話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

閑話 出会い①

 私はずっと一人ぼっちだった。
 仲間達からはずっと化け物呼ばわりされてた。

 だから、私は………。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「いきなり、召喚されて勇者だって言われてもなあ。はあ、愛月に会いたい」

 俺は蒼月。勇者としてこの世界に召喚された。
 つーか、呼ぶなら愛月も呼べよ。
 一人じゃ心細い……。

 今いるのは王国の城下町。
 商店街だ。

「なんだあれ? あ、パン屋か」

 裏にどデカイ倉庫のあるパン屋があった。
 ちょっとお金もらってたし、食べてみるか。

「オッチャン。パン一個!」

「よお、見ねえ顔の兄ちゃんだな? 噂の勇者様か?」

 へー、もう噂として流れてるのか。

「ほら、姉ちゃん! パン一個だ!」

 厨房らしき方から女の子が出てきてオッチャンに渡した。

「ほいよ」

「ありがとうございます。あれは娘さんですか?」

 話す話題が無かったので、とりあえずさっきの子について聞いてみる。

「いや、あの姉ちゃん。どうやら、家族がいないみたいでな。ついこの間こっちにきて、こうやって仕事をしてもらってる訳だが。いつか王国に行かなきゃならねえ」

 家族がいないか。
 なんか仲良くなれそう。

 俺はパン屋を後にして、他の店も回った。

 パンは普通に美味しかった。

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く