話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第26話 再会

 ちょっと、今回は書き方を変えようと思います。
 三人称にしてみたいなぁなんて
 ごめんなさい



 終業式が終わり、蒼月は愛月と一緒にカフェへと向かう。

「んで、話しって?」

「うん、海に行かない?」

「それは……、母さんも一緒なんだよな?」

「……うん」

 蒼月は少し頭を下げ、すぐに笑い。

「分かった。いつだ?」

 愛月は顔に華を咲かせ。

「えっとねー、来週の金曜日からなんだけど」

「オッケー、ホテルで待ってるわ」

***

 蒼月が住んでいるのはマンションだ。
 そもそもなぜ? 彼は学校に入れたのか。

 簡単な事で認識操作の魔法を使ったのだ。
 人の記憶を消したり、書き換えたりする魔法はその人への負担が大きいが、認識操作をすると。
 つまりは、思い込ませる事で負担を減らすという訳だ。

 それと同じ事をマンションを借りる時にもやった。
 流石に金は払ったが……。

「ただいまー」

「お帰りなさいませ」

 いい匂いが鼻に届き食欲をそそる。

「腹減ったわ」

「今日は、ハンバーグですよ」

「っし!」

 蒼月のスキルの中には《極めし力》というものがある。
 そのスキルは技術的な事が職人、達人レベルにまで引き上げるというもの。
 つまり、料理を作ろうものなら五つ星のシェフ並みの料理が作れるのだ。

 だが、蒼月は料理をしない。
 考えてみてほしい。
 もし、自宅のカレーが五つ星料理ならば人はどうすればいいのか?
 まあ、そういう事だ。


「あー、イム? 来週海行くから」

「海……、ですか?」

「そう海、これ旨っ」

「わかりました」

 そして、一週間などあっという間に過ぎる。


「海に着いたか」

 一足先に来ていた蒼月は砂浜を歩いていた。
 ちなみにイムも一緒だ。

 他には、十数人ほどの男女のグループがキャッキャしてる。

「楽しそうだな」

 その内の一人がこちらに向かって来た。
 飲み物でも買いに行くのだろう。
 彼は蒼月の横を通り過ぎ……なかった。

「あ……つき?」

「は? おまっ、え?」

「やっぱり! 蒼月だ! おーいみんなーこっち来いよ!」

 蒼月の見知った顔がわらわらと集まって来る。

「嘘!?」「マジもんだ」「どこ行ってたんだよ」

 反応は多種多様で。
 そう、彼らは蒼月の同級生。

 蒼月が失踪した高校二年生の時の友人達だった。




作者の一人語り

「いやね? 一応、ネタはあるんですよ? でもですねどう繋げていいのかわかんないんですよ。まあ、プロットなんて最初に書いちゃいましたからね。
 蒼月君を強くし過ぎたので、弱点を探してました。
 遅くなってすいません」

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く