剣と魔法の異世界スローライフ

バグ

それから俺は1週間馬鹿みたいに働いた。

1日目「凄いです!金額500枚なんて!」
2日目「すごいです!今日も金貨580なんて!」
3日目「す、ごいですね、、、白金貨7枚。」
と具合に増えていき、最終的には


「えーと、白金貨587枚に、金貨2560枚、銀貨が6240枚か」
「ススム様、国家予算より多いですよそれ」
「ははっ、まあいいでしょ!経済が破綻しそうだけどきにしなーい」

そして「バルバラ」へ





「こんにちはー」
「こ、こんにちは!」
「キュイー!」


「んを?おお!よく来たな!ちょっと待ってな!いいのができた!」

そう言って行ってしまったおっさん。

待つこと3分


「これだよこれ!すげぇだろ!」

見せてきたのは正しく刀。
その姿は鞘は黒で紐が紫。刀身は吸い込まれそうな黒で時折反射している。

「これですよ!これ!俺が探し求めていたのは!」
「そうか!よかったぁ。是非振ってみてくれ!」

刀を渡され振るとそれは水の流れのように綺麗でまったく重さを感じさせなかった。


「おっさん!ありがとう!」
「おう!」
それからお金を払い、店を出た。
「よし!次は住居だ!」





ちなみにお会計は金貨5枚でした。

「剣と魔法の異世界スローライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く