話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第35話 フラワー

 自分には何も出来ない。
 無力さを痛感した愛月は何故か空を見上げた。
 そう。
 なんとなく見上げた。

 ドカーンと。

 山の上空で花火が光輝いた。

「え?」

 今日、この辺りで花火大会の予定などない。
 しかも、山の方からだ。

 一体何故?

 疑問は尽きない。
 だけど、行ってみる価値はあるかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 同時刻。
 外をずっと走って探すイムも上空で咲いた花火を見た。
 色も黄色だけと単調な花火だった。

「今のは?」

 ただ。
 そんなことよりも気になったことがある。

 魔力だ。

 魔力を感じたのだ。
 あの花火は魔力で出来た花火だったのだ。

「一体誰が」

 疑問を持った少女達はその場所に走りだした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 唐突だが。
 魔力という不可思議な力がある。
 別名、劣化神力・・・・
 そう、その力は遠く。
 遠い昔。
 まだ、地球オリジナルが創り出される前。
 一つの世界が存在した。
 今の地球の元となる世界。
 そこの神が創りだしたとされる。

 そして、この魔力の別名と生い立ちはーー


 ーー今の世界では神でさえも知らない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そして、白い世界。
 天界という場所に一人の神の力を持った男がいた。

 陣野 蒼月。

 その男は少女達を待っていた。

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く