話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第10話 愛する者のために

今回から一人称にしようかななんて考えてます。
戦闘の時だけ三人称にしようかな。
ダメ作者ですみません。



愛月達がドラゴンに襲われる三時間ぐらい前
蒼月は、

「あー、神会議疲れたー」
(ご主人様大丈夫ですか?)

どーも 最近出番ねぇーなと思っている 蒼月です。
今、最高神13人で集まって、会議という名の雑談をしてきたところだ。
いや まじでアイツラなんなの?
人間以上に濃いやつばっかなんだよ。
ま、気を取り直して

「愛月を尾行しますかね」
(なんの気を取り直したのかわかりませんが流石にもうやめた方がいいのでは?)
「嫌だ、妹を見るのは兄の仕事だ」
(俺は兄じゃない みたいなこと言ってたくせに)
「気が変わった 俺は兄だ、お兄ちゃんだ、ブラザーだ」 
(わかりましたよ)

プツン

「あっ」
(どうかしましたか?)
「やばい」

「愛月の生体反応がなくなった」

(えっ?)
「お、お、お、落ち着けー!俺!大丈夫!愛月は死んだ訳じゃない」
(?どういうことですか?)
「あぁ、生体反応がなくなったのは、一瞬だ。普通、人が死んだ時は徐々に生体反応がなくなる。
それにその一瞬で僅かだが魔力を感じたここから導き出せる結論は一つだけ」
(何ですか?)


「異世界召喚だよ」


(!じゃあ つまり)
「ああ 次元の歪み がどこかにある」
(そこを)
「ぶち抜く」

あの魔法を使うかな。

探索サーチ

この座標は・・・
校門だ!!

「行くぞイム!」
(はい)

俺は、廊下を走り窓から外に飛び出した・・・・・・・・・・
ちなみにここは学校の三階、このまま校門にある歪みを直接叩くことで無理矢理こじ開ける作戦だ。

「いっけー!!!」

バァァァリィィィン!


俺は、歪みをぶち抜いた。

***

「うわぁなんか帰ってきたなぁ」
「そうですねぇ」

「お、いたァァァ!」

「キャッ」
「おっと悪い」
「大丈夫です。少し驚きましたが」

さてといきますか。

「!」
「どうしたんですか?」
「愛月の魔力が枯渇してる?」
「?」
「行くぞ」

このままじゃ愛月が危ない。

加速スピードアップ

森を見つけた。
空にドラゴン達がいた。

間に合えっ!

***

愛月が見えた。
ドラゴンがブレスの態勢に入っていた。

ヤバイ!

「えるな゛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

間一髪、万事休す。

「はあはあ、間に合った」
「たすけて」

愛月がそう言った。
大丈夫
だから俺は地球で何度言ったかわからないあの・・言葉を口から出す。




「ああ 後はお兄ちゃんに任せとけ」




愛月を傷つけようとした・・・
おまエラ絶対ニ殺ス!

【大罪スキル「憤怒」を取得しました】
【称号を追加しました】

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く