話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第25話 日常

『まずい』
 
 そのたった一言で言えるこの状況。
 まずは、状況を整理しよう。
 愛月がお兄ちゃんとか言いそうだったから口を塞ごうとして一緒に倒れたんだ。
 うん、アウトだな。

「いや、皆んな誤解だ」

 未だ唖然としてるクラスメイト達に説明しようとすると、

「お兄ちゃん///」ポッ。

 バカぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

 妹よ? 俺の苦労を無駄にするのか?

 幸か不幸かガラガラガラというドアの開く音がした。

「ほーら、みんな席に着いて」

 クラスメイト達はぼーっとしながら席に着いた。
 愛月は顔を赤く染めてる。

 ただ一人、先生だけが

「? みんなどうかしたの?」

 いつも通りだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 休み時間は大変だ。

「おい! 蒼月! あれはどういう事だ!」

 俺にはこの質問が。

「愛月ちゃん、今朝のあれはなんだったの」

 愛月にはこの質問が。

「お前ら、落ち着け! ありゃ事故だ」

「「「「「な訳あるか!!」」」」」

 満場一致かよ!
 本気でどうする?

 こうなったらプランD

「フッ、あれは演出ドッキリだ」

 偽りのドッキリ作戦

「ドッキリ?」

 誰かが呟いた。

「ああ、そうだ。いつも同じ日々を送っている貴様らに刺激を与えてやったのだ」

 厨二病を混ぜると効果的!

「まあ、ここまでの騒ぎようは予想外だったが」

(確かに倒れた方がわざとっぽかたし)
(だから言ったじゃん、なんか企んでるって)
(まあ、それなら納得出来るかな?)

 小声で話しているクラスメイト達の声を聞く。
 うんうん、いい感じ。

「天宮さん? 本当なの?」

「ああ、うん。ドッキリだよ」

 ナイスだ妹よ。

 クラスメイト達はみんな「そうだったのかー」と一気に普段通りに戻る。

「お兄ちゃん」

「どした?」

終業式この後に話したい事があるの」




イム「私の出番はいつになるのですか」

アツキ「俺に聞かれても」

イム「はあ、ご主人様の朝御飯は私が担当してるのに……」

アツキ「その辺はありがと」

イム「では次回もよろしくお願いします」

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 大橋 祐

    ご指摘ありがとうございます。
    天宮さんに修正しておきました。
    本当に申し訳ない。

    0
  • 伊予二名

    陣野さんって呼ばれてる妹様。序盤は天宮さんって呼ばれていたのに。どっちですか

    0
コメントを書く