろう。

 それよりあいつ……あんな状態で戦うつもりか?

「シンセスティアちゃん……大丈夫かな……」

 と、フィーラが俺の隣に腰を下ろしながら言った。ナチュラルに隣に座ってきやがったが……どうせ何を言っても聞かないのだから、何も言わない。

「お前も分かったか」
「うん、見たら分かる……かなり疲れてるね。何があったんだろう?」
「さっき会った時には、特に変わった様子はなかったな……」

 つまり、俺と会話をしてから舞台に上がるまでの短時間で何かがあったのだ。そして、ついさっきまで起こっていた何かによってシンセスティアは万全な状態とは程遠い状態で、こうして舞台に立たされたのだ。

「本当に、クズばかりだ」
「シンセスティアちゃん……」

 心配そうなフィーラの声は届かず、無情にも実況の開始の合図がされる。

 シンセスティアは少ない魔力でやり繰りしながら、リヒュアの攻勢を防いでいるが……完全に防戦一方だ。攻撃に回せるリソースは無く、立っているのがやっとという状況だ。

 それでもシンセスティアは諦めず、果敢に戦う。リヒュアの攻勢が止むの同時に、残りの体力と魔力の全てを使うつもで……言葉通り全身全霊の一撃――【ファイアボルト】をリヒュアに叩き込む。

 炎が稲妻の如く走り、リヒュアは意表を突かれてそれをモロに受ける。着弾と同時に炎の柱が立ち、爆発……観客達はその演目に歓声を上げるが、俺とフィーラは目を伏せた。

「…………負けだ」
「……うん」

 爆発のケムリが晴れると同時に、ダメージを負ったが未だ舞台に立つリヒュアと……全ての力を使い果たして倒れるシンセスティアの姿があった。

 これで試合は終了……シンセスティアの敗北だ。

 続いての第4試合はエリーザとギルガルの戦いだが……それよりも、俺は先ほどの試合――シンセスティアの様子が気になった。

 あいつは努力家だ。高飛車でプライドが高く、負けず嫌いだからこそ人一倍に努力を積む。そして、どうだと自分より下の者を嘲笑い、上を見上げて悔しがる変な奴だ。

 そんなあいつが、あんな風になっていたことには裏がある。まあ……例え、そうだったとしても俺には対して関係のないらことなのかもしれない……だが、それでもだ。

 努力した奴の結果が、はたしてあれでいいのか?自分の時間を惜しみ、自己研鑽につぎ込んだ奴の結果が?あのようなものでいいのか?

 そして、俺の隣に座る女はそれを許せない女だ。

「…………ちょっと、私シンセスティアちゃんのところに行ってくる!」
「ああ」

 俺は時に呼び止めず、フィーラは人ごみを掻き分けて姿を消す。

 ……俺は善人じゃない。だが、俺には絶対に譲れない信条と許せないことがある。シンセスティアがどうとかは関係ない……ただ、俺は等しく頑張る人間というのが好きだ。


 ☆☆☆


 その後、一時休息が挟まれ……俺は何となく観客席から離れてアリーナを出た。すると、出た直ぐのところにウィリアムが立っており、待ってましたと言わんばかりの仕草で声を掛けてくる。

「やあ」
「あぁ……なんか用か?」
「まあね……」

 ウィリアムは俺に向かって少し大きめなサイズをした、丸い球体を投げてきた。それを受け取った俺は、手のひらの上でそれを確認する。黒い玉だ。ウィリアムがこれを俺に投げてきたということは……これが件のドラッグなのだろう。

「こいつがそうか……」
「その通り……どうやら王立魔法学院の一部生徒に出回り……調査の結果、本大会のおよそ半数以上がドラッグ使用者ということが判明した」
「クソだな」

 俺が言うと、ウィリアムは罰が悪そうに頬を掻く。この選抜戦はそもそも、成績上位により行われる。集められる連中は全員が成績優秀な学生のはずなのに、ドラッグ使用者は揃いも揃って成績下位……なぜそういう奴らが代表に選ばれているのか?

 そして、これだけの事態を把握しているであろう大会運営が……選抜戦を中止しない理由は?

 …………。

 俺は黙ってテュポドラッグをウィリアムに投げ返した。ウィリアムはそれを受け取ると、俺にどうするのかと尋ねてくる。

「別に」
「別にって……運営も学院も周りは敵だらけだよ」
「知るか。俺は俺の覇道を突き進む……障害がその先にあるのなら、戦って斬る」
「…………」

 ウィリアムは苦い顔をしながらも、最終的に俺を止めることはしなかった。ウィリアムにとって俺は、一度戦った相手に過ぎない。こんな忠告をする理由すら、彼にはない。これは彼なりの優しさというものなのだろう。

 俺は踵を返してアリーナへと戻る。この国の連中はクズばかりだ。

 そう……俺は心の中で再度思いつつ、ふと通りがかった人気のない通路で誰かが啜り哭く声が聞こえた。微かな音で、意識しなければ聞こえないようなものだ。

「……シンセスティアちゃん」
「…………っ」

 どうやら、泣いているシンセスティアをフィーラが励ましているらしい。俺が入るのも無粋だろうと、その場から立ち去るために一歩踏み出すと同時にシンセスティアがポツリと呟く。

「……悔しい……わたくしは、悔しいっ」

 たったそれだけシンセスティアは言った。

 4回戦はベスト8を決める。ここから対戦相手はランダムに決まるため、ここまで勝ち残った連中がこの後アリーナに集まることになる。

 ここまで勝ち上がったということは、ドラッグの有無に関わらず強者揃いということになる。特にフィーラ、エリーザなどは強敵だ。

 しかし、たとえ誰が相手でも俺のやるべきことは変わらない。俺は優勝する。それが、俺の力を示せる唯一方法だからだ。




「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く