話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第19話 受け継がれること

「僕は、彼女の事が好きなんだ。だから、僕に関わらないでくれるかな?」

 男が焦点の合っていない目を女に向け、突き放すように言う。

「嘘………、だよね、?」

「僕は、気づいてしまったんだよ。君よりも断然彼女の方が美しいと」

「いやぁ、いやぁ、嫌」

 女はその場でうづくまりその言葉を拒絶する。

「だからさ、消えてくれないかな?・・・・・・・・・・

 その瞬間、女の中の何かが切れた。


 そうそれは、
 愛する者を取られたことから来る『嫉妬』
 そして、取ったことへの『憤怒』
 あんな奴を自分の愛する者が好きになる訳がないと思い込みによる『傲慢』
 もう駄目かもしれないという諦めからの『怠惰』
 まだ一緒にいたかったそんな思いが廻る『強欲』
 そして、やけになった『暴食』
 最後に、愛する者への『色欲』




 

 これらの感情が爆発し、女を支配する。



 やがて、女は神への復讐の為に『魔女』となる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 前回、なんかよく分からないが女の子が部屋に突入してきた。言動から察するにかなりヤバいキャラっぽい。

「へへへへへ、ルシフェル様ァァァァ!」

 その女の子がルシフェルに飛びついた。

「キャぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 よし、見なかったことにしよう。
 陽夏も諦めた目をしてるし。

「ん、貴方誰ですか?」

 気 づ か れ た。
 
 これってあれだろ。
 私のルシフェル様はあげません。死ね。
 的なルートじゃね?

「見たところ、悪魔の方のようですが。!!」

「俺の名前は蒼月だ。一応『憤怒』だ」

 ここは名乗って時間稼ぎ。
 ついでに相手の名前も知れるチャンス。

「貴方も頑張りましょう。私と一緒に」

 ?自己紹介は?
 てか、ルートは?

「貴方から私と同じ匂いがしたので、ああ、申し遅れました私は七つの大罪『強欲』担当するマモーナスと言います」

 匂いって何?聞いてみるか。

「匂いってどういう事かな?」

「貴方からも禁断の恋の匂いがしたんですよ」

 禁断の恋……。

「蒼月君は、愛月ちゃんの事が大好きでしょ。多分その事なんじゃない」

 なるほど!
 え?俺ってマモーナスと同類って事?
 なんか、納得いかない。


 それから談笑する事数分。


 ルシフェルに手招きをされ、陽夏とマモーナスから少し離れる。

「どうした」

「まぁ、無いと思うんじゃがマモーナスの前で神の話をするのはやめて欲しいのじゃ」

「なんで?」

「理由があるんじゃ」

「分かった」

「ありがとうなのじゃ」




エルナ「私の出番、いつですか!」

作者「いつかはわかりませんが、確実に減っていくと思います」

エルナ「こ、根拠は?」

作者「まだ、大罪人がでてないのと、魔女について、後は、最高神が十二人残って、あ〜蒼月君の元クラスメイトかな?」

エルナ「いっ、いっ、いいもん!えるな、お兄ちゃんについていくんだもん」

作者「愛月ちゃんがぶっ壊れたので、次回、『大罪人の集会』よろしく」

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く