剣と魔法の異世界スローライフ

バグ

準備

「んぅぅー!っと、、、、なにしてんの?」

起きて背伸びをして目を開けたらそこにはお腹の辺りにちょこんとすわるノアがいた。
するとノアは顔を赤らめながら
「ススム様のお目覚めをよくするためにあさのご奉仕を、、、」
「まって!?いいからそういうのは!そこまでサポートいらないから!」
「そ、そうでしたか!すいません勘違いを!」


「まあ、いいけどさ、、けど今度からは普通でいいから」
「分かりました!ふつうに起こさせてもらいます!」

とそんな茶番をしていると枕にしていたコハクが起きたみたいだ。コハクは足をばたつかせ
「キュイ〜キュキュ〜」
「あぁ、ごめんコハク。すぐに退くよ」
「キュキュ!!」

どいたあと俺達は宿の1階にある食堂でご飯を食べながら今後の方針に付いて話し合った。

「モグモグでどうする?今後の方針はモグモグ」
「ングングそういえばススム様はゴクゴク武器を探していましたよね?ゴックン」
「ムシャムシャキュイキュイ〜!」
「あぁ、何処かにいいところはないかな?」
「ん〜っあ!いいところかは分からないですが、大通りの横の路地にある【バルバラ】という鍛冶屋は頑固で融通の聞かない親父さんがいるんですが、腕はたしかみたいです!」



「じゃあそこに行こうか」
「「はい!(キュイ〜!)」」

~30分後〜
「ここか?」
そこは武器屋の看板こそあるものの、その他は普通の家と大差ないところだった。
「はい、そのはずなんですが」
「じゃあはいるか」

カランカラン

「失礼しまーす」
「あぁ!?なんだてめぇは」
なかにはいり最初に目に入ったのは壁にかけられている武器の数々、ではなく
歴戦の勇士を思わせる大男だった。

「おれは冒険者をやっているのですが武器がなくて、武器を作ってくれませんか?」
「ちっ武器の注文かよ、で?素材は?そこの小竜か?すまねぇが生きたものはちょっとな」
「キュイ!?キュキューーー!!!」
あっコハクが服のなかに入ってきた。こら、お前けっこうでかいんだから裂ける。

「い、いえちがいます。素材はどんなものがいいですかね?」
「なんだよちがうのか、、、まあいい、素材はそうだな、まずは何を作る?」

「あぁそうですよね、、そうですねーあっ刀なんてあります?」
「カタナ?きいたことがねぇな。どんなものなんだ?おしえてくれ!」
なんかこの人口は悪いけどいい人みたいだな。だっていま子供みたいに目キラキラしてるもん。

「えーと、刀って言うのは、、」
作り方から使い方。利点や欠点をおっさんに教えるとおっさんは少し考えて

「ほう、そいつぁおもしれぇ武器だぁ、切ることに特化した武器か、、、よし、やれるかはわからねぇがつくってやる。とりあえずその硬い鉱石とやわい鉱石ってやつをもってきな」

「あっそれならもうあります」
俺はアイテムボックスから出した柔軟性抜群の伝説の鉱石【アダマンタイト】と硬さは世界一の【オリハルコン】と【ミスリル】を合わせた鉱石【オリミスリル】をだす

「こ、これはアダマンタイト!?それにこれはオリハルコンとミスリルの特徴があわさっている。お前、これをどこで?」

「あはは、秘密です」
死の森なんて言えねぇ、さらにそれ、腐るほど持ってるなんて言えねぇよ。

「、、、とりあえず鉱石は揃った。あとは一緒に練り込む素材なんだが。これ程の鉱石に見合う素材なんか早々お目にかかれるもんじゃねぇ」

「これはダメですか?」
そういって俺が出したのは死の森でも結構強くて俺の本気の蹴りじゃないと倒せなかった
EXランクの【覇龍】の鱗を渡す。その鱗は漆黒に輝いていて、綺麗だ

「ん?これはなんの鱗だ?見たことがねぇ」
「これは、そのぉ黒龍の鱗です」
「ん?それにしてはやけにくろいような」
「そんなことはいいんです!ほかに必要なものはありますか?」
「まあいいか、いや、もう必要なものはねぇ、出来上がるのは、、、一週間後だ」

「分かりました。では、」
「おう。また来てくれ」




「いい人でしたねススム様!」
「ああ、ごめんな待たせて」
「いえ!そのあいだたっぷりとコハクちゃんの鱗を堪能しましたから!」
「そうか、、、、、、、、ん?ちゃん?コハクってメスなの?」
「?そうですよ?しらなかったんですか?」
「うん、、」
「コハクちゃん、パパコハクちゃんのことオスだとおもってたんだってー」
「キュイ!?キュー!!キュキューー!!」
ボカポカポカ
その鋭利な爪でなぐって来たコハクをなだめつつ俺達は宿にもどった。


段々内容が逸れているような、気のせいか

「剣と魔法の異世界スローライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く