剣と魔法の異世界スローライフ

バグ

魔王

あの家に住み始めてから1か月がたったころ、俺はある深刻な問題を抱えていた。


「テンプレがこない、、、イチャラブシーンも!どうしたものか」
テーブルの上で手を組みおれはその問題をどうにかしようとしていた。

「確かに今までノアとお風呂で出くわしたりしたけど服着たあとだったりしたし」
どうしたもんかねぇ、、、やっぱり少し遠出した方がいいのかも。よし、ノアとコハクに
留守番してもらってテンプレを探しに行こう。





時を同じくして、【魔王城】


「ま、魔王様!いまなんとおっしゃいました!?」
「ん、、人間の世界にいってくる」
「そ、それはどうしてですか?」
「暇だから」
「魔王様ぁぁ!?」
側近の声も虚しく漆黒の1枚布を着た美少女は魔王城から消えた。


「まったく魔王様は!もう少しご自分の立場を弁えて貰わないと、あの方のことだ、きっとしばらく帰ってこないでしょう。はあ、仕事仕事」




「じゃあ数日ここをあけるから留守番たのめる?」

「はい!行ってらっしゃいませ!」
と気持ちよく送り出すノアとは反対にコハクは


「キュイー!キュキュ!キュキュイー!!カプッ」

「あいた!噛むなよコハク〜。ごめんな?俺は大事な用事があるんだ。今度お菓子つくってやるから」

そう言うとコハクは嘘のように元気になり

「キュイ!」
敬礼までして送り出してくれた。お菓子すげぇ

「じゃあ行ってくる。またな」








家から少し行くと小川が流れている。そこを道なりに歩いていると前方に、とても大きい熊のような魔物が現れた。

「ん?ビックベアーより大きい熊なんていたか?」
通常のベアーより5回りくらい違うそれはこちらに気づいたかと思うと4足で突進してきた。

「よし、久しぶりに身体動かすかぁ」
そこら辺に落ちてた木の棒に付加魔法で「不壊」「聖属性」「切れ味抜群」を付加して
突進してきた熊に真正面から真っ二つにした。
「ふぅ、まさかこの俺が足1mmうごくなんて、死の森でもそんなのなかったわ」

恐らく突進しかできなかったんだとは思うがびっくりした。
そして俺は木の棒を川に捨て、また歩き出した。

後にこの棒はエクスカリバーと呼ばれることをまだススムは知らない。

またしばらく歩いていると開けたところに1人の少女が突っ立っていた。
その風貌は白い肌に黒い目黒髪、ショートカットの1枚布を着た少女だった。


どうしたんだろう?こんなところで。はっ!これはまさかテンプレか!?
「どうかした?こんなところで」
「ん、、、ここはどこ?」
「森の中だけど?」
「、、、そう、なんだ」
「何してたんだ?」
「遊びに、、、、来た」
ん?遊びに?んーこの子ちょっと天然なのかなー?しょうがない。


第12階魔法【記憶捜索】。この魔法はその物の記憶を一定の量知ることが出来る。たとえ神でも抵抗は不可能。この魔法は禁忌だけど、ちょっと失礼。
「記憶捜索」
「っ?」
その瞬間、彼女の記憶が流れ込んできた。彼女が魔王で14歳だってこととか。
ふむ、名前はアノンか。

「暇だから来たのか。」
「ん」
「んーじゃあ一緒に来る?暇潰し出来ると思うし」
「じゃあ、、いく」
「俺はススム、君は?」
知ってるけど一応ね



「アノン」
「そうなんだ、じゃあよろしくな」
「ん」


こうして新しい仲間がいる増えたのであった。

ちなみにコハクはお菓子はまた今度と言ったら1日口を聞いてくれなかった。


「剣と魔法の異世界スローライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く