「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

139 お嬢さんを私にください?

 




 ひとしきり涙を流しきったフラムは、ようやく顔を上げた。
 そして周囲を見回す。
 親子の再会を微笑ましく見守っていた村人たちと目があって、彼女は顔を真っ赤に染めた。

「……お恥ずかしいところをお見せしました」

 フラムが頭をかきながら言うと、どっと笑いが巻き起こる。
 彼女も一緒になって、誤魔化すように笑っているうちに、少しずつ羞恥は消えていった。
 その後、村人たちはフラムに近づくと、怒涛の質問攻めが始まった。
 英雄たちとの旅路、オリジンとの戦い、ミルキットとの出会いに、コンシリアに戻ってきてからの出来事――フラムひとりでは答えきれない量の問いかけが次々と投げかけられるため、次第に彼女はいっぱいいっぱいになっていく。
 しかし、それだけ彼らも、フラムの帰還を喜んでくれているということだ。
 彼女の表情には、自然と笑顔が溢れていった。
 そんな中、フラムは村人たちの輪から少し離れた場所に立つ、見覚えのある男女を発見した。
 おそらく、『あとからゆっくり話せばいい』と考えていたのだろう。
 フラムは人混みをかき分け、二人――いや、三人に近づいていく。

「マリンと、パイル?」

 そして、幼馴染の名前を呼ぶ。

「なんで疑問形なんだよ。俺らの顔、忘れちまったのか?」
「だって、前より大人びてるし。それに……」

 同い年だった彼らは、もう二十歳すぎ。
 すっかり立派な大人になっている。
 だがフラムが驚いたのは、そこにではない。

「その子、まさか……?」
「私とパイルの子供だよ、フラムちゃん」
「やっぱりマリンとパイルのなのっ!? いつの間に子供なんて作ってたの!?」
「お前、村を出てってから何年経ったと思ってんだよ」
「そうそう、結婚だってするし、子供ぐらいできるよ」
「いつ!? なんで!?」
「結婚自体は二年前だけど、なんでかは私にもわからないかな」
「それはひどいだろ!」

 がっくりと肩を落とすパイル。
 しかし、フラムにとってその二人の結婚は、あまりに意外なものだった。
 マリン自身も、プロポーズを受けたときは、相手がなぜフラムではなく・・・・・・・自分なのか、首を傾げたものである。
 フラムには一切そんな気はなかったことはさておき――パイルは子供の頃から、彼女に惚れていたのだから。

「私にもわかんないというか、予想外というか……」
「お前もひどいな」
「この子、何歳なの?」
「今は四ヶ月だよ」
「じゃあ生まれたのは私がこっちに戻ってくる直前だったんだ。うわー、かわいいー!」
「だろ? だろぉ!? うちの子なぁ、王国で一番かわいいんだよ!」
「うん、マリンに似ててすっごくかわいい」
「俺には?」
「似てない」

 再び肩を落とすパイル。
 フラムはけらけらと笑うと、マリンに抱かれた赤子の手をつまんだ。

「こーんにーちはっ」
「……?」

 声をかけると、不思議なものでも見たかのように、くりくりの目でフラムを凝視する。

「んふふ、お名前はなんて言うの?」
「あー……それなんだけどな」
「プラム、って言うのよ」
「プラム? 私にそっくりじゃん!」

 素直に喜ぶフラムだったが、なぜかマリンとパイルは気まずそうだ。
 フラムは首を傾げ、その理由を思案し――思い当たる。

「あー……あっははは、そういうことか。いいよ、気にしなくて」

 二人は、フラムがもう帰ってこないと思っていたのだ。
 オリジンを破壊した反動に巻き込まれ、どこかに姿を消した。
 普通に考えれば、それは消滅して死んだものだと思うだろう。
 たとえ英雄たちが口を揃えて『フラムは必ず帰ってくる』と言っていたとしても、王都を復興させるにあたって、人々に希望を与えるための方便だと思うはずだ。
 だからフラムは責めない。
 いや、むしろ結果として、幼馴染の子供が自分と似た名前になったことが嬉しい。

「……ごめんね」
「謝らないでよぉ、誰だってそう思ってただろうから。ねー? プラムちゃん?」

 もちろん言葉の意味などわかるはずもないプラムは、相変わらずつぶらな瞳でフラムを凝視するだけだ。
 一方でマリンとパイルは視線を合わせ、ほっとした様子である。
 フラムは、そのやり取りを見て、『ああ、ほんとに夫婦になったんだな』と実感した。
 そして同時に、時の流れを感じて寂しさを覚える。
 コンシリアに戻ってきたときも似たようなことを考えたが、故郷に戻ってくるとなおさら考えずにはいられない。
 幼馴染はもちろんのこと、両親だって前に見た姿よりも少し痩せて、老けて見えるのだから。

「ところでさ、俺のほうもずっと気になってたんだが――あの子、誰なんだ?」

 パイルがミルキットのほうを見る。
 二人の目が合うと、ミルキットは深々と頭を下げ、パイルも釣られて軽く会釈した。

「ああ、そろそろ紹介しとかないとね。ミルキット、こっち来て!」

 手招きすると、彼女は小走りで主のもとに駆け寄ってくる。
 そしてフラムはミルキットの肩を抱き、マリンとパイルのほうを向いて堂々と言い放った。

「たぶん話はこっちまで伝わってると思うんだけど、この子がミルキット。ずーっと私を支えてくれたパートナーで、今は私のお嫁さんですっ」
「ど、どうぞよろしくお願いいたします」

 改めて頭を下げるミルキット。
 それを呆然と眺めるマリンとパイル。
 もちろん村人やフラムの両親もその様子は見ており、誰もがぽかんとしている。

「あれ、なにそのリアクション。私たちの話、パトリアまで伝わってるって聞いてたんだけど」
「そりゃ、そちらのミルキットさん? が、フラムを支えたって話は伝わってるが……」
「いざ目の前に現れると、『本当に女の子なんだ』って驚かされるというか。フラム、この子と付き合ってるのよね?」
「うん、もちろん」

 あっさりと答えるフラム。
 少なくとも彼女にとって、隠す必要のあることなど一切ない。
 出会ってから今日まで、ずっと自分を支えてきてくれたのだ。
 たとえ同性で愛し合うことに抵抗感のある人がいたとしても、彼女は胸を張って『ミルキットのことが好き』と言い続けるだろう。
 もっとも――フラムのパートナーが女性であること自体は、村にも伝わっていたのだ。
 どちらかと言えば、彼らの驚きは、そのインパクトのある外見に対するものであろう。
 包帯でぐるぐる巻きの顔に、メイド服を纏ったその姿は、コンシリアでも相当目立つのに、パトリアのような田舎ならなおさら浮いている。
 いや、むしろ浮きすぎて、一周回って――

「独創的というか、都会のファッションってすげえんだな」
「やっぱりパトリアみたいな田舎とは違うよねぇ」

 ――などと頷きながら納得している。
 別にコンシリアで流行しているファッションではないのだが、訂正しないほうが場は丸く収まりそうだ。

「でもフラムちゃん。恋人を紹介するなら私たちより先に、おじさんとおばさんにするべきなんじゃない?」
「……確かに、それもそうだ」

 というより、パトリアに里帰りした大きな理由のうちの一つが、それだ。
 ミルキットを両親に紹介する――結婚前の恋人たちが、ほぼ必ず通る大きな関門である。
 フラムはミルキットの手を引いて、若干戸惑いながらこちらを見ている二人のもとへ移動する。

「お父さん、お母さん、この子がミルキット。事後報告になっちゃうけど……今は、ミルキット・アプリコットを名乗ってもらってます」
「よろしくお願いいたしますっ!」

 さすがにミルキットも緊張しているのか、ぎこちない動きで頭を下げる。
 両親の戸惑いはマリンとパイル以上のようで、父ソルムは顎に手を当て、眉間にシワを寄せている。
 一方で母ローザは興味深そうにミルキットを観察していた。
 ひょっとすると、まさか娘が伴侶を引き連れて帰ってくるとは思っていなかったのかもしれない。
 今回はただの里帰りで、久しぶりに戻ってきた娘を歓迎して、ゆっくり過ごして――そんな想像をしていたに違いない。
 まあ、前もってその旨を伝えていなかったフラムも悪いのだが。

「……ふむ」

 ソルムは考えても考えても、どう返事をしたものか思いつかなかったのだろう、難しい顔をしたままローザのほうを見た。
 すると彼女は微笑んで、

「ひとまず、こんな場所で話し込むのもなんだし、家にあがりましょうか?」

 そんな提案をした。
 確かに、村人たちが見ている中でする話でもないだろう。



 ◇◇◇



 夜には、フラムの帰還を祝して宴が開かれるそうで、それまでの間は自由に過ごせることとなった。
 本来はそのまま村長の家に行って、なにやら長話をする予定だったらしいのだが――ミルキットの、フラムの両親への挨拶という重大イベントよりも優先させるほど、彼も空気を読めない男ではない。

「変わっていないなぁ……」

 実家に戻り、玄関を過ぎたフラムはしみじみと呟く。

「ここが、ご主人様の生まれ育った家なんですね」

 ミルキットは興味津々といった様子で、家の中をきょろきょろと観察していた。
 各々思うことはある。
 しかし今はそれよりも、正式な挨拶のほうが先だ。
 フラムとミルキットは、リビングでテーブル越しに、ソルムとローザに向かい合う。

「それじゃあ改めて、この子がミルキット。今は、ミルキット・アプリコットを名乗ってもらってます。事後報告になっちゃうけど、私とはそういう関係です」

 緊張からか体に力を入れながら、硬い口調でフラムはそう告げた。
 合わせて頭を下げるミルキット。
 そして彼女は今日に向けてあらかじめフラムと話し合い、用意しておいた言葉を発そうとしたが――緊張して口ごもっている間に、ソルムに先手を取られてしまう。

「話はパトリアまで届いている。しかし、アプリコットの姓を名乗っているということは……婚約を?」
「……あぅ」

 落ち込むミルキットの手を、テーブルの下でそっと握って慰めるフラム。

「ううん、王国の法律じゃ同性同士の結婚はできないから、名乗ってもらってるだけ。でもね、気持ちの上ではとっくに、ミルキットは私にとってのお嫁さんだから」

 フラムは包み隠したりはしない。
 堂々とそう宣言すると、続いてミルキットも、『今度こそ』と意気込んでフラムの両親を真っ直ぐに見据える。

「本来ならもっと前にご挨拶に来るべきだったとは思うのですが――」

 二人――特にソルムは緊張からか、普段よりも硬い表情で腕を組み、彼女の言葉を待った。

「ご主人様……いえ、お嬢様に、私を貰っていただいてもいいでしょうかっ!」

 心の底から真剣に、ミルキットは言った。
 だが、それはフラムの両親の想像からは少し外れていたのか――ソルムは「ん?」と首を傾げ、ローザは「んふっ」とこらえきれず噴き出す。
 普通ならそこは、『お嬢さんを私にください』になるところなのだが、ミルキットの立場上、そうはならないのだ。
 ならないのだが――形式上の話なので、あえて言い回しを変える必要もなかったのかもしれない、と彼女は後に反省したという。
 だが言ってしまったものは仕方ないので、そのまま押し通すことにした。

「その……ミルキットさんのご両親には、報告しているのかい?」
「んふふっ……ふふっ……」

 どうにか真剣な表情を作るソルムに対し、ローザはずっと肩を震わせ笑っている。
 ツボに入ってしまったようだ。
 もとに戻るまでひとまず放置しておき、ミルキットはソルムと話を続けた。

「いえ、物心ついたときから奴隷として売られていましたので、両親は顔も知りません」
「そうか……すまないね、気の利かない質問をしてしまって」
「いえ、気にしていませんから」
「ふくく……くふっ、ふふ……っ」

 二人が真面目に話す一方で、肩を震わせ笑い続けるローザ。
 この様子だと、しばらく戻ってきそうにない。
 さすがにミルキットも不安になったのか、その顔を覗き込みながら尋ねる。

「私、なにか変なことを言ってしまったでしょうか?」
「いいのいいの、ミルキットは別に間違ってないから」
「そう……ですか?」

 状況がわからないミルキットはソルムとローザを交互に見て、あわあわと焦っている。
 だが、これで笑ってくれたということは――おそらく両親には、最初から反対するつもりなど無かったに違いない。

「しばらく放っておいてやってくれ」
「はい……」
「ところでミルキットさんは、うちの娘のどんなところに惚れたんだ?」
「全てです。ご主人様のなにもかもを愛していますっ」
「……そ、そうか」

 あまりに真っ直ぐな瞳、そして言葉に、思わず気圧されるソルム。
 もはや誰が見ても疑いようのないほど、彼女には一切の嘘がない。
 本気で、フラムのありとあらゆる一面を、心の底から愛しているのである。

「なぜ、そこまでフラムのことを?」
「なにもない奴隷だった私に、全てを与えてくださったのがご主人様だからです。暖かな食事も、安心して眠れる場所も、帰るべき場所も、誰かを大切に思う気持ちも――今の私を作る心と体の全ては、ご主人様がいなければ存在しないものでした」
「フラムが教会に騙されて奴隷として売られた先で出会ったんだったな」
「へ?」

 目をまんまるにして首をかしげるフラム。
 しかしすぐに思い出した・・・・・
 ジーンを英雄ということにしておくために、表向きではそういうことになっているのだ。

「あー……うん、そうそう、そういうこと」

 みなが“悪役”だと思えば、ジーンは本当に悪になってしまう。
 そういう意味でも、フラムは真実を隠し通さねばならなかった。

「……おほんっ」

 と、そこでようやくローザが復活する。
 いや、まだ頬の筋肉が引きつっているが、しかし話すには問題なさそうだ。

「オリジンとの戦いの間も、ミルキットさんはフラムのことをずっと支えてくれていたのよね」
「いえっ、そんな。むしろ私が支えられていたほうですから」
「実際、ミルキットがいなかったら、私がこうしてパトリアに帰ってくることもなかったと思う」
「二人が想い合っていることは、見ているだけですぐにわかるわ。安心して、いまさら反対しようだなんて思っていないから」
「よかったです……反対されたどうしようかと」

 ミルキットは胸に手を当て、ほっと胸をなでおろす。

「俺は納得してないぞ……と言うつもりだったんだが、さっきので出鼻をくじかれてしまったな」
「娘を嫁に出すのかと思ったら、逆に嫁を取ってくるなんて、想像できないものね」
「しかしだ、ミルキットさんを我が家の一員に受け入れるにあたって、一つだけ気になることがある」
「なんでしょうか?」
「素顔は、見せてもらえないのかい?」
「そ、それは……」

 戸惑うミルキット。
 彼女は不安げにフラムのほうを見た。
 確かに、両親には顔ぐらいは見せておいたほうがいい気もする。
 だがミルキットにとって重要なのは、それが“フラムだけのもの”であるという事実。
 まあ、実際はエターナも見たことがあるわけだが、それでも今の成長して美人になった彼女の顔は知らない。

「私も見せたほうがいいのかなと思ったんだけど……ごめん、やっぱりミルキットの素顔は私だけのものであってほしいから」
「どういうことだ?」
「元々、この包帯の下は焼けただれて、とても醜い姿だったんです。それを治してくださったのが、ご主人様でした。だから、私の顔は、ご主人様だけのものなんです」

 この場にエターナがいたら、『わたしの治療のおかげでもある……』とぼやきそうだ。
 別にミルキットは彼女に感謝していないわけではない。
 言ってしまえば、素顔を見せるというのは、ミルキットにとって裸を見せるのと同じようなものなのである。

「だがなぁ……」

 しかしソルムは納得していない様子だった。
 腕を組み、唇をへの字に結ぶ。
 娘の結婚相手で、かつ義理の娘となる少女の顔すら知らないのは、親としてどうかと思っているのだ。
 だがローザはそうは思っていないようで、やんわりと彼を諌めた。

「あなた、野暮なことは言わないの」
「ローザ。なら君は見なくていいのかい?」
「もちろん気になるわ。けれどそれが二人の約束事なら、私たちが踏み込むことじゃないわよ」
「うむ……」

 妻に言われてしまっては、納得するしかない。
 ソルムはもやっとした気持ちを抱えながらも、フラムとミルキットの意思を受け入れた。

「そうだっ」

 ローザは手をたたき、少し重苦しくなった空気を吹き飛ばす。

「ミルキットちゃん、お願いがあるんだけど」
「は、はいっ! なんなりとお申し付けくださいっ」
「ふふふ、そこまでかしこまらなくてもいいわ。ただ、お義母かあさんって呼んでほしいだけなの。この人のことはお義父とうさんってね」
「呼んでも、よろしいのですか?」

 ミルキットにとって、それは畏れ多いことだ。
 フラムがご主人様なのだから、そのご両親は大ご主人様とでも呼ぶべき存在。
 なにより、これまでミルキットには親と呼べる存在がいなかった。
 単純に、その呼び方で誰かを呼ぶことに、緊張しているのだ。
 そんなミルキットの想いを汲み取ってか、ローザは優しく微笑みかける。

「もちろんよ、あなたは私たちの家族なんだから」
「家族……」

 それはミルキットにとって未知の領域である。
 知らないのだから、考えたって先に待つものなんてわからなくて、繋がりながら模索していくしかない。
 今日はひとまず、その関係を結べた時点で、目的は果たせたのだ。
 先の不安をあれこれ考えずに、ミルキットは椅子から立ち上がると、

「それでは――お義母様、お義父様、これからも末永く、よろしくお願いいたしますっ!」

 そう言って、テーブルにぶつかるほどの勢いで頭を下げた。



 ◇◇◇



「変わってないなぁ、この部屋も」

 フラムは自分の部屋に入ると、ぐるっと見回しながらしみじみ呟く。
 彼女の居ない間、ローザはこの部屋の掃除を欠かしたことは無かったそうだ。
 娘が旅だったその日と変わらぬ姿で残された自室は、母の愛情の証でもある。

「ご主人様の部屋……なんだかドキドキしますね」

 ミルキットも、この家に入ったとき同様、きょろきょろとあたりを見回している。

「いつも同じ部屋で暮らしてるのに?」
「恋人が自分の部屋に入ってくるって、特別なことだと聞きました」
「まあ、それはそうだけども」

 フラムのいない間に、そういう本でも読んだのだろうか。
 あるいは、インクあたりに吹きまれたのかもしれない。
 まあしかし、無反応よりも、こうして頬を赤らめてそわそわしてくれたほうが、目の保養にはなる。

 そんなミルキットの様子を見ながら、フラムはベッドに腰掛けた。
 ふかふかの布団は真新しく、柄こそ村を出たときと変わらないものの、新しく誂えたもののようだ。
 フラムが帰ってくると聞いて、急いで買い替えてくれたのだろうか。
 背中から飛び込むと、コンシリアの家で使っているものと遜色ない、やわらかな感触が全身を包む。

「ふぅー……」

 ミルキットを両親に紹介するという、一大イベント。
 いくらフラムが人並み外れたステータスを持っているといっても、かなり体力を消耗したようだ。
 だが、ミルキットはそれ以上のはずである。
 フラムは上半身をむくりと起こし、両手を広げた。

「おいで、ミルキット」

 そう誘われると、彼女は主に歩み寄り、その胸に飛び込んだ。
 二人はそのままベッドに沈み、互いの体を抱き寄せる。

「お疲れ様」
「んぅ……んふ……やっぱりご主人様に抱きしめられていると落ち着きます」
「私も抱きしめてるときが一番安らぐー……」

 彼女たちにとって、これこそが最上の体力回復法であった。
 ぬくもりと、匂いと――なにもかもが、心と体を癒やしていく。

「緊張してたね」
「それはもう。ご主人様だって、顔が強張ってましたよ」
「恋人を紹介するのなんて初めての経験だもん。でもこれで、両親への挨拶も済んだってことで、今まで以上に胸を張って夫婦だって名乗れるね」
「はい、言いふらしてしまうかもしれません」
「言っちゃえ言っちゃえ」

 そうは言っても、今までだって似たようなものなのだが。

「エターナさんは呆れそうだけど」
「あの人は少し素直ではありませんから」
「ミルキットも言うねえ」
「インクさんとのもどかしい関係をすぐそこで見せられていたんです、これぐらい言いたくもなります」
「確かに、戻ってきたばっかりの私でさえ焦れったかったし」

 会話が途切れる。
 沈黙に気まずさはなく、フラムとミルキットは、ひたすらに互いの感触を堪能している。
 フラムの手のひらがミルキットの銀色の髪を撫でる。
 いたずらっぽく唇が耳たぶに触れると、かすかに甘い声が漏れる。
 ミルキットは主の首筋に顔を埋めて、深呼吸を繰り返した。
 肺いっぱいに満ちる大好きな匂いが、全身に多幸感をもたらす。
 だがそのとき、ミルキットの表情がふいに曇った。

「……ご主人様」
「んー?」
「緊張だけじゃ、なかったですよね」

 フラムの顔からも笑顔が消える。
 ため息混じりに肺から空気を吐き出すと、彼女は観念したように言った。

「ミルキットにはバレちゃうか」
「当然です」

 パトリアに戻ってきたときも、マリンとパイルと話していたときも、両親に挨拶していたときも――親ですら気づけず、ミルキットにしかわからないほど微かに、フラムの表情に陰りが見えたのだ。
 二人は一旦体を話すと、ベッドの上で互いに正座して向き合った。

「さすがに五年も経ってるとさ、置いてけぼりにされた感じがすっごい強いんだよね」

 そしてフラムは、この村で感じたことをぽつりぽつりと語りだす。

「ミルキットやキリルちゃん、インクなんかも確かに大人になってたけど、それとは違ってさ」

 似た類のものではある。
 というか、程度の違いでしかないのかもしれない。
 だが、その差は大きい。

「マリンとパイルなんて、私と同い年の幼馴染だったのに、いつの間にか結婚して、子供まで作ってるし。お父さんやお母さんも、前に見たときよりも少し痩せてて、年も取ってて。他のみんなもそう。ずっと……十六年間、ずっと同じ時間を過ごしてきたからこそ、なんていうか……率直に言うと、寂しいっていうか」

 考えないようにしていた。
 コンシリアではそれで誤魔化せた。
 だが、パトリアではそうはいかなかったのだ。
 単に、五年経ったみんなの姿を見たのが今日が初めてだから、というのも理由の一つなのかもしれない。
 じきに慣れるだろう。
 しかし、さすがに今日は、弱音の一つぐらい吐きたくなるものだ。

「あー! こういうの、もう一回やったはずなのにね! うじうじしてるの私らしくないよね! せっかくこうやって里帰りできたっていうのにっ!」

 素直に喜びたかった。
 ただそれだけの感情で全てが埋め尽くされたらいいと思った。
 マリンとパイルに子供ができてる? 素晴らしいことだ――でもいつの間にそんなことが。
 その子供の名前が自分と似ていた? 心の底から歓迎しよう――だけど死んだと思われてたんだ。
 両親が以前よりも老けて見える? そんなの経過した時間を考えれば当然だ――けれど自分が行方不明になったことで、二人に心労をかけてしまったのは間違いない。
 どうしてもノイズが混ざる。
 単純明快にとはいかない。

「もっと簡単に笑えたはずなのに。なんでだろうね……考えちゃうんだ、どうしても。もちろん、嬉しくないわけじゃなくって、みんなと再会できたこと、本当に喜んでるよ? でも……でも、よくないってわかってるのに、どんなに自分に言い聞かせたってどうにもならなくて……」
「いいと思います」

 フラムの弱音すら、ミルキットは肯定する。
 しかし無条件に、ではない。
 理由はちゃんとある。

「我慢する必要なんて無いんですから。全部、吐き出して下さい。せめて私の前では。そういうもやもやを、心の中に溜め込まないでください。出してしまえばきっと、気持ちは楽になると思います」
「でも……めんどくさくない? こういう私」
「私がご主人様をそんな風に思うわけないじゃないですか。それに……その、夫婦って、後ろ向きな部分もさらけだしてこそ、だと思いますから……」

 言いながら、赤面し俯くミルキット。
 フラムの顔も熱くなってくる。
 だが同時に、ミルキットの言葉に頼もしさを感じていた。

「ミルキットって、包容力あるよね」
「へっ? そうでしょうか……」

 今度はフラムがミルキットの胸に顔を埋める。
 ミルキットはなにも言わずに、その頭を優しく抱きしめ、指で髪を梳いた。
 フラムがコンシリアに戻ってきたばかりのときは、肌や髪は荒れていた。
 あんな戦いの中にいたのだから当然である。
 しかし今は、満たされた生活の中で、肉体も健康になりつつあった。
 なめらかな髪はその証拠だ。
 ミルキットと過ごす平穏な生活――そんな、夢のような日々。
 帰還してから今日に至るまで、そのぬくもりが、フラムの心の傷をどれだけ癒やしてきたことか。

「ねえ……しばらくこのまま抱きしめててもらってもいい?」
「はい、いくらでも」

 時に取り残され、悲しみを感じてしまったのは、フラムの弱さではない。
 きっと、誰だってそうなるはずだ。
 どれだけ覚悟していたって、それがゼロになるわけじゃない。
 だが、以前と違って、今の彼女には弱音を吐く権利があった。
 フラムを包む世界には、その心の弱さを許容するだけの余裕がある。
 だから正直に全部吐き出して、甘えて、じゃれあって。
 そうしているうちに、嫌な気持ちは少しずつ消えていった。



 ◇◇◇



 その後、フラムは両親に、旅で起きたことを詳しく語った。
 一応、ジーンのあれこれはできるだけぼかして。
 やはり現実と伝わっている話では随分と内容が異なるようで、ソルムとローザは、物語には描かれなかった新たな事実を知るたびに目を丸くして驚き、惨劇に慄き、悲劇に涙した。
 無論、全ての出来事を数時間で語れるはずもなく、その日は途中で話を切り上げることとなった。
 どうせ五日はこの村に留まるのだ、話す機会ならいくらでもある。

 夜、パトリアでは村をあげての宴が行われた。
 フラムとミルキットを中心として、飲めや食えや、歌えや踊れやのどんちゃん騒ぎ。
 フラムの知り合いが代わる代わるやってきては、『おかえり』、『おめでとう』、『末永くお幸せに』と言葉を交わし、再会を喜ぶ。
 村を出ていくときは年下だった少女が同い年になっていたり、おじさんの頭から髪の毛が無くなっていたりと驚くことも多々ありつつ、楽しい時間は過ぎていく。
 途中からは、もうフラムのお祝いなど忘れて、好き放題に騒ぎはじめ――酔いつぶれる人間が出た頃に、宴はお開きとなった。

 フラムの実家に戻ると、ミルキットはすっかりへとへとで、目が半分開いていない状態。
 ひとまず急いでフラムと一緒にお風呂に入り、いつもより早くベッドに入った。



 ◇◇◇



 それから数時間後――深夜一時を過ぎた頃に、フラムは一人目を覚ます。
 隣では、包帯を外したミルキットが、可愛らしい寝顔をさらしている。
 しばしその様子を見つめていたフラムは、喉の乾きを感じてベッドを抜け出した。
 水を飲みにリビングへ向かう。
 しかし、そこにはまだ明かりが点いており、ソルムとローザはグラス片手に静かに酒盛りを行っていた。
 宴でもかなり飲んでいたはずなのだが。

「……あれ、二人ともまだ起きてたんだ」

 フラムが部屋に足を踏み入れると、両親の視線が同時に彼女のほうを向いた。
 二人の頬はほんのり赤く染まっており、目つきからしても酔っていることがわかる。
 だが、その量の割には酔いは浅いようだ。

「フラムか。あぁ、もしかして音で目が覚めたのか? すまなかったな」
「ううん、ちょっと喉が乾いただけ。まだ飲んでたの?」
「ええ、フラムが戻ってきたことを祝してね」

 ローザがグラスを見せつけるように揺らしながら言った。

「もう日付変わってるよ?」
「わかってるわよぉ、でも今日ぐらいは飲みたいの」
「そうは言うが、ローザはいつも飲んでいるじゃないか」
「そういうあなただって」

 そう言って、二人はケラケラと笑う。
 仲睦まじい両親の様子に、フラムは思わず苦笑した。
 あの頃と変わっていない。
 うちの親は、昔からずっと仲がいいままだ――と安堵する。

 フラムは台所に移動すると、棚からコップを取り出し水を注ぐ。
 そして軽く喉を潤すと、壁に背中を預け、両親に訪ねた。

「本当のところ、どう思った?」
「どう、というのは?」
「私が、女の子を――ミルキットを連れてきたこと」

 そこに関して、ソルムもローザも深くは追及しなかった。
 しかし、なにも思わないはずがない。
 少なくとも、この世界において当たり前のことではないのだから。

「もちろん驚いたわよ。でも、あなたの顔を見てすぐに納得したわ」
「私の?」
「見たことがないぐらい幸せそうで、充実した表情だったからな」

 そう言われ、フラムは自らの頬を指で軽くつまんだ。
 パトリアにいた頃も、それなりに幸せにはやってきたつもりだ。
 だがやはり、ミルキットと想いを通じ合わせ、なおかつ平和な生活を送れている今が――確かに、フラムの人生において最も幸せな時かもしれない。

「娘の幸せに勝るものはない、ってことよ。相手が女の子だろうと誰だろうと、あなたはあなたの幸せを優先しなさい」
「親としては、できるだけそれを支えていくつもりだ」
「お母さん、お父さん……」

 どこまでも暖かく――大らかで、いつまでも目標にしたくなるような、そんな親だと改めて思う。

「それとだな……あのときは、すまなかったな」
「なんのこと?」
「旅に出たときよ。本当は、行きたくなかったんじゃないかしらって、あのあとお父さんと一緒に話してたのよ」

 娘が英雄として選ばれ、二人とも浮かれていたのだろう。
 いや、二人だけではない――村の人々も、フラムの本心が見抜けないほどはしゃいでいた。
 だから、誰一人として、彼女の不安を和らげることができなかった。
 王国からの命令だ、どのみち逆らうことはできなかっただろうが、せめて両親ぐらいは心配する言葉をかけておくべきだった。

「……うん、そうだね。行きたくなかったし、誰か一人ぐらいはその気持ちに気づいてくれるかな、って思ってた」
「そうよね……見送る前に気づけなかったなんて、親として失格だわ」
「でも、それも全部、過去の話だから。おかげでミルキットと出会えて、今はすっごく幸せで。だから、全然どうも思ってないよ」

 フラムは屈託のない笑顔を両親に向けた。
 それが余計に、二人の罪悪感を膨らます。
 こんなに幸せそうに笑う子がどうして、あのような悲劇に巻き込まれなければならなかったのか。
 なぜ親として、それを止めることができなかったのか――と。
 しかし今が幸せだと言い切ることができるのならば、親がするべきは引きずって嘆くことではない。

「フラムは本当に、彼女のことが好きなんだな」
「そりゃあもう、お父さんとお母さんに負けないぐらいラブラブですからー。じゃ、そろそろ私は部屋に戻るね。あんまり離れてるとミルキットが寂しがるから」
「少しぐらい付き合ってもいいんじゃないのか?」
「今日は遠慮しとく。もういい時間なんだから、二人とも寝たほうがいいと思うよ」
「もう少し飲んだら眠気がくると思うわ」
「なんて不健康な……」

 とはいえ、それだけフラムが帰ってきて浮かれているということでもある。
 日常的にこんな時間まで飲んだくれているならともかく、今日ぐらいは目をつぶったっていいだろう。

「まあいいや、それじゃあおやすみ」
「おやすみなさい」
「ああ、おやすみ」

 当たり前の挨拶を交わす。
 フラムはたったそれだけで目頭が熱くなる自分がなんだかおかしくて、両親に背中を向けながら頬を緩めた。



 ◇◇◇



 その翌日、朝食を終えたところにパイルが訪ねてきた。

「よう、フラム」

 片手を上げ、脳天気に笑い、子供の頃、毎日のように遊びに誘ってきたときとほぼ変わっていない。
 玄関で彼を迎えたフラムは、やけに大きな道具袋を担いだ彼を見て怪訝な表情をした。

「こんな朝っぱらから、そんな格好でどうしたの?」
「今日はお前にちょっと頼み事があってな」

 言いながら、どさっと袋を地面に置く。
 その音からして、中身はぎっしりとなにかが詰まっているようだ。

「実は、ちょっと前に近くの山が崩れたんだ。んで、その下から遺跡の入り口らしきものが見つかったんだよ」
「ふうん、そうなんだ」
「前はよく三人でそういうとこ冒険してただろ?」
「私はいっつも二人に迷惑かけてばっかりだったけど」
「今回は逆だ、フラムに手伝ってほしいんだよ」

 つまり、袋の中身は探検用の道具ということらしい。
 ランプやスコップ、手袋、あとは水筒や弁当あたりが入っているのだろうか。

「マリンは子供の世話があるし、最近はこの手の話をしたって『子供じゃないんだから』って突っぱねやがるんだよ。遺跡は男のロマン! 調べたくなるのが性ってもんだってのによう」
「マリンは昔から大人っぽいとこあったから。まあ、特に予定は入ってないから構わないけど……どうする、ミルキットも行く?」
「ご主人様が行かれるなら、ご一緒したいです」
「なら決まりだな、準備が出来たら早速出かけるぞ!」

 一人で手を突き上げ、やる気を見せるパイル。
 おそらく、ずっと調べたくてうずうずしていたのだろう。
 それがフラムが戻ってきたことで叶ったというわけだ。
 はしゃぐパイルを見て苦笑しながらも、フラム自身も、実はちょっとだけわくわくしていた。



 ◇◇◇



 パトリアの周辺にはいくつもの山があり、子供の頃からフラムたちにとってそこが遊び場だった。
 もっとも、低ランクとはいえモンスターが出てくることも珍しくなかったので、そう遠出は出来なかったが――森で迷って夜まで帰れず、捜索隊まで結成されて大騒ぎになったときのことを、フラムは今でもよく覚えている。
 マリンとパイルと一緒にこっぴどく叱られたが、元はと言えば小動物を追いかけて、勝手に奥まで進んだパイルが悪かったのだ。
 大人になった今、多少の冷静さは身につけたものの、彼の好奇心は変わっていないようで――

「いやぁ、ずっと調べたくて調べたくてムズムズしてたんだよ。村の連中は誰も近付こうとしないし、俺は俺でプラムのこともあるから中々山に入れないし。でも今日は、フラムと話したいことがあるっていうちゃんとした理由があるからなぁ、マリンも止められなかったってわけだ」

 聞いてもいないのに、パイルはとにかくよく喋った。

「じゃあ遺跡を探しにいくとは言ってないの?」
「言ったら『フラムちゃんをそんな下らないことに巻き込まないで』って止められるに決まってるだろ」
「確かに」

 脳内で簡単にマリンの声で再生できる。

「にしても、ほんとパイルは変わらないね」
「人間そうそう変わらないって、マリンだって大人ぶってるだけで中身はあの頃のまんまだ」
「そうなんだ……それはちょっと嬉しいかも」
「むしろ変わったのはフラムのほうじゃないのか? 前より頼もしく感じるぞ、見た目や胸は変わってないが」
「余計だっての」

 フラムもそこはかなり気にしている。
 だが、ミルキットがしきりに『これがいいです』、『ちょうどいいサイズです』、『ご主人様らしくて好きです!』とベッドで言ってくるので、最近では言うほど悪くもないのかも――と思い始めているようだ。

「でも確かに、前よりは、多少は自信がついたかもね」
「ステータスも0じゃないんだよな。今は100万とかあるって聞いたが、マジなんだな。途方もない数字すぎてなにができるのか全く想像がつかないわ」
「うーん……例えばだけど」

 フラムはその場で止まり、自分の足元をゆびさした。

「この山、片手で吹き飛ばせる」
「余計に想像つかねえよ」

 そのまま、この場所を更地にできるという意味なのだが、実行するフラムはともかく、パイルにとってはスケールが大きすぎたかもしれない。

「なんかこの場で披露できることとかないのか?」
「そう言われても、山を消すわけにはいかないし……」

 顎に手を当て、考え込むフラム。
 その視線が、前方十メートルほど離れた場所にある、太めの木で止まった。

「じゃあ、そこに生えてる木を素手で切ってみようか?」
「みようか? って言われてもわかんないけど、見せてもらえるなら見てみたいな」

 あの木程度では、フラムの力の全てを発揮できるはずもない。
 あくまでその片鱗を見せるだけだ。
 彼女は右手を手刀の形にして、軽く振り払う。

「せいっ!」

 すると――ゴオォォオオッ! と激しい風が吹き荒れ、パイルは「うわっとぉっ!?」とバランスを崩さぬよう両足で踏ん張る。
 主と腕を絡めて歩いていたミルキットは、フラムの腕に抱き寄せられていた。
 そして、前方の木が――に両断される。
 二つのパーツに分かれた幹は、それぞれ真逆の方向へと倒れていった。

「……とまあ、こんな感じ」
「おおぉ……すげーな。触ってないよな? いわゆる衝撃波だけで切ったんだよな!? かっけーよ! マジでかっけぇーよフラム!」
「そ、そうかな……」

 パイルはフラムの手を握って、ぶんぶんと上下に振り回す。
 目はキラキラと輝き、まるで宝物を見つけた少年のようなテンションである。

「そうだって! いやぁ、さすが世界を救ったやつは違うわ。一緒に遊んでたころは、まさかあのフラムが、こんな英雄になるとは思ってもなかったよ!」
「それは私だって思ってなかったからね」
「思えば、叶わぬ恋だったんだなぁ……いや、旅に出なかったらチャンスもあったのか?」
「無いから」

 即、断言する。
 実際、子供の頃からフラムは、パイルに友情こそ抱けど、恋愛感情や、それに似たものを微塵も感じたことはなかった。
 しかし、過去のその場に立ち会わせたわけではないミルキットにとっては、死活問題である。

「ミルキット、本当に私、パイルに一切その手の類の感情を抱いたことないから、その殺気は抑えて? ね?」

 彼女の背中から黒い炎が燃え上がり、フラムですら背筋が凍るような殺気が放たれる。

「幼馴染って、とても強いと思うんです」

 確かに、そればっかりはミルキットでも絶対に手に入れることのできない称号だ。
 彼女がパイルをライバル視してしまうのも仕方ないというもの。

「でもミルキットはもう私の奥さんなんだから。それ以上なんて無いよ」
「それは……んっ」

 それでも、“幼馴染”という未知のを前に、不安が消えないミルキットの唇をフラムは奪った。
 顎をくいっと持ち上げて、触れるだけのキス。

「こんなことをするのもミルキットだけ」
「あふ……ご主人様ぁ……」

 とろんととろけるミルキット。
 いつになくキリッとしたフラム。
 そして呆れた様子のパイル。

「仲いいんだな……っと、ここだここだ」

 そんなやり取りをしているうちに、遺跡に到着した。
 そこにあったのは、金属で作られた重厚で大きな扉だ。
 しかし扉には取っ手がなく、素手で開くことはできそうにない。

「なにこれ……」
「な? すげーだろ?」

 なぜか自慢げなパイル。
 フラムは扉に近づくと、蔦が表面を這うそれに、感触を確かめるように触れた。

「オリジンを封印した時代のものでもなさそう。となるともっと前の、カムヤグイサマの遺跡と似たような時代のものなのかな。でもエニチーデで見たキマイラの研究所にも少し似てる気がする……」
「なんのことを言ってるのかさっぱりだが、中を見たほうが早いだろ。開けるぞー」
「開けかた、わかるの?」
「仕掛けはわからないけど、扉に少し隙間があいてるだろ? 力ずくでどうにかなるだろ」

 確かに、指が入る程度の隙間がある。

「私がやろうか?」
「いんや、ここは男の仕事だろっ」

 絶対にフラムがやったほうが早いのだが、そこは譲れない。
 頼ってばかりでは、パイルのプライドが許さないということだろうか。
 彼は隙間に指をさしこむと、「ぐぬぬ」と手の甲に血管が浮き上がるほど力を込めて、扉を開こうとする。

「おっと――」

 すると想像よりも簡単に横にスライドし、人が一人入れる程度まで入り口が広がった。
 そして同時に、パンッ! という破裂音が響き渡る。
 パイルの頭の上半分が、弾けて散った。

「……え?」

 もはや生死の確認だとか、そんな問題ではない。
 赤いなにかが飛び散り、衝撃で頭部の断面図を見せつけるように背後に倒れ、辛うじて無事だった眼球が視神経を引き連れて宙を舞う。
 あまりに明白な即死。
 突然の出来事に、フラムとミルキットは呆然と立ち尽くすしかない。

「パイル……? パイルッ!」

 無駄だとわかりながらも、慌てて駆け寄るフラム。
 完全に油断していた。
 こんな場所で、自分が十六年間暮らしてきた村で、そんなことが起きるだなんて想像していなかったのだ。
 開いた遺跡の門――その暗闇の向こうには、鈍色の体をした金属の人形が立っていた。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • liliya

    「ご主人様……いえ、お嬢様に、私を貰っていただいてもいいでしょうかっ!」・・・可愛い(*´ω`*)
    フラムはやっぱり親にもミルキットの顔は見せない。この先書籍で見ることはできるのか!?

    0
コメントを書く