話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

if 陣野蒼月のデート

 エイプリルフール企画です。
 本編投稿せずにこんなん作って申し訳ありません。
 モチベ上がる道具が欲しいなぁ。


 陣野蒼月は平凡な高校生である。
 間違っても異世界に行くこともないし行く予定もない。
 更に彼女・・がデート先で死ぬなんて展開も起こり得ないのである。

「おせぇ」

 時刻は午前10:35
 予定より35分もとある少女は遅れていた。

「ごめんね。蒼月君、緊張しちゃって出てこれなかったの」

「いや、おま……え……?」

 柱に寄りかかっていた蒼月の後方からヒョコリと陽夏ひなが顔を出した。

「どうしたの? 言葉詰まっちゃって……まさか、私があまりに可愛いからって絶句しちゃった?」

 蒼月は顔を背け下を向く。

「ごめんね」

「は?」

「ほとんど無理矢理付き合ってもらったのに遅れて……しかも変なこと口走っちゃった。でも………………き……ら」

 蒼月には陽夏が後半何を言っているのか分からなかったが、そもそも嫌で顔を背けたわけではなく図星だったからであって、妹以外に女子とあまり接してこなかった無垢な少年にはこんな自分を卑下した少女を立ち直らせる手段は持ち合わせていなかった。

「すまん。そういうわけじゃないんだが……いや、そのあんま見るな。恥ずかしいだろ」

「……え? 嘘! めっちゃ可愛い。蒼月君そんなんだっけ? いやこれはこれでいい! というかどんな蒼月君でもいいに決まってる!」

「ほら、行くぞ陽夏。服? だっけか? 買うんだろ」

「うん。行こ!」

* * *

「見て、これ可愛くない?」

 陽夏はあちこちを指差し、小さな人形からパンケーキまであらゆるものを可愛いと形容しそうなほどフワフワ浮いていた。

 そして蒼月は女子の守備範囲広いなと勝手に感服していた。

「お、見てみて! これよくない?」

「うん。いいんじゃねーの?」

 店内で気に入ったものを見つけては蒼月に感想を聞いていく陽夏。

「これは?」

「うん。いいんじゃねーの?」

「こっちは?」

「うん。いいんじゃねーの?」

 そして、いつしか陽夏はむくれていた。

「蒼月君? ちゃんと私の話聞いてるの?」

「ああ、聞いてるぞ。なんだそんな顔して」

「いやぁ、じゃあ私が一番最初に選んだ服がどこがどう良かったのか言ってみなさいな」

 蒼月に良いと言われて買った服を指差しながら陽夏は不気味な笑顔で尋ねた。

「ああ、良いと思ったぞ。白を基調として柄として桜を用いているのは悪くないし、陽夏のちょっと元気なところをおとなしくさせて相性は良いと思うが……これじゃダメか?」

 陽夏は手で顔を隠し耳まで真っ赤にしてスマホを掲げていた。

「なんだそれ」

「一生大事にする!」

「いや、だからなんだそれ」

「ほら! 蒼月君帰ろ! 世界は情熱的に真っ赤だよ!」

「そうだな。もう夕暮れどきだもんな」

 陽夏が少し先に走り、そして振り返る。

「今日はありがと! 楽しかったよ!」

「どうしたんだお前。いつにも増してふわふわしすぎだろ」

「そうかな。でも、多分それは––––」

 そして陽夏は今日一番の笑顔を蒼月に向けて言う。

「––––大好きな人と丸一日過ごせたからだと思うよ」

「俺も好きだぞ……陽夏」

 不意打ちを喰らい、先程よりも真っ赤になる陽夏を蒼月が煽る。

「朝の仕返しだ」

 耳元で呟かれますます真っ赤になる陽夏、もう額から湯気がでてきても不思議じゃないほど沸騰していた。

「ずるいよ……うぅ」

「ほら、帰るぞ」

「うん」

 手を繋いで歩いていく二人の姿はとても幸せそうだった。

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く