復讐の命 リキ

ソーニャ

2/執行/


「じゃあ、依頼…まず一つ、今から渡すのは、そこに写っている淫らな男の暗殺という依頼…もう一つは本当に大層なお仕事…」

恐らく街の外に出て猛獣討伐とかだろ、それぐらいなら俺にとっては朝飯前…本当にその言葉通りだな…。

「猛獣の抹殺…」

ほらな、たかがそれぐらいだ、まだ楽な依頼だな。

「なんだけど、これ…見て…」

言われるがまま、ラゼリーのお胸ポッケから、一枚の依頼紙が取り出される。決してお胸を見ていた訳ではない、ラゼリーの手を見ていたんだ。

「…まじか?」

コクッとラゼリーは身体を緊張したように震わせている。なぜなら猛獣も猛獣、この街に知らない者なんている筈がない、まして見違える訳でもない、この街の最高位にして裏では極悪非道の王だ。

「こいつは俺一人でやれねえな…一つ目は今日やるとして、二つ目は少し考えさせろ」

了と言い、前金として2000col受け取った。非常にお安い…

「じゃあ、今日の夜型依頼の報告と返事を待ってる。11まで…来なければ一つ目の依頼は失敗として二個目は取り消し…」

「これは、俺の思い違いかもしれないが、一つ目の依頼、そう楽じゃない気がするぞ」

ラゼリーはそれに気付いたことに少し興味を示した。

「正解、その者の周りには従者が必ず二人いる…だから後手に回って奇襲をかけるのは無理」

危ねえな!そんな情報が無かったら今頃突撃してたぞマジで…

「出来ればそのような情報は早くに伝えてほしいものだな…」

そのようなことを皮肉げに言うと、ラゼリーは不思議な顔を浮かべた。

「なぜ?聞かれていないことは普通言わない」

ダメだ、こいつは人の善意というものを知らない、果たしてこれでどうやって依頼を持ってこれるのだろうか…?

「仕方が無い、少し思考してから行く、じゃあ、晩に会おう」

なぜかもう行くの?っという目で見られたがもうこの際無視した。



(…最悪のストーリーになるなよ…)



それはリキにとって何よりもの願いだった。


「復讐の命 リキ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く