話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

王女様と姉御、時々伯爵令嬢

 ☆☆☆


 俺の試合の後、一部崩壊したアリーナの修理のために第2試合が延期……二時間後となった。第2試合に出場予定だったフィーラに少し申し訳ないことをした。

 俺は舞台から降りて、観客席には行かずに人気のない講義棟裏までやってきた。時間的にはお昼頃に当たり、昼食を取るためにここへやってきたのだ。

 とはいえ、俺は別に弁当を持っているわけではない。そこで暫く待っていると、ゾロゾロと子分を引き連れたミラが両手に弁当を持ってやってきた。元々、今日の昼飯はミラと食べる約束をしており、俺はそのためにここへきた。

「よっ、4回戦進出おめでとさん」
「あぁ、あんがと……とりあえず腹減ったわ。ミラ、早速食おうぜ」
「おうとも〜」

 と、ミラと俺が木陰に並んで座って弁当を開けたところで子分達がどこか気を遣って様子で、並んで言った。

「「じゃあ、後はお二人で!」」
「え?お前たち?」
「「いえいえ!後はお二人で!」」

 お前にたちも食えと顔で言うミラの言葉を蹴り、驚いたことには子分たちはゾロゾロと去っていった。おかげミラと二人っきりとなったわけだが……それだけならいつもと同じだなと、俺はミラが作ってきた飯を食った。

 ミラの好きな肉のてんこ盛りで野菜が見当たらない。

「おい、野菜はどうした」
「はぁ?草食系男子なんて流行らないぞ?やっぱ、男は肉食だろ?」
「そういう話をしてるんじゃないんだよなぁ……」

 まあ……俺も肉の方が好きなわけだが。ただ、やはり食事はバランス良く摂るべきだ。どちらか片方に偏っているのは、あまり好ましくない。

「ん〜!肉美味いな!」
「…………そうだな」

 が、幸せそうに食べるミラを見ているとそんな無粋なことを指摘する気も失せてしまう。仕方ない……と、俺があきらめて普通に食べようとすると、ズイッと隣に座るミラが身を寄せて、フォークでぶっ刺してステーキの一切れを俺に差し出してきた。

「ほれ、あーん」
「お、おう……あ〜ん…………うん。美味い」
「――ッ!……そ、そっか。そいつは良かったよ……」

 おい、テレテレするな。俺も恥ずかしくなるだろ。恥ずかしいなら最初からやらないで欲しいのだが。

 それから俺たちはあーだーこーだと楽しく喋りながら弁当を食べ……。

「おっおお……おやおやぁ〜?リューズくーん?だ、誰かな〜?その綺麗な女の人はー!」

 と、どういうわけかフィーラが人気のない講義棟裏まで来ており、そこで食事をしていた俺とミラを見るなりそう声を掛けてきた。

 俺が驚いていると、ミラがあからさまに不機嫌になって立ち上がり、こっちに向かって歩くフィーラと対峙するように向かい合った。

「……誰?」
「それはこっちの台詞だっつーの」

 お互い睨み合い、一歩も引かない様子。まず最初に名乗ったのは、フィーラからだった。

「私はフィーラ・ケイネス・アグレシオ。アグレシオ公国の第一王女よ」
「アタシはミラ・テキラノードだ。テキラファ…………た、ただの幼馴染だ!」

 おい、ミラの奴危うくテキラファミリーとかいいかけたぞ。俺がファミリーと繋がりがあるなんて知られたらどうしてくれるんだ……。

 二人の乙女は名乗った後も睨み合い。俺はその様子を、ミラの弁当を食いながら眺める。

 モグモグ……。

「幼馴染ぃ〜??」
「王女様だぁ〜??」

 モグモグ……。

「私、リューズくんとは学院で毎日で仲良くしてあげてますぅ〜」
「アタシは毎日リューズの飯を作ってあげてますぅ〜」
「「…………」」

 モグモグ……って、おいお前ら。

 まずフィーラ、仲良くしてあげてるってなんだこの野郎。たしかに、割といつも一人でいる俺に話しかけてくる奴なんてフィーラか、シンセスティアだけだ。こうして言うと、二人が物凄く優しい人間であるかのように聞こえるから不思議だ。

 そして、ミラよ。お前も何言ってんだ。飯を作ってもらうのは有難いが……別に頼んじゃいない。作ってあげてるってなんだ。

 俺が内心でツッコミを入れても、無論二人にそんな俺の声が聞こえるわけもなく……尚も不毛な争いを続ける。

「ぬぁにが王女様だ!このスットコドッコイ!」
「なっ……なんですって!?このバカアホドジマヌケ!」

 ミラの弁当を食べ終えた俺は、容器をその場に置いて立ち上がり、ソッとその場を離れる。触らぬ祟りに何とやらだ。

 俺が去った後も、ギャーギャーと二人の女の罵詈雑言が聴こえてくるが……聞かなかったことにしよう。そして、見なかったことにしよう。あんな幼馴染も、王女様も見たくねぇよ。なんだ、あの餓鬼の喧嘩。

 俺はテレテレとアリーナの方まで戻り、観客席へと歩を進めていると今度はシンセスティアに声をかけられた。

「あら!ド平民じゃない。まさか、4回戦まで上がってくるとは……わたくしに座学で勝つだけはあるわね」
「実技も負けてるだろ」
「せ、成績はともかく!実践なら負けないわよ!」

 シンセスティアは言い訳するようにそう叫ぶ。こいつは本当に平常運転だ。こういうところ、本当に凄いと思う。君の金魚の糞は、俺を見てプルプル震えているというのに……。

 シンセスティアは一頻り一人でペラペラ喋った後に、本当はこれが訊きたかったかのようにスッと真面目な顔つきで俺に問い掛けた。

「……ねぇ、先ほどの試合の最後に見せたあれ。あれは『固有魔法』かしら?」
「は……?あぁ……まあ秘密?」
「…………そう」

 今までに見たことがないほど細められたシンセスティアの瞳は冷たく、冷酷。底冷えするような絶対零度の視線を俺に向けていた。とても、あのお転婆娘の感半端ないシンセスティアとは思えなかった。

 しかし、次の瞬間にはそんな雰囲気もどこへやら……いつもの調子のシンセスティアで高笑いしていた。

「おーほっほっほっほっ!げふっ!?…………」
「…………」

 高笑いしていて噎せたシンセスティアがお嬢様らしからぬ声を上げていた。何とか笑いを堪えるも、震える肩は抑えられず……シンセスティアがそれを見て頬を紅潮させた。

「――ッ!で、では……わたくしは第3試合があるから失礼するわよ!」
「あぁ」

 シンセスティアはふんっと鼻を鳴らし、踵を返した。その後をゾロゾロ金魚の糞共が追いかけていく。

 俺は頭の後ろを掻き、次はフィーラの試合だなと……改めて観客席へ向かった。



「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く