剣と魔法の異世界スローライフ

バグ

フルフェイスの男

あの日から2日後やっとノアとコハクが帰ってきた。

「ただいまですぅ」
「キュイ!」

バタン!ドタドタドタ!!
「ノォォォアァァァァ!コハクーーー!!!」

おれは心配のあまりノアに抱きつく。

「すすすすススム様!?」
「コハクもよく帰ってきた!もうかえってこないんじゃないかと!」
「そんな訳ありません!ススム様の前から消えるなど断じて!」
「キュイ!」
 
とこんなやり取りをしているとアノンが降りてきた。
「んぅぅ〜おはよう」
「あっ!アノンちゃん!ただいま!」
「ん」
それにしても本当に心配した。こんなに遅いなんて予想してなかったからびっくりした。
もちろん願望で生きていることは確認したし現在位置も確認したから大丈夫ってことはわかってたんだけども。でも心配じゃん?


ようやくノアから離れて俺はどうして遅くなったか聞いた。

「どうして遅かったんだ?」
「はっ!そうでした!実はですね」

ノアが言うにはこう。

買い物の帰り道。森を歩いているとテンプレの如く盗賊が現れて襲われたと。
まあその盗賊はコハクが難なくぶっ倒してしまった。
しかしコハクが派手にやりすぎた為にまわりに寝ていたゴブリンキングとその部下が起きてしまい襲ってきた。これは流石に生まれてから間もないコハクでは無理。
もうダメだって所である者に助けられたと言う。

「誰に助けられたんだ?」
「それがあっという間にゴブリンたちを切り伏せた後行ってしまって。顔もフルフェイスでしたし」

「ふーん」

ゴブリンキングをも一撃でやれて顔面フルフェイスのやつか。
1度礼をしたいけど顔もわからないんじゃあ願望でも多分探せない。
願望は願いを明確にしないと発動しない。たとえばリア充死ねとかは不特定多数だから無理だ。

んー1度ギルドで聞いてみるか。
「今度ギルドで聞いてみるかぁ」
「是非お願いします!」
「とりあえずお前が帰ってきてくれてよかった!今度はコハクももっと強くならなきゃな!」
「キュイ!」
「あの、ススム様。だからコハクは女の子だと、、、」
「ははは、(忘れてた)」


こんな具合で今日もスローライフを楽しむ3人と1匹であった。
次回はフルフェイスの男が出てきます。

「剣と魔法の異世界スローライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く