火炎幻術 焔時空

時宮時空

第二話 標的

 主な登場人物
時空、出雲、デデコミズ、月夜、創斗、オズベルド


 教室についた。そこにはほとんど人がいて時間には間に合ってるのに遅れた感じだ。
今まで同じクラスになったことがあるのは、時空、月夜、夢香の3人だけ。できるたけ3人とちゃんと関わりをもっておいた方が宜しかったかもしれないが月夜とは残念だが無理だ。
 
クラスに入ると一部の男子グループが騒ぎ出した。
「フォォーーー!!!!イケメンが来たぁ~!!」
俺の苦手なタイプだ。
 見たところバスケ部にいそうな高身長で体格もなかなかいい奴が言った。

「こいつは出雲だ、焔はまだだ。」
月夜が言った。もしかすると男が入ってくるたびにそう言ってるのかもな。月夜の考えてることが読めない。
 月夜の右目には黒のカラーコンタクトを入れている。隠しているのか。

「なんだ。お前の言う時空ってさ、ー」
そこから先は聞き取れなかったがよからぬことを話していると一瞬で悟った。

座席についてしばらくすると眠そうにあくびをしながら時空が入ってきた。教室がざわつく。
時空は一番遅く着たからおそらく俺をああいう風に言った奴も気付いてるだろう。
なんでざわついてるのだろうか。時空はイケメンだしな、女子がキャーキャー言うのも無理はない。が、初日でそんなことなんてあるのか?
ざわついてる声のなかから声を聞き取る。

「あいつが焔ってやつか、ターゲットにするぞ。」
まさか。ー声の聞こえたほうを見る。
そこには長身のあの男がいた。奴め...
すると隣の席にいた奴が話しかけてきた。

「なんか創斗ってやつが最後に来た奴をいじめようとかなんとかいっとったよ。ちなみに俺のデコは120平方cmやよ。宜しく。」
なれなれしく声をかけてきたが馴染みやすいキャラなのかいじられキャラなのか知らないがすぐに溶け込むことができた。こいつがデデコミズか。ハーフというから金髪を期待したが間違っていたな。

「おい。それは本当か!!?」
肩を揺さぶりながら言う。

「おう、そうだよ...強いな~。ちなみにおれのデコは120平方cmや。」

「ああ、すまねえ。ーーところでお前ハーフじゃねえのか?渡辺デデコミズって。」

「あぁ、そうや。アババー星の父さんとここの母のハーフや。ちなみに俺のデコは120平方cmや」
アババー星?なんだその幼稚園児がつけそうな名前は。

「アババー星ってなんだ?空想上の星か?」
問いかけた。

「地球生まれの父さん母さんが好奇心でアババー星に行ってそこでトンケを産んだらしい。それでアババー教・・・・・とかいう宗教つくったみたいやけどそのトンケの息子や。別に凄い宗教なのかは分からんけど。父さん母さんはその後この然球せんきゅうに来てFLAME国に来たわけや。父さんのことは良くは思ってないけど...ちなみに俺のデコは120平方cm」
いちいちでこ自慢のうるさいやつだ。後こいつ説明が下手だな。まあまとめればアババー教会開祖の息子ってわけか。そしてデコが100平方cmということか?
デデコミズは心を読んだのか「120平方cmだ!」と言う。
はいはい、分かりましたよ。

 そうしていると担任教師が入ってきた。名を、"オズベルド"と言った。
「はじめまして、私はオズベルドと言います。これから一年間よろしくお願いします。では早速、おはようございます。」
一同がおはようございます。と、返す。しかしずいぶん短い挨拶だな。大抵はながながと挨拶をするのだがな。厳しそうだな。
 一時間目は集会やら入学式やなんやらで終わった。そして休み時間も与えられずに先生が話し始めた。面倒くさいな。

「これから皆さんは世間でいう高校生です。大人に近づいています。日々の行動を高校生としての自覚を持ち、大人になるということを踏まえて過ごしましょう。」
あぁあぁ、面倒くさい。キレたら怖そうだなと思いながら右から左へ受け流していた。

「おいっ!そこ!何ぼーっとしている!!しっかり話を聞け!!今私は、なんと言った!!!」


はい、今回はここまでです。やっぱり小説をかくのは楽しいなぁとは思いつつ書いてました。
これからがますます楽しみです。
はたしてオズベルドは誰に怒ったのか、月夜との関係は!?
お楽しみに~~

「火炎幻術 焔時空」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く