話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

容赦なし

 ウィリアムが展開したのは――『防御魔法』『創造魔法』『付与魔法』だ。

 それぞれ、〈防御〉〈環境〉〈付与〉系統の魔法が発動……リューズの目で見た限りでは、【ディフェンス】【クリエイト・フィールド】【エンチャント・フィールド】である。

 環境創造は『創造魔法』の中でも高難易度に位置し、これらを展開している以上ウィリアムは無防備だ。加えてかなりの集中力を有するために時間もかかる……ウィリアムが渋っていた理由だ。

 そんな無防備なウィリアムを前に、リューズは正面に立ち待つ。舐めているのではなく、ただ真っ向からそれを叩き潰すことこそが己の力を示せると考えているからだ。

 平民だから?貴族だから?

 そういう考えこそが愚かであり、滑稽。リューズは今こそ、そういう旧時代的考えを吹き飛ばし、新たに平民の……社会的弱者達の道を切り開こうとしていた。時代に刃向かう先駆者……それがリューズ・ディアーだ。

「いくぞ……リューズくん!これが僕の『固有魔法』【我が栄光の舞台上グランド・アルベルト】!」

 ウィリアムの『創造魔法』でアリーナの舞台が作り変えられる。気付けばそこは、まるで夜会の会場。華やかな会場に、不恰好なリューズと、美しい正装を見に纏うウィリアムがいた。

「この空間は僕の創り出した世界さ。この中では、見合った格好していないと様々な制限がかけられる」
「ほう?」

 と、リューズが軽く刀を振るうと物凄い重力が、重圧が身体に負荷をかけてくる。身体が重く、思うように動けない。このウィリアムの世界に、一体何の魔法が付与されているのかは分からないが……つまるところ、この世界のルールから逸脱すると制限を掛けられるわけだ。逆に、ルールに従えば相応にバフを受けることができるのだろう。

「ふっ!」

 ウィリアムは盾を捨て、剣を片手ににリューズに襲い掛かる。速度も正確さも先ほどよりも速く、鋭い。リューズがカウンターに放った一閃は身体にかけられた負荷により遅くなる。しかし、ウィリアムはその太刀を受けるように立ち止まると……ガキンッと音を立ててリューズの刃はウィリアムの正装すらも斬れずにその勢いを失ってしまう。

「厄介だな……っ!」

 直ぐに飛んできたウィリアムの攻撃を重い身体を引きずりながら躱したリューズは、そんな悪態を吐いた。

「さぁ!どうする、リューズくん!僕は本気だ!君も本気でこい!」
「言われなくても……」

 リューズの『無効魔法』では、これほど緻密なウィリアムの『固有魔法』を打ち消せない。『無効魔法』はそこまで万能な魔法ではない。

 リューズは幾度もウィリアムと剣を交わし続け、さすがに重い身体が辛くなり、息が上がってくる。

「どうしたんだい?肩で息をしているよ」
「…………」

 これはたしかに強いなと……リューズは思う。そしてそれは、観客席で見ていたフィーラも同様で、ウィリアムに賞賛を送っていた。

「リューズくんを追い込むなんて……強い」
「生徒会副会長は伊達ではありませんよ。勝負……ありましたね」
「…………」

 エリーザはウィリアムの勝利を信じて疑っていないらしい。

 たしかに、あの世界はウィリアムの舞台だ。例えば、リューズがあの夜会に見合う服装を装ったとしてもウィリアムのような恩恵を受けることはできない。あれは【我が栄光の舞台上グランド・アルベルト】というだけあって、ウィリアム個人に対しての恩恵が強い。

 つまり、あの舞台に上げったら最後……リューズはウィリアムに勝つことはできなくなる。

 リューズは事実、ウィリアムに押されていた。未だその身にウィリアムの攻撃を受けたことはないが……と、そこまで思考が至ったエリーザは驚愕し、フィーラはほくそ笑む。

「……この戦いが始まってから一度もウィリアムの攻撃が当たってない?」
「リューズくん……そろそろ終わらせるかな」

 そのフィーラの期待に応えるように、誰から見ても不利な状況であるとリューズは……その身から魔力を迸らせる。

 何度も打ち合っていたウィリアムは既に理解していた。この戦いが始まってから、リューズは一度もウィリアムの攻撃を受けていない。それは、ウィリアムの『固有魔法』が発動してからも同じだ。

 リューズは重くなっているはずの身体で、信じられないような速度でウィリアムの懐に入り込んだリューズは……刀を手放し、体術でもってウィリアムの肩の関節を外した。

「うぐっ!?」
「……」

 リューズはさらにもう片方の肩も外す。脱臼は【ディフェンス】で己の硬さを増しても防ぐことはできないし、【リジェネイト】によって治癒力を高めてなおるものでもない。

 両肩の関節が外れ、剣を振るうことが叶わなくなったウィリアムは肩を嵌めようとするが……リューズは手放した刀を創造し、ウィリアムの斬る。だが、それは先ほどと同じようにウィリアムの硬い身体を切り裂くことはできなかった。

 リューズはやはり斬れないと見ると、徐にウィリアムの構内に刀の先を突っ込む。無論、【ディフェンス】で硬くなっているため体内に刃を突き刺したとしても斬れることはないだろう。ならばと、リューズは容赦も情けもなく……魔力を刀に伝えてウィリアムの体内にある切っ先から【ファイア】を直接を叩き込んだ。

「んんーーっ!?」
「…………」

 己の体内から燃やされ、爆発させられる未曾有の感覚にウィリアムは悲鳴を上げる。それでもウィリアムの【ディフェンス】は破れない。

 なんとかウィリアムは肩を嵌めると、直ぐ様リューズとの距離を開けようと脚を出すが……不用意に出した脚をリューズは腕で絡めとり、そして……再び関節技による痛みがウィリアムを襲う。

 関節は【ディフェンス】でも勿論強化できるものだ。しかしながら、【ディフェンス】による硬化には部位ごとに差が出る。硬化具合は本人の無意識に左右され
 、大抵の魔法使いは急所を守ろうとする。だから、頭や心臓……それから身体の表面や目、体内が硬くなる。しかしながら、関節を硬くしようとする者はあまりいない。そこだけ、疎かになり……結果的に関節技が効果的となる。

【ディフェンス】をどこか鎧のようなものと考えているものには、先ほどリューズがウィリアムの体内で【ファイア】を炸裂させたような攻撃が効果的だが……さすがに生徒会副会長であった。体内硬化もしっかりとしていた。そしてここまでで二回……関節を狙われたウィリアムが次にとる行動は関節の硬化だ。もはや、簡単に関節を外すことはできないだろう。

 だが、【ディフェンス】というのは大気のようなものだ。低気圧や高気圧のような違いが出る。つまり、全身まんべなく硬くできないのはさっきの説明で明らかになったわけだが……関節に硬化が回った今、少なからず急所以外の部分の硬化が薄くなっていると考えられた。

 リューズは空かさず硬化の層が薄そうな肩口、脇腹の肉を削ぎ落とす。

「ぐあっ!……くっ」

 痛みに悶絶しそうになったウィリアムは、何とか自分を奮い立たせ、全身を再び硬化……【リジェネイト】で回復を優先する。

(大丈夫だ……僕の硬さをリューズくんは破れない。ゆっくりと……時間を掛ければぼくの勝ちだ!)

 この時、ウィリアムはこのような思考だった。だが、ここでウィリアムは間違いを犯した。

『固有魔法』【我が栄光の舞台上グランド・ウィリアム】は、自身が作ったルールの下で効果を発揮する世界だ。そのルールは、夜会に相応しい身なり、そして男子として堂々とした佇まい、紳士としての立ち居振る舞い……様々なルール、制約がある。それを守っているからこそ、ウィリアムは自分創り出した世界から多大な恩恵を受けられるし、逆にリューズは制限を掛けられている。

 そして……今、ウィリアムの思考は逃げに走った。それは堂々たる男子の姿に非ず、それは己が創り出した世界のルールに反することとなる。

 従って、ウィリアムに掛かる幾らかの恩恵が消滅……ウィリアムの尋常ではない【ディフェンス】が解かれ、リューズはそれを見逃すことなくウィリアムの四肢を神速の下に切断し、その首元に刃を添える。

 辺りはシンっと静まり返り、やがて思い出したように実況者が試合終了の鐘の音を鳴らした。アリーナに響き渡る鐘の音に、それでも観客達は湧き上がらない。

 所詮は平民であり、この試合はウィリアムの独壇場で終わるとされていた。誰もがそう思っていたし、実際途中そうなっていた。

 ただ一人、フィーラだけはこの光景を見て静かに微笑んでいた。

「この選抜戦で必ずリベンジするから……覚悟しててね」

 リベンジに燃える女が一人……リューズはそんなことも知らず、敗者に目も向けずに舞台から降りていった。


「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    マジで容赦ねぇな...w

    0
コメントを書く