話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄

大橋 祐

第1話 彼はただ

足元の転移陣の光が消える。
目の前は、白い部屋だ。

【無事に終わったようだね】

ああ、そうだな

因みに目の前にいるのは、神様だ。

【君も一応は、神だけどね】

そういきなりこんな冗談をかましてくるので要注意だ。

【いや、冗談じゃないんだけどね】

称号に神と付いていたが気にしないでおく。

【気にしようよー】

で、なんだ?
神の仕事なんざぁやるきは、ねえぞ。

【なんか 性格が変わってないかい?】

うるせえ、性別不詳!
俺が優しいのは、女と子供と男の娘だけだ。

【そうかい(可愛ければいいのか?)】

ああそうだ。

【やっぱり君も一応神だね僕の心の声を聴いたからね】

チッ。
じゃあな。

【おい、まあいいかそれじゃ僕は、見送りに来ただけだからね】

ああまたな。

【内心で会いたくないって言ってますが】



【ねえ】



俺は、地球に向かった


【えっ、無視?ねえ嘘だよね?】


***

少年の家族は、単純に母と妹だけだった。
母は父と離婚したが生活が出来る程の金はあった。
少年は、三年前の様に家族と談笑しようと決め帰ってきた。また平穏な暮らしをする為に・・・

今の時刻は、午後8時45分だ。

***

目を開くとそこは、近所の公園だった。

「帰るか」


「やべえ、マジで俺の家だ」

帰ってきたゾォォォぉォォォォ。

そうだサプライズする為に
盗み聞きでもするかね。

『強化・聴覚』

何やら話していますな。

「うーん?」

妹の声だ、何を悩んでいるんだ?
聞きたいけど我慢我慢

「どうしたんだい?」

誰だこのイケボは、まさか彼氏 ︎
ちょっとーMy sister?

「あー課題かい、ココはこれを代入するんだよ」

あー課題か。なーんだ
で?
アンタ誰よ。

そしてその質問に応えるかの様に斜め上から

「そういう事かわかったよありがとう
太陽義兄さん・・・・・・

「いいよこのくらい」

は?
思考が止まった。

兄さん?
え?は?え?え。あ?

そして表札が視界に入ってくる其処には
『陣野』ではなく・・・

『天宮』

と書かれたものが

「嘘だよね」

そして終に

「君、私の家の前で何してる?」

男の人の声が聞こえた。
振り向くとガタイのいいイケメンが立っていた。

ガクガクと震えてる足を抑えながら問う。

「今、わたしの家って」

「そうだが」






俺は、走り出していた。
猛スピードで音を置き去りにして、

『再婚』

俺の頭の中にその二文字が存在を示していた。

***

泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた。

俺は、公園のブランコで泣いていた。

何のために帰ってきたのか?
家族と再会する為に。


家族が別の人の家族になるなんて予想してなかった。
現段階で判ることはただ一つ

俺は、邪魔者

という事だ。
少なくとも今、俺に居場所はない。

それでも妹と話したいな思う。
話せる場所か、



あっ、そうだ



いい事思いついた
いよっし頑張ろう。




設定ですね。
天宮 愛月あまみや えるな17歳 高校二年生
蒼月の妹・ブラコン(蒼月)

天宮 太陽あまみや たいよう17歳 高校三年生
愛月の義兄・天才

二人とも同じ高校ですね〜♪
詳細は、また今度です。
ではまた

「英雄様の非日常《エクストラオーディナリー》 旧)異世界から帰ってきた英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く