異世界の領主も楽じゃない〜うちのメイドは毒舌だけど最強です〜

長人ケッショウ

役者は揃った

あぁ、柔らかい
心地良い感触と懐かしい温もりが体全体を包み込んでいる
徐々に意識が明確になるにつれ夢心地から現実へと引き戻される


「ん、あ、あれ……」


目を開くと見たこと無い景色が広がり、白く大きなベッドの上に乗っていた

「ここって……いたっ」

起き上がろうと体を起こすと全身が痛みに襲われる
痛みに耐え、上半身だけを起こす
覚えのない綺麗な服をめくると腹部から胸部までが包帯に巻かれていた


「何が起きたんだっけ…………あ!そうだ、僕はでっかい屋敷に忍び込んで食料を盗もうとしたら、屋敷の廊下で金髪のメイドに襲われて……あれ、その後どうなったんだっけ?」


「私があなたを襲撃して、壁に激突、その後気絶したので介抱しました」

「うわっ!だ、誰ですか」

「申し遅れました、私はリル・マクリルこの屋敷のメイドです」

「あ、ご丁寧にどうも……えっ、僕を気絶させた!」

「はい、何か間違いでもありますか?」

間違った事を笑顔で誤魔化しているが、目が全く笑っていない
何より薄っすらと漂わせている殺気が恐ろしく
今まで人を何人か殺しているとまで思わせてくる

その殺気に怖じけずいたのか、手の震えが止まらない


「……あ、あの」

「はい、何でしょうか」

「ぬ、盗みに入った事は謝ります、だから……だから、その、見逃しー」

「ほざくな罪人」

「ーーーーーーっ!」

鋭く冷酷な視線に恐怖どころか死まで覚悟した
まるで四方八方を塞ぐ何十もの蛇に睨まれた一匹の蛙になった気分だった


「なぜ、お前が生きているのかわかるか?
この屋敷の主人であるハル・カンザキ様が盗みを働いたお前を介抱しろと仰せられたからお前は生きている
本来ならお前は数時間前に死んでいる事を覚えておきなさい」

勝てない、僕の本能が言っているこのメイドには逆らってはいけないと
いつもなら恐怖に屈するななんて言って自分を鼓舞して、敵に立ち向ってそれで難を逃れて来た
でも、これは違う、そんなレベルの話じゃない
どれだけ足掻いたって、無我夢中に戦ったって絶対に逃れられない明確な死だった

恐怖のあまりに冷や汗が止めどなく噴き出し、呼吸が荒く、ままならない
空気は凍てつき、寒気さえ感じさせる

「あ、起きたんだ!」

突拍子もなく聞こえた声は一瞬にして場の雰囲気を変えた


「壁の清掃お疲れ様でした、ハル様」

「いや、いいって俺が自分で手伝っただけだから」

「いえ、本来ならメイドである私の仕事を主人に手伝って貰うなどあるべき事では無いのです」

「もし、手伝わなかったら、あいつと同じ領主になっちまうし、何よりうちは人手が足りないから俺も手伝った方が効率はいいだろ」

「……それもそうですね、これからはできる限りの事をお願い致します」

「あぁ、頼まれた」

「それでハル様」

「あぁ、そうだった。君、名前は?」

「ぼ、僕ですか?」

「うん」

「ぼ、僕はシオンと言います」

「よし、シオンな!よろしく」

「は、はい」

「勝手にだけどシオンには領土戦争に参加してもらう」

あぁ、駄目だ、やっぱり僕死ぬのか……

「異世界の領主も楽じゃない〜うちのメイドは毒舌だけど最強です〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く