火炎幻術 焔時空

時宮時空

第三話 竜巻とオカマ

 ―まさかやられるとは...
かつこは目を覚ました。そこは、見知らぬところであった。

「ここ...どこよ...」
かつこは誰にともなく問いかける。

「やっと気付いたか。ここは、ミケネコの牢屋だ」

「君は...?」
かつこが問う

「俺はストーム。君の門番だ」

「君わ、ミケネコなのねぇい」

「そうだ」

「なら敵ダワネェい....くたばれぇええい!!」
そう言ってかつこは鉄格子を蹴りつけた。
 鉄格子が大きく湾曲する。鉄格子に隙間が生まれる。

「じゃあねえぃ、竜巻君♪」
そう言ってかつこはわずかな隙間を再度蹴りつけ通れる大きさにした。

「いかせない!」
ストームは腰ポケットからサバイバルナイフを引き抜く。

「それにわあたらないわァん」
かつこが余裕の笑みを浮かべる。

 ストームがサバイバルナイフを振り回す。
かつこはするりするりと攻撃をかわして行く。

「的確に狙いなよぉん」
かつこはそう言ってストームのわき腹に回し蹴りをお見舞いする。
 ストームがひるんだ隙を見て逃げ出した。

「やられた...」
ストームがうずくまりながら呟いた。


「君がミズか?」
科学者らしき男は尋ねた。

「そうだ。君は?」

「聞いてなかったか?ヘルガンだ。」

「まさか、あの、Dr.Hellgunか?」

「そうだ。こんな珍しい名前ほかに何がいる?今回は協力をしようと思って」

「協力してくれるのか。ありがたい」

「倒す敵がたまたま同じだったから――と、受け取ってくれ」

「そうか」
そうしてヘルガンはトランクから科学武器を取り出した。

「兵器は使わせないが使える武器があれば貸す」

「ありがとう」
ミズはいくつかの科学武器を手に取った。

「俺が倒したいのは火煉だ。ほかのやつらはやらん。いいな?」

「火煉はなんなんだ?」

「それは、言えない」
ヘルガンはそう言って近くの窓から飛び降りた。

「こんな高いところから...」
ミズは窓から下を見る。が、ヘルガンはいなかった。

「ミズ提督」

「なんだいケント大将?」
ケントと呼ばれた男はミズにどんどん詰め寄ってくる。

「アババー教を、保護しましょう!」
ケントはそう言ってミズの肩を揺さぶった。

「無理だ。信者が言うことを聞かない。どう収集を付けれというのだ?」

「うぉおおおお!!」
突然叫んだかと思えばポケットからナイフを取り出し振り回す。

「なんなんだ!ケント!」
ミズは攻撃を華麗にかわして行く。

「いい加減にしろ!!」
そう言ってミズはケントに肘打ちをした。
 すると急角度で顎にヒットしケントは倒れた。
倒れた先には、倒れたイスがあった。
 ゴンと鈍い音とともにケントは動かなくなった。

「これで大将とは堕ちたものだ」

「ミズ、俺も戦うぞ」
そう言って謎の男が来た。

「君は誰だ?」

「はぁー。飼い主だから分かると思ったんだがな。マイケルだ」

「ま、マイケル!?俺のペットは猫だ!人ではない!」
そういうとマイケルと名乗る男は猫になった。

「お前....マイケルなのか....?」

「そうだといってるいだろう」
獣人化して言った。

「協力してくれるのか。ありがとう」

「火炎幻術 焔時空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く