異世界の領主も楽じゃない〜うちのメイドは毒舌だけど最強です〜

長人ケッショウ

噂は信じてみるもの

 「11月11日11時11分11秒

この時間丁度に眠ると異世界に行けるという」

リビングのテレビからの音は部屋まで聞こえてきた。

「……やってみようかな……」

小さく呟き、時計をみる。
今日は11月11日、時刻は11時5分
あと少しで噂の時間になる。

俺は高校二年の神崎 晴
オカルトが大好きで、昔からUMAやUFO、都市伝説なんかを調べたり、探したり、確かめたりしているちょっと痛い高校生だ。

テスト勉強のため部屋に籠り勉強していたら
ふと、テレビの音が聞こえた
しかも自分が好きな番組だったのでついつい聞き入ってしまった。
好奇心を抑えきれず、早速噂を確かめるためにベットに入る。
冷えた毛布を掛けベットに寝転がる
勉強で疲れた体はすぐに睡魔に襲われる
寝るまいと顔をつねったり、頬を叩いたりして睡魔に必死に対抗した
睡魔に耐えながら時計を見る
時刻は11時10分

「あ……とい、っぷん……」
記憶はそこで途切れ……


「……んさま」

澄み切った声がかすかに聞こえる、その声は徐々にはっきりと聞こえて

「ご主人様」

眠りから目を覚ます
体を起こすと目に入ってきた景色はまるで高級ホテルのスイートルームの様な部屋
右横には声の主と思われるメイドが立っていた
金髪で長い髪を後ろに束ね、端正な顔立ちで凛とした佇まいの彼女に思わず見とれてしまった。

「まだ寝ぼけているのですか、ご主人様」

「え、ちょと待って、今何て」

「まだ寝ぼけているのですか、ご主人様と言いましたが何か?」

「ご、ご、ご主人さまぁぁー!」

こうして俺の異世界生活は突然始まった……





「異世界の領主も楽じゃない〜うちのメイドは毒舌だけど最強です〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く