剣と魔法の異世界スローライフ

バグ

武器選び

俺はその後速攻で帰ってコハクの事をギルドに報告、依頼を完了して
白金貨を30枚貰った。
因みにこの世界の通貨は教えてもらったところ。
銅貨100枚で次の銀貨、銀貨100枚という風に、銅貨、銀貨、金貨、白金貨となっている
銅貨1枚で100円くらい



宿屋の部屋に戻った俺はコハクと意思疎通を試みた。
「コハク、俺の言葉が、わかる?」
「キュイキュイ〜♡」
「お、お手」
「キュイ」
「おかわり」
「キュイ」
「おいでコハク!」
「キューイ!」
ぼふっっ、、大丈夫みたいだ!




さて、次はなにをしようかな、、、まあ土地探しなんだけどいざというときのために武器
ってやっぱり必要じゃないかな?









ということで!コハクを連れて武器選びにやって来ました!
広場に来たんだけどなんかないかな〜?
と思っていると肩に乗っているコハクが(まだ飛べないので)路地裏のほうを見ていた。



「コハク?どうしたんだ?」
「キュキュィ!」
「ん?」
路地裏の奥を見てみると薄汚いローブを目深までかぶってデカいリュックを背負った低身長の女の子がいた。その女の子はこちらに気づくと近寄ってきた。




「そこの貴方様!もしや旅のサポーターをお探しでは?是非私を雇ってくださいっ!」
「いや、きょうは武器を買いに来たんだ」
「そ、ソレでしたらこちらなんていかかでしょうっ!品質もいいですし切れ味も抜群です」
ふむ、どうやらこの子はなにか困ってるみたいだ、しばらく様子を見た方がいいか?



「、、、わかったよ、とりあえず1週間俺はここに滞在する。その間俺のサポーターになってくれ、その後に本当にサポーターとして雇うかきめる」
「あ、ありがとうございます!、、、えっと、お名前は?」
「すすむだ」
「ススム様!いいお名前です!では1週間よろしくお願いします!」
「うん」





その後俺は武器選びは明日にして宿に戻った。
そして俺は夜になるのを待った。


ごめんなさい短めです。
リクエストは常時募集してます

「剣と魔法の異世界スローライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く