話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……

矢追 参

選抜戦の開幕

 ☆☆☆


 中間試験の結果も出たことで、いよいよ大魔法祭の選抜が各クラスごとに発表されることになる。コーラス組である俺たちの選抜は、成績順から……俺、フィーラ、ギルガルの三人となった。

 俺とフィーラはともかく……ギルガルというのは、ギルガル・フォルトという男子生徒だ。筆記試験と実技試験の成績は素晴らしく、成績は学年17位となっている。見た目は厳つく、オールバックの白髪、爛々と光る獰猛な獣のそれと同じ琥珀色の瞳をしている。身体も大きく、筋肉隆々としたおよそ学生とは思えない男だ。

 まるで成績が良いようには見えないが、本人の努力と、周りの貴族どもがやれ権力だなんだと言って本分を怠っているからこその結果なのだと思われる。

 ……正直、俺以外の奴らに興味はないが。かといって、これから大魔法祭までのライバルとなるのだ。全く知らないというのも問題だろう。

 ウチのクラスからフィーラ、ギルガル……他クラスでも注意すべきはやはり成績上位20位以内の代表者達だろう。勿論、シンセスティアもクラス代表となっている。

 選抜戦のルールは、この選抜戦で勝ち抜いた上位3名を大魔法祭の代表にするというもの。基本的に魔法のみの一対一による決闘方式。即死させなければ〈回復〉で十分復活させられる点から、殺さない程度のダメージは許されている。とはいえ、魔法使いを育成する学院なだけあり……万が一殺しても責任に問われることはない。こと俺に限っては分からないが。

「選抜戦は来週から……みなさん、選ばれた三人は頑張ってください。そして、残念ながら今回選ばれなかったみなさんは来年こそ選抜戦に出場できるよう勉学に励みましょう」

 コーラス先生がそう締めて、今日は解散となる。まだ時間としてはお昼寝頃で、少し時間が空いたなと思いながら荷物を纏めていると多方面からの視線を感じ、教室内を見回してみる。

 見ると、選抜戦に選ばれなかった学生らがどこか俺に嫉妬やら、恨めしそうな視線を向けていた。醜く愚か……具体的に問われると回答に困るが、とにかく愚か。

 俺は努力を忘れ、己の家の権力を後ろ盾に威張り散らす現代の腐った貴族が心底嫌いだ。平民を貶すのは別に構わない。無知で、薄情で、やれ責任がなんだと貴族に押し付けて自分は日々の生活に手一杯。そんな甘ったれた平民市民国民など、貶されて当然だ。

 貴族は上に立ち、平民に命令できる権力があるが故に自由はない。多くの束縛を受け、恋愛結婚など許されない。

 逆に、平民は自由だ。何をしてもいい。最低限の社会ルールに遵守すればあらゆることが認められている。少しでも知恵が回れば、商売でもやって大儲けする道もある。

 だが、そんなこと教えられなかっただとか、知らないだとか……そんな無知を恥ずかしげもなく振りかざし、まるで正当な理論武装をしている気になっている。

 愚か愚か、滑稽滑稽。

 この言葉は、俺の信条。俺はそんな輩にはならない。平民でも力を示せることを……もっといえば、スラム出身の貧民で、両親もおらず、たった一人で今日まで生きてきた俺ならば、示せると思ったから俺は魔法使いを目指している。

 商売で成り上がる?
 秘められた力が目覚める?


 そんな甘い考えや、非現実的な夢に縋っちゃいない。俺は俺の実力で、全てを屈服させ、認めさせる。そのために、ここにいる。

「ふう……」

 少し熱くなったと自覚し、クールダウンするために一息吐く。と、そのタイミングに合わせてフィーラが手を後ろに組んで俺の近くまで歩いてきた。

「随分と見られてますなー」
「注目されるのは存外に良い気分だな」
「悪い意味で……だけどね」

 フィーラは悲しそうに一瞬目を伏せ……直ぐにいつものように朗らかな笑みを浮かべる。

「ごめん……。一番、嫌な思いしてるの……リューズくんだよね」
「別に、そこまで嫌な気分でもねぇよ。馬鹿共が嫉妬してるだけなら、むしろ優越感に浸れる」

 俺がそう言ってやると、クラスメイト達からの視線がより強くなった。怒ってるな……と思った瞬間、俺とフィーラの会話にダンっと机を叩いて割って入る者がいた。

「いい加減にしろよ……このド平民風情が。たかが、選抜戦の代表になった程度で!」

 俺はその人物を見て、はんっと鼻で笑う。

「誰かと思えば……ビュルトレア男爵家の次期当主、アルディ・ビュルトレア殿か。今回の中間試験は筆記と実技の総合で144位だった?学年250名の内の約半分より下なわけだが……ほうほう、たかが選抜戦に選ばれなかっただけはある。その成績じゃあな」
「んぐっ!?」

 俺はアルディの胸ぐらを掴み、その事実を叩きつける。他者を貶めるだけで、自らを磨かない愚か者……まさにこういう人物だ。俺が嫌いな人種というのは。

 アルディはまさか俺が彼の成績を知っているとは思わなかったのだろう……とても驚いた顔をしていたが、何も驚くことはない。

「……俺は、このクラス全員の成績を知っている」
「「っ!」」

 静かに述べた言葉に、クラス連中がゾッとしたように一歩後ずさる。

「今後、誰が敵になり得るか知りたかったからな。他クラスや三年はこれから調べるとして……」

 結果的に案の定、フィーラが選抜されて、ギルガルが選抜された。そして、俺とこの二人を除けば我がクラスの連中は揃いも揃って低レベル。情けないことこの上ない。

「悔しければ俺に勝ってみせろ。文句はそれから聞いてやるが……負け犬の遠吠えを聞くつもりはない」


 ☆☆☆


「あっはははは!」
「おい、笑いすぎだろ」
「だっだって……くふふ。まさか、あそこまで言っちゃうなんてね。みんな口ポカーンて開けたまま動かなくなってたし」

 たしかに……あの間抜け面は面白かった。

 俺とフィーラは学院を出て、王都の街に繰り出していた。黒服さん達が例によって迎えに来ていたフィーラなのだが、物凄くお願いしたらしくついに黒服さんが折れたらしい……俺も渋々というかシクシク俺にフィーラをお願いしますという黒服さんの頼みを断れず、今日こうして街へ出かけることになった。

 まあ、丁度時間も空いたからいいかというのが本音だ。それに、見た目は良いフィーラだ。遊びに行くというのも……何となく役得である。

「よーし!どこいこっか!?」
「ふむ……金はないからな。どうする?帰る?」
「なんでよー!もうっ……」

 プンプンとフィーラは憤慨する。実際、金がないのは本当だ。金袋を見せるとフィーラが怪訝な眼差しで俺を見る。

「それ、男の人としてはどうなの?」
「それを言われる正直痛いが……金に集る女は生憎と嫌いだ」
「手厳しいなぁー……。ま、以前に私に勝ったっていう功績を称えて何か奢ってあげるよ」
「それは……なんか悪い気がする」
「いいよ。遠慮しないで?」
「んじゃあ、最高級の――」
「遠慮なさすぎ!」


 遠慮するなって……言ったんだよなぁ。




「俺が斬ったの、隣国の王女様らしい……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く