火炎幻術 焔時空

時宮時空

第二話 ターゲット

 ミズの開幕宣言。それは歴史上に残る戦争の始まりを告げる鐘であった。
「お前たち、全力で戦え。相手の人数ははかりしれん。こちらは人数は増えたが13人しかいない。決して油断をせずに戦ってほしい。いいな」

「はいっ!」
2人を除いて全員が返事する。

「ストームと省吾は先頭部隊と戦っている。戦闘に関してはここの支社のほうが武器や兵器が多いから戦いやすいだろう。潜水艦からの攻撃を頼む。私たちが遂げた偉業、打ち上げ式魚雷を楽しみにしている」
 潜水艦に2人が向かう。支社の裏から抜けて出る。

 一方正面では先頭部隊とミケネコ軍のストームと省吾が戦っている。

「くそっ!」
先頭部隊の一人がつばを吐き、殴りにかかる――が、交わされ超高電圧ナックルで腹に一撃をいれられる。殴られた一員は白目を剥き、泡を吹いて気絶した。

 支社の大きさを利用して先頭部隊数名が裏へ、数名が囮になって行く。
 案の定、銃機関銃を乱射されるが身を隠し回避する。
 裏から回った戦闘部隊がスタングレネードを投げる。
 あたりが光で真っ白になる。激しい閃光でストームと省吾は目を塞ぐ。

「くらえ!」
囮と裏から回った先頭部隊4人は音響兵器LRADを投げる。
鼓膜を破るような音でミケネコ軍は視覚と聴覚を失う。

「今だ!!」
先頭部隊はどうやって対処したのかは分からないがミケネコ軍の二人にブーツナイフで殺そうとする――が、二人はいなかった。

 スタングレネードと音響兵器の効果がきれたころ周囲を見渡すが一切姿は見られなかった。

「やられたか」
すると支社のほうから手榴弾のようなものが投げられる。
 強烈な爆音と閃光が放たれる。先頭部隊は保護していたが塞ぎ切れず突発的な難聴に襲われる。

「ど...こ......だ......」
先頭部隊がミケネコ支社のいたる窓を見るが分からなかった。

「やはり....支社がでかい...と......わからねえな....」
そこに一つ、アボカドのようなものが転がってくる。
 その瞬間、アボカドのようなものは爆発した。大量の催涙ガスを放って。

 こうして先頭部隊は全滅した。



「おい、大丈夫か?」
出雲が夢香とデデコミズに声をかける。

「う、うー...ん......」
デデコミズが目を覚ます。

「ここは....?」
デデコミズが言う。

「俺の家だ。」
出雲が答えた。

「出雲君の家って、すごい綺麗だね」
いつ目を覚ましたのか夢香が言う。

「あ、ありがとう....ま、まあ俺、き、綺麗好きだから...さ..!」
出雲が照れながら言う。

「出雲君。まさか照れてるんやないやろうね?」
デデコミズが言う。

「んなわけねえだろ!!」
と、出雲。
「お前ら。そんなことより怪我は大丈夫なのか?」
時空が聞いた。

「渡辺君、大丈夫?」
夢香が心配そうに聞く。

「ん?俺怪我してたっけ?あ、血が出てる。あっ!いたたたたたた...」
デデコミズの怪我が痛み始める。

「これはひどいな。全身に傷を負っているじゃないか。大丈夫か?」
出雲は救急箱から消毒液を取り出す。

「ひええ。沁みるよぉ」
デデコミズが貧弱な声をあげる。

「子供かよ」
出雲は誰にとも無く言うとデデコミズの治療を始めた。


「俺は、何がしたい。」
問いかけるが答えは返ってこなかった。

「政府の協力をして、金を稼いで。でも何か忘れているような気がする....」
暗い夜道を一人歩きながら呟いた。
 向かっていたのは、戦争中の廃工場だった。

「父さん。俺は何をすれば?」
星が満点の夜空に問いかける。
 男は、また一歩、歩みを進めた。

「火炎幻術 焔時空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く