話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第7話 少女は異世界へと

愛月は蒼月を待っていた。
彼女は今日こそ、蒼月と会話をしようと校門の前にいた。
だがいつまでたっても蒼月は来ない。

「遅いなー」

不意に彼女の後ろから声がした。

「¥=〒○+×♪=<」

「えっ?」

そして彼女の目の前に閃光が瞬く。

***

「あれ?ここは」

愛月が目を覚ますとそこは、森だった。

「なんで森?あれ学校は、ていうか何があったの」

現実を受け入れ始め、軽いパニックになる愛月。

「起きましたか?」

愛月の目の前にいたのは、犬耳をつけた少女だった 。

「あなたは?」

「私はプルです。すいません勝手に呼んでしまって」

「えーと ここは?」

「ここは あなた方の言葉で言う異世界ですね」

「は?」

異世界  その言葉を聞いた愛月がこのわけがわからない状態に合点がいった。

「プルちゃん 私帰れるの?」

「それは…」

「帰れないか・・・」

愛月は異世界系のラノベを少なからず読んでいた。
現実と空想は違えど容易に想像することができたのだ。

「ごめんなさい」

「大丈夫だよ…」

「……」

二人の間に僅かな沈黙が流れて

「ステータスとかってあるの?」

「はい ありますよ」

「今、見れる?」

「はい 『能力開示ステータスオープン』と言って下さい」

「わかった 『能力開示ステータスオープン』」



天宮 愛月 level1

体力 10255/10255
魔力 65243/65243


物攻 1256
魔攻 5647
俊敏 1100
物防 1305
魔防 6500

固有スキル
《魔法神の偏愛》
同調リンク

スキル
《家事スキル》

称号
日本人・ブラコン・愛されし者

スキル詳細
魔法神の偏愛・・・???
同調リンク・・・親しい人のステータスと自分のステータスを繋ぐ。念話可能。




どうもです
遅くなりました。
次回戦闘します。

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く