話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第27話 親子

 遅れてしまって、申し訳ございませんわ。
 やはり、戦闘シーンが多くなると思うので三人称メインでやっていきます。



 蒼月は引きつった笑みで旧友たちと話していた。

「どこ行ってたんだって聞きたいけどさ。まあ、なんか事情があったんだろうから深くは聞かないよ」

 誰が言ったのか、その一言のおかげで蒼月が問われることはなくなった。

「なあ、お前らなんで高二のメンバーで集まったんだ」

 蒼月はそう問いかけた。

 今、蒼月ふくめ彼らの歳は二十歳。
 高三から数えてまだ二年しか経っていないのだ。
 何故、そんな面子で同窓会なんか開いたのか、蒼月はそれが聞きたかった。

「全員集まったんだよ。お前を除いたクラスメイト」

「はっ?」 

「いやー、マジでびっくりした。中学の時の奴らは用事ある奴多かったし」

「ここにいる全員そうなのか?」

「そうだよ」
「ああ」
「奇跡だよな」

 マジか、と蒼月は苦笑した。

「お兄ちゃーーーん」

 愛月の声がした。

「んじゃあな」

 もう戻ることはないかつての居場所に手を振る。

 また会う日まで、と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「よっ、愛月」

「 ホテルにお母さんいるから行こ」

「ああ」



 ガチャリとドアを開けた。
 
「母さん……」

「蒼月ィィィィィィ」

 おもいっきり抱きつかれた。

「母さん!? ギブギブ、痛い痛い」

 蒼月は神や悪魔である前に一人の人間であった。

「ごめんなさい」

「いや、大丈夫だから。それより母さん。俺の方こそごめん」

「いいのよ。貴方の事だから、愛月を置いてくなんてないだろうし。世界でも救っていたのかしら?」

「あはは」

 わりかし合っている母の予想に笑うしかなかった。

「あー、蒼月にお客さんよ」

「えっ?」

 唐突に後ろのドアが開いた。

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    「陣野」家ばかりで「天宮」家が空気になっていますね。義理兄ぶっ飛ばされてモブになっちゃったのかな。それ以前に勇者の母を射止めた男のはずの義理父の存在が希薄ーw まあ不快な連中だから要らないけど

    0
コメントを書く