話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

帰還編エピローグ 兄vs義兄〜それぞれの思い〜

僕の名前は、天宮 太陽。
僕には、一人の義妹がいる。


ある日愛月から兄が帰ってきたと聞いただけどこの家に戻っては来ないらしい。

僕は、それが許せなかった
あんなに必死になって君の事を探していた事を君は知らないだろうがそれでも知らん顔する君を僕は、許さないだから

一発殴りに行く。

***

彼を屋上に連れてきた(学校の)

「どうして帰って来ないんだい」

「お前には、話さん」

「君の妹が悲しんでるんだぞ」

僕は、彼の胸ぐらを掴んで引っ張り上げた。

「なあ、お前にいくつか質問がある」

「なんだい」

何を聞くつもりだろうか?

「お前、知らない間に家族がいなくなったらどう感じる?」

「……………」

「まあいいや。んで、お前殺し合いはできるか?」

「……………」

彼が何を言っているかわからないがもうそろそろ腕が疲れてきたので殴る態勢になる。

バシンっ!

気がつけば空を見上げて寝っ転がっていた。
そして彼の声が聞こえてきた。


「オセェよ、質問に答えろ」

「どうして」

「聞いたよな?殺し合いはできるかと」




「悲しいのが愛月だけだと思うなよ」




え?

「じゃあな、ああ後俺のが年上だからな」

「知ってるよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ここがーー様がいるガッコウと呼ばれる場所ですか」

学校の校門の前で一人の少女口を開く。

「楽しみだなあ」



「うふふふふまっていてくださいね。ーー様」

そんな事を言っていた。
そして少女の耳は、紛れもなく





犬耳だった。


「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    つまり 太陽くんは 蒼月くんが妬ましいんだね?

    0
コメントを書く