話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第30話 おじいちゃん

「おじいちゃん?」

 目の前の老人は血まみれになったナイフを片手に玖珂に歩み寄る。

「エ? いや、うそ」

 その言葉に反応し、老人の身体が靄に包まれる。

 モヤモヤした霊のような存在はその不安定な顔面の口でニターっと嗤った。

「うそだ……。嘘だ嘘だ嘘だ!」

 目の前に居るのは誰だ?
 おじいちゃんは何処にいった?

「アアァァァア」

 そんな疑問は捨てる。
 もうどうでもいいや。

 愛用のおふだを片手に目の前のモヤに突っ込んだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あれ? ホテル?」

 嫌な夢を見た。
 正確には夢ではない現実に起こったことだ。
 時計は9時あたりを指していた。

「起きたか」

 蒼月が隣で声をかけた。

「のんちゃん? あっ……。あの、ごめんなさい」

「いや、大丈夫だよ。それより桃姉は大丈夫?」

「あ、うん大丈夫だよ」

 身体に支障はないが、心が全く安定していない玖珂は反射的に「大丈夫」と言ってしまった。
 反射的とはいえ、今の自分には何にも聞かないでほしいと思っていた玖珂は未だに鼓動が速いままの心臓に手を当てた。

「そっか」

 素っ気ない返事で蒼月は頷いた。

「そういえば、愛月ちゃん達は?」

「ん? ああ、それなら隣の部屋もとっておいたからってそっちにいる」

 しばらく二人の間で沈黙が続いた後。

「え、えーと愛月のとこ行って桃姉が起きたこと伝えてくるわ。流石にまだ、寝てないだろ」

 この時の蒼月は気まずい空気から逃れる為に愛月の部屋に行った。
 
 そして、それは盛大なミスでもある。


 ドアが開き、一人の玖珂の部屋に一人の少女が入ってきた。

「ご主人様。飲み物を……、あっ……」

「えっと? 貴方は?」

 イムがやってきた。
 

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く