「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

123 螺旋覚醒

 





 キリルは腰を落として光の剣を構えると、素早く真一文字に薙いだ。
 エターナは空中に氷のレールを作り出し、ジーンは風で浮かび上がり攻撃をやり過ごす。
 遅れて、断ち切られた柱や壁がずれ・・、支えを失った天井が二人の頭上より落下する。

「この天才にそう何度も同じ手が通用すると思うな、アースメテオライトッ!」

 ジーンは瓦礫を巻き込みつつ巨大な岩を作り出し、キリルを押しつぶす。

「カノン」

 肉の渦が蠢き、彼女は感情のない声を響かせた。
 剣先から、光の砲弾が放たれ岩を粉砕する。

「アイスランス!」

 そんな彼女の頭の真上から、エターナの作り出した鋭利な氷が降り注いだ。
 それは、明らかに殺すつもりの一撃。
 彼女とて、フラムがキリルを生かしたがっていることは知っている。
 だが、そんな遠慮をして足止めできる相手ではないのだ。
 それにどうせ――この程度では、傷一つ与えられない。

「なぜ僕の方に!?」

 キリルは一歩後退すると、落ちてきた氷を手で握りジーンに投げつけた。
 その速度は、エターナが魔法としてそれを放ったときよりも早い。
 どうにか避けたジーンだが、肩のローブが裂け少量の血がにじむ。

「エターナ、お前の攻撃はいつも何故か僕の方に飛んでくるな」
「運が無いだけ」
「僕の足を引っ張るなと言ってるんだ!」
「どうでもいい、今は口より魔力を動かす」

 砂埃が舞う中、天高くかざされたキリルの剣。
 すぐさま次の攻撃が飛んでくる、口喧嘩をしながら勝てるほど甘い相手ではない。

 実際、キリルの魔法の破壊力は常軌を逸したものだ。
 最初にエターナとジーンが彼女と遭遇したのは、真っ直ぐに続く廊下だったはずなのだが、いつの間にかだだっ広い空間に変わっている。
 移動したのではない、キリルの攻撃によって壁や天井が全て消し飛んでしまったのだ。
 魔王城は西も東も完全に崩壊しているため、建物自体が壊れるのも時間の問題だろう。

 しかしキリルは、そんなことお構いなしに剣を振り下ろす。

「レイン」

 その名の通り、雨のように魔力の塊が二人に降り注いだ。

「ちぃッ、僕は天才だぞ。お前たちのような雌狐が逆らうなど世の理に反している!」

 最低限の攻撃を岩の盾を作り受け流しつつ、必死でそれを避けるジーン。
 彼の横を通り過ぎていった魔力の雨は、地面に手のひら大の穴を空ける。

「言うほど天才でもない」

 一方でエターナは、氷のレールの上で踊るように間を縫っている。
 身体能力そのものは大差無いものの、どうやら相手を翻弄することに関しては彼女の方が上のようだ。

「キリルの行動予測も外してた」

 そもそも二人は、今のブレイブを使用したキリルと真正面から打ち合うつもりはなかったのだ。
 ジーン曰く、『あの魔法には反動がある、封印解除に支障をきたすためうかつには使えないはず』らしい。
 なのでブレイブを使わない素の状態のキリルに奇襲をしかけ、フラムの到着を待つ――つもりだったのだが。
 オリジンがいる地下へ向かう階段の前に立ちはだかっていたキリルは、二人の気配を察知してか、すでに発動した状態で待ち受けていたのである。
 そのステータスは――



 --------------------

 豚思。コ僭フ引羣澹虧シ楜ァ゜漕カ

 el性:勇しァ

 楜ァ゜:57982
 魔リォ:56193
 渣体:54009
 廷゛ャ:51242
 ノ虜、:55278

 --------------------



 二人が力を合わせても、抑え込める限界を超えていた。

「あれはっ……一つの可能性として提示しただけだ……っ!」

 さらにキリルの魔力が体をかすめる。
 レインによる攻撃は止まったが、痛みで動きを止めたジーンを、キリルは見逃さない。
 すかさず瞬時に接近し、懐に入り込み、素早く突きを放つ。
 フラムやライナス、ガディオのような近接戦闘に慣れた面々ならともかく、基本的に後衛である彼には、その動きはワープしたように見えただろう。

「しまった!」
「世話が焼ける」
「ごふっ!?」

 すると、エターナの周囲を浮かぶ球体がジーンの体を殴り飛ばす。
 キリルの動きを読んだ上で、先んじて近づけておいたのだ。

(やっぱり、オリジンはジーンの方を狙ってる)

 先ほどから、集中的に狙われているのは彼の方ばかり。
 思えば――オリジンはジーンのせいで、数々の計画を台無しにされてきたのだ。
 今だって、何を企んでいるのかわかったもんじゃない。
 警戒するのは当然のことであった。

「き、貴様っ、フォローするならもう少し丁寧にやれ!」
「そこは感謝するべき、ヘイルストーム」
「感謝などせん、戦いが終わったら絶対に償わせる! ブルーフレイム!」

 降り注ぐ氷の雨と、まとわりつく青い炎。
 キリルが軽く剣を振ると、それらの魔法はあまりに簡単にかき消された。
 そして握る片手剣の刃が光に包まれ――

「ブレイド」

 また、薙ぎ払う。
 大振りの攻撃が二人に当たることは無いが、避けるのにワンアクション必要になるため、次の行動の選択肢が減るのだ。
 つまり、キリルに行動を読まれやすくなる。

「アルターエゴ」

 彼女は再び飛んだジーンの背後を取ると、剣を振り払う。

「エターナ、後ろに行ったぞ!」
「ジーン、後ろ!」

 しかし、二人は同時にそう口にした。
 そして互いに振り向き、自分の後ろに確かに存在するキリルを見て、驚愕する。

「分身だと!? チッ、アースウォール!」
「アイスシールド」

 彼らは気休めに魔法の盾を作り出したものの、それが無意味であることは、すでに実体験で知っている。
 キリルの刃はケーキでも切るように盾を断ち切り、二人の体を切り裂く。

「ぐぅ……ッ!」

 苦しげに顔を歪めるエターナは、横腹を深く斬られていた。
 幸い内臓までは届いていないが、出血量が多い。
 一方でジーンは、前に突き出していた左手の指が数本無くなっている。
 彼も痛みは感じていたが、それ以上の怒りが苦痛を塗りつぶす。

「おのれぇ、そんな便利な魔法があるならなぜ前から使わん!」

 別にキリルが使わなかったわけではない。
 オリジンが“勇者”の力を解析し、彼女が知らない魔法を引き出しているのだ。

「だから……口じゃなくて、魔力を……」
「百も承知だ、エレメンタルバーストッ!」

 至近距離で放たれる魔力の本流を、キリルは――

「シールド」

 光の盾で、あっさりと受け止める。
 エターナを襲った方のキリルはすでに消えており、おそらくそちらが分身だったのだろう。
 やはり、本命はジーンの方なのだ。

「ならばこれでどうだ、エレメンタルバースト・イリーガルフォーミュラ!」

 ジーンの手のひらから放たれる魔力の量が、さらに増加する。
 もちろん彼は魔族からそれを学んだわけではない。
 しかし、間近で見ていれば、多少の考察と努力ですぐに真似ぐらいはできる。

「僕たちを甘く見すぎだ、うかつなんだよキリルゥ!」

 彼はどこか嬉しそうに、防御に専念するしかないキリルを見下す。
 その性格の悪さに内心引きながらも、傷口を氷で塞いだエターナが動いた。
 彼女はキリルの背後に回り、魔法を打ち込む。

「アイシクルブレード・イリーガルフォーミュラ」

 透明な氷の塊が巨大な剣となり、無防備な背中に迫る。
 これで仕留めきれなかったとしても、多少のダメージは与えられるはず。
 そう思っていたのだが――

「オーラ」

 キリルがぼそりとそう言うと、彼女を中心としてゴオォッ! と激しい風が吹き荒れた。
 踏ん張って耐えるエターナとジーン。

「ぬ、おぉっ!? また見たことのない魔法をっ!」
「耐えきれない……飛ばされる」

 為す術もなく二人は吹き飛ばされ、背中から壁に衝突する。
 直前で水のクッションを用意したエターナはともかく、ジーンは強く後頭部を強打して意識が揺らぐ。
 また、エレメンタルバーストも、アイシクルブレードも、バチバチと火花を散らしながら広がる魔力にかき消されていた。

(強いとは知ってたけど、正直、想像より何倍も差がある……)

 どんなにステータス差があっても、傷の一つぐらい負わせられると思っていた。
 だが今のところ、キリルは無傷だ。
 一方で二人はすでに満身創痍。
 エターナは応急処置で出血を止めたものの、すでに相当量が流出したのか頭がくらくらしている。
 ようやく両足で立ち上がったジーンも、意識がはっきりしないのか足元がおぼつかない。
 苦しむ二人だが、キリルは――否、オリジンが二人の身を案じて手を緩めてくれるはずもない。

「アルターエゴ」

 またも分身し、そしてそれぞれがエターナとジーンに向かって剣の切っ先を向け――

「ブラスター」

 文字通り、必殺の一撃を放つ。

「……っ」
「クソ女がッ!」

 体力の消耗により声すら出せないエターナと、語彙力が低下するジーン。
 二人は前に飛び込み、地面を転がりながらそれを避けた。
 不格好だが、もはや外面を気にする余裕などない。

「ブラスター、ブラスター、ブラスター、ブラスター」

 そんな二人に向けて、容赦なく“必殺”の攻撃を連発するキリル。
 彼女も彼女で、もはや格好など気にせずに、完全に相手を殺そうとしている。

「アクアテンタクルス!」

 エターナの腕から伸びた透明の触手が、辛うじて残った柱に絡みつき、そちらへ彼女の体を引き寄せる。
 それを見たジーンも真似をして、全く同じ魔法で危機を脱した。
 もっとも彼の方は使い慣れていないため、制御は不完全であったが。
 そして二人は、キリルに誘導されるかのように一箇所に集まる。

「ふぅ……さっきの、わたしのパクり」
「リスペクトと言え」
「ところでこれ、まんまと罠に引っかかってる気がする」
「奇遇だな、僕もだ」

 追い詰められ、思わず半笑いになるジーン。
 二人の危惧した通り、キリルは詰めの一手を繰り出すべく、言葉を紡ぐ。

「アルターエゴ」

 消えた分身が再び現れ、今度はその分身も同時に呟く。

『アルターエゴ』

 二人は四人に増える。
 どうやら“アルターエゴ”と呼ばれる魔法で生成される分身は、せいぜい数十秒しかもたないようだ。
 たかが数十秒、されど数十秒。
 それだけの時間があれば、とっておきの一撃を放つには十分すぎる。

『アルターエゴ』

 四人のキリルが八人に増える。
 その全てが一斉に剣をエターナとジーンに向けた。

「……天才は、この状況をどう切り抜ける?」
「僕は天才だ、あまりに頭が良すぎて未来まで予知できる」
「そう、それでわたしたちの未来は?」
「途切れている、つまりここで終いだ」

 二人は『はっはっはっ』と乾いた笑い声をあげた。
 かと思えば声は突然途切れ、真剣な表情で手を前にかざす。

「ウィンドウォール、フレイムウォール、アースウォール、アイシクルウォール!」

 ジーンの作り出した計四層の壁が順番に現れる。

「アイシクルウォール・イリーガルフォーミュラ!」

 さらにエターナの作る大きく厚い壁が、最もキリルに近い位置に立ちはだかった。

「貴様と協力するなど反吐が出るほど不愉快だが……!」
「今はそうするしかない」

 猿だろうが犬だろうがキジだろうが、迫る死の前には互いに手を貸すしかない。
 キリルは現れた壁を見ても、動じる様子はなかった。
 ただ無表情に――いや、顔には肉の渦があるだけだが、それすら動かすこと無く、剣を構えるだけだ。
 そして、八人のキリルは同時に声をあげる。

『ブラスター』

 並ぶ計八門の剣。
 その先端に集中した魔力が、一斉に放たれた。
 分身が射出したものも威力に遜色は無い。
 さらにそれぞれが絡み合いながら、一本の大きな光束となって氷の壁に激突した。
 せき止められた光の奔流は、まるで水のように彼女たちの両側を流れていく。

「うぅ……!」

 エターナが苦しげな声をあげた。
 彼女は壁を作り出しただけでなく、今も継続的に魔力を送り込み続けている。
 歯を食いしばり、前に突き出した左手が震え、額に汗が浮かぶ。

「ぐ……あぁ……!」

 この一枚だけで止めきれないことはわかっている。
 となればあとはジーンに任せることになるわけだが、

(インクのために死ぬわけにはいかないし、なによりこいつに命を救われるのだけは嫌だ……!)

 そんな不純な動機も絡みつつ、エターナは必死に、使い果たすつもりで魔力を注ぐ。
 だがそれもやがて、限界を迎え――パキ、と氷の壁にヒビが入る。
 一箇所傷が生じると、もう止まらない。
 みるみるうちに形は崩れ、砕けてゆく。

「無理はするな、凡人の限界はここまでだ。そこから先は僕に任せて――」
「うるさい、黙れ」

 エターナにも意地がある。
 そもそも、魔力では彼女の方が勝っているのだ。
 ジーンは様々な属性を組み合わせることで相手を翻弄する攻撃が得意な一方で、こういった単純な力比べで頼りにならない……少なくとも、彼女はそう思っている。
 となれば、まだ半分も力を削げていない今の段階で諦めるわけにはいかない。

「アイシクル……ウォール……!」

 壊れかけの氷の壁を、さらに別の壁で覆う。
 形はいびつだが耐久性は持ち直した。

(このまま……もっとブラスターの威力を削いで……!)

 しかし、想いだけで支えられるのもここまで。
 キリルの力は圧倒的だ。
 氷の壁は再び崩れ、今度こそ形を失い砕け、溶かされていく。

「キリルよ、貴様に僕の魔法が突破できるか!?」

 おそらくできるだろう。
 それでも二人を殺せるほどの威力は残らない。
 だが不安なのは、衝突で生じる光のせいで、壁の向こうにいるキリルの姿が見えないことだ。
 さらに追撃のブラスターを仕掛けてくるわけでもなく、静かに自分の魔法が防がれているのを見ているというのだろうか。
 いや、ありえない。
 だが左右も頭上も激しい光の流れに囲まれており、逃げ場は無い。

「……ジーン」
「忙しい、話しかけるな!」

 先程までの不遜な態度はどこへやら、もはやジーンにも余裕は残っていない。
 キリルの力が想像以上だったのだろう。
 エターナはそんな彼の方を見ながら、地面を指さした。
 彼は意図を理解し、彼女の提案を受け入れることを嫌がりながらも、地面に手を当てる。

 やがて全ての壁が破壊され、白い光が二人のいた場所を包み込む。
 さらにキリルが“レイン”を発動させると、頭上から魔力の弾丸が降り注ぐ。
 すると、彼女の肉の渦がぴくりと動いた。
 気配・・が無いのだ。
 案の定、視界が晴れてもそこに二人の姿は無く、彼女は咄嗟に振り返り光の剣――“ブレイド”を振るう。
 そこに立っていたのはエターナだ。
 彼女の体は真っ二つに両断され、ずるりと滑り落ちると、地面に衝突して粉々に砕け散った。

「聞こえる音で方向を修正できる……やはり天才だな僕は」

 自画自賛する地中の・・・ジーンの両掌の上で、四色の魔力が飛び交う。
 火、水、地、風の四属性は徐々に交ざり合い、相乗効果で力を高め、やがて白い一つの玉となった。

「エレメンタルバースト!」

 玉を頭上高くにかざすと、ドォンッ! と力が解き放たれ、すぐ真上にある天井を貫く。
 そして彼の打ち出した魔法は、キリルの足元・・から彼女を強襲した。

「……!」

 直前で気づいたキリルは飛んで避けようとしたが、間に合わない。
 形勢逆転、今度は彼女が魔力の奔流に曝される番だ。

「この僕の魔法が直撃しては、いくら勇者でも無事ではいられまい! くはははははぁっ!」
「どっちが悪かわかったもんじゃない」

 ぼやくエターナは、ジーンがエレメンタルバーストで開いたのとは別の、前もって開けておいた穴から地上に出た。
 彼も頭上から這い上がり、戦果を確認する。

「さてと。ジーンにちょっと尋ねたいことがある」

 周囲を見回しながら、エターナは口を開いた。

「なんだ? 心の広い僕が耳を傾けてやろう」

 ジーンは腕を組んで偉そうに答えた。
 もはや彼女はムッとしない。
 慣れた……というより無駄だと悟ったのだ、もはやこいつは人ではなく、そういう生き物なのだと。

「さっきの魔法で、キリルの体が消し飛ぶなんてこと、ありえる?」

 エターナがどれだけ観察しても、キリルの姿は見えない。
 だがジーンの手応えからして、エレメンタルバーストがまともに彼女に命中したのは間違いないはずなのだ。
 実際、地面にはそれらしき痕跡も残っている。

「ただでさえ天才の僕は実はまだ溢れんばかりの才能を体に残しており、それが突如覚醒し、オリジンをも越える強力な魔法が炸裂した可能性も捨てきれないな」
「すごくアホっぽい」
「僕にアホと言った報いはあとで絶対に受けさせるからな」
「本気で言ってるんだとしたら間違いなくアホ」
「ジョークだとわからぬ貴様の方が阿呆だ。僕は誰よりも自分の実力を知っている、天才であるがゆえに、な」
「それを踏まえた上で答えると?」

 眉間に皺を寄せ、ジーンは言った。

ありえない・・・・・

 断言する。
 エターナの表情が険しさを増した。
 つまり、キリルは、どこかにいる。
 おそらく二人の姿が見える場所に。

「とりあえず近くを探してみる。ヴェイパーディテクション」

 エターナの手のひらから、目に見えない水の粒子が広がっていく。
 探知範囲はセレイド全域。
 もっとも、キリルがそれから逃れる術を持っている可能性も否定できないが。

「どうだ、見つかりそうか?」
「……今のところはどこにも」
「セレイドの外まで逃げたのか? それとも隠れているのか……」

 さすがのジーンも、今は緊張しているようだ。
 身構え、目を細めながら、注意深く周囲を観察する。

「やっぱり近くにはどこにもいない」
「そうか、わかったぞ。天才である僕に恐れを成して――」
「はぁ。そういうのはもう……いい……」

 ため息まじりにジーンの方を見るエターナ。
 彼女の目に映ったのは、千切れ飛ぶ彼の右腕と、舞い散る赤い血液だった。

「な……!?」

 驚愕に見開かれるジーンの瞳。
 直後、彼は傷口を手で押さえながら苦悶の声をあげた。

「ぐああぁぁぁっ! う、腕が、僕の腕がぁっ!」

 彼に駆け寄ったエターナは応急処置として傷口を凍らせ、血を止める。

「あんのクソ女ぁっ! どこから攻撃してきたっ!?」
「さっきはあっちの方角だったけど……っ、また来た!」

 彼女がジーンを突き飛ばすと、そこを何か・・が通り過ぎていく。
 早すぎて視認は不可能だ。
 だが、キリルの放った魔法であることは間違いない。

 当の彼女は――セレイドを出て、そこからさらに数キロ離れた地点から、二人を狙っていた。
 剣を前に突き出し、その先端を銃のように彼らに向けて。

「シューター」

 その宣言と共に放たれるのは、ブラスターと比べるとあまりに細い魔力の糸だ。
 しかし細い分だけ、速い。
 これだけの距離がありながら、発射から一秒と経たずに着弾している。

「シューター」

 彼女は淡々と、戸惑う二人に向けて射撃を続ける。
 安全域から、殺すつもりで。
 だが、いつまでも続けるわけにはいかない。
 オリジンを守らなければならないのだから。
 エターナがジーンを連れて物陰に入ったところで、キリルは地面を蹴る。

「アクセラレイト」

 加速し、数キロの距離をものの数秒で詰める。

「ステルス」

 姿を消し、さらにエターナのヴェイパーディテクションまでも回避。
 そして二人に接近する直前、彼女はおもむろに、自らの剣を空高く放り投げた。

「……狙撃は止まったのか?」
「みたい。でもどうせまた仕掛けてくる」
「接近は探知できたか?」
「まだ出来てない、ただ過信は出来ない」

 キリルの攻撃が緩んだことで、ジーンは若干の精神の余裕を取り戻したようだ。
 実際は、余裕どころか、敵本人がその背後にまで接近しているのだが。
 拳を振り上げる。
 狙いを定める。
 繰り出す打撃で――頭を潰す。

「っ!? ジーン、後ろッ!」
「何だとっ!?」

 命中する直前、直感で気づいたエターナが、今度は水の触手で彼を引き寄せる。
 空振りとなったキリルの拳は、その風圧だけで壁を粉々に砕いた。
 あれが人の体なら、間違いなく死んでいただろう。
 しかし、未だステルスは解けず。
 気配すら消した彼女の正確な居場所を、エターナもジーンも把握できていない。

「貴様の魔法は相変わらず役立たずだな!」
「助けておいてもらってそれを言う?」
「気づいていれば死にかけることもなか……ぬおぉっ!?」

 またエターナの触手がジーンの体を引っ張った。
 そこをキリルの拳がかすめる。
 今度はその余波で触手が千切れ、彼の体は地面に放り投げられた。

(この攻撃、剣じゃない。なんでわざわざ殴る必要がある?)

 行動には必ず意味がある。
 つまりキリルは“ステルス”で身を隠して命を狙うと同時に、別の何かをすでに仕込んでいるのだ。

「ホワイトダスト!」

 相変わらず狙われ続けるジーンは、残った左腕を前に突き出して魔法を発動する。
 すると景色が白く濁った。
 氷のチリが、一帯を覆ったのだ。

「ふっ!」

 そして彼は、キリルの攻撃を回避する。
 姿は見えずとも、チリの流れで彼女の位置がくっきりと浮かび上がったのだ。
 したり顔で微笑むジーン。
 そこに、エターナの声が響き渡った。

「ジーン、あっちに全力で飛んで!」

 理由はわからない。
 しかしすでに何度か命を救われている以上、従わないわけにもいかない。
 すぐさま風の魔法を用い移動しようとするジーンだったが、

「バインド」

 彼の足を、光る蔓が縛り付ける。
 そしてキリルは、なにかから逃げるように彼から距離を取った。

「あ、あの女ッ! クソ、クソ、クソォオッ! 離せ、離せえぇっ!」

 その頃には、すでに彼も気づいていた。
 なぜエターナがあんなにも必死で叫んだのか。
 上空から、強大な魔力の塊が落ちてきている。

 “サテライト”、それがキリルの放った魔法だ。
 彼女が投げた剣は魔力を帯びて空中に浮かび、高高度から地表を狙い撃つ。
 放たれるのは、大出力のブラスター。
 無論、直撃を受ければ人体の消滅は避けられない。

「ジーンッ!」
「……くっ、お……おぉおおおおおッ!」

 逃げられない。
 死ぬ。
 いや、死ぬよりは――

「まだ僕には天才としての役目がある、死ぬわけにはいかないッ!」

 彼は自らの右足に手を当てると、火属性の魔法を炸裂させた。

「ぐああぁぁぁぁあああっ!」

 千切れる足に、反動で投げ出されるジーンの体。
 エターナはその体に触手を巻き付け、サテライトの範囲外にまで引っ張る。
 しかし間に合わない。
 天空より舞い降りた光の剣が、魔王城のど真ん中に突き刺さる。
 強烈な熱波がジリジリと肌を焼き、地面はえぐれ、大量の瓦礫が空に舞い上がる。
 着弾点に残されたのは、魔王城の敷地、そのど真ん中をえぐるクレーター。

「う……うぅ……」

 衝撃波に飛ばされ、地面に倒れたエターナが起き上がる。
 そして、彼女は体についた小さな砂礫をはたき落としながら周囲を見回した。
 すると数メートル離れた場所に、ジーンの体が落ちている。

「は……はぁ……」

 彼も、辛うじて息があるようだ。
 しかし、右足は千切れているし、何より――火傷がひどい。
 被害は顔にまで及んでいて、もう左目は開くことすらできそうになかった。
 エターナは駆け寄り、慌てて止血するものの、早急に回復魔法を使わなければこのまま命を落としてしまうだろう。

「ジーン、一旦退いてセーラのところに行った方がいい。これだけ派手に城が壊れたら、もう個別撃破なんて言ってる場合じゃない」
「……は。そんなわけには……いかん、な……」

 彼がそう言うと、千切れた手足を地属性魔法――岩の義手と義足で補い、立ち上がろうとする。
 だが彼の怪我はそんなに単純なものではない。
 よろめきそうになるところを、エターナが支えた。

「気に食わん、な……貴様に……助けられる、とは……」
「わたしも本意ではない」
「は……なら、いい。乗り気で助けられても、気味が悪いだけだ……!」

 エターナも、腹部の裂傷の影響もありうまく体が動かない。
 二人でようやく一人分、と言ったところだろうか。
 もはやキリル相手に、時間稼ぎをすることすら不可能だろう。
 だが彼女は、やはり止まってくれない。
 今度は剣を握り、瓦礫を乗り越え、二人の前に現れる。

「離れろ、エターナ」
「立てる?」
「問題ない、僕は天才……だからな」

 微笑みながらエターナが離れると、彼は顔をしかめながらも、自らの両足で立った。
 そしてキリルを睨みつける。

「それで、どうするつもり?」
「僕に任せろ、お前は退け」
「どういうこと?」
「最初から……そのつもりだった。そうしなければ、ならなかった」
「償いでもするつもり?」
「償い? なんのことだ。僕は、生涯、一度も罪を犯したことなど、無い。僕の正しさが……世界の正しさだ」

 ぼろぼろになっても、殊勝になることはない。
 いや、ここ最近は随分としおらしくなっていたが、土壇場でようやく彼らしさを取り戻したといったところだろうか。

「さあキリル、かかってこい! 僕が、貴様に――否、貴様に、僕を拒絶し否定した罰を与えてやる!」

 両手を広げ、力強く言い放つジーン。
 彼の挑発に乗ったのだろうか、キリルは剣を構え、地面を蹴った。



 ◇◇◇



「げほっ……ごほっ……今の、なに?」

 舞い上がる砂埃に、咳き込むフラム。
 エターナとジーンの元に向かっていた彼女の目の前で、壁が吹き飛んで消えたのだ。
 それがキリルの攻撃によるものだということはすぐにわかったが、それにしたって――馬鹿げた破壊力だ。
 エターナたちの身が不安になった彼女は、その場から駆け出し、白く濁った空気の中を突っ切っていく。

(リートゥスさんの力はもう使えない。元々ディーザを殺すために一緒にいたんだし、それは最初からわかってたけど……)

 フラムは不安げに、自らの黒い鎧に触れた。
 そこからはもう、以前ほどの力は感じられない。

(とはいえ、呪いはまだ残ってる)

 相当に強烈な呪いだった。
 彼女が成仏しても、染み付いたそれはなかなか消えはしない。

(少しずつ弱まってる感じはするけど、オリジンを倒すまでは保ちそうかな)

 最終的に、ただの普通の鎧になるのか、それとも呪いが残るのかはわからない。
 そもそも、鎧に怨霊が取り付いているというケース自体がレアなのだ。
 フラムに考えたってわからないだろう。
 それより今大事なのは、一応、まだステータスはほぼ減少していないということ。
 キリルと戦うにあたって、力は100でも1000でもあって困ることはない。

(ツァイオンだってシートゥムちゃんのこと助けられたんだもん、私だって必ずキリルちゃんをっ!)

 胸元で拳を握り、頷くフラム。
 彼女が澱んだ空気を抜けると、一気に視界が鮮明になった。
 そこで見たものは――キリルの背中と、彼女の剣に体を貫かれるジーンの姿。

「ジ、ジーン……!?」
「う……ぐ……」

 彼は苦しげに呻きながらも、自らを突き刺すキリルの肩を掴んだ。
 そして口元を、ニィッと、彼らしく歪ませる。

「くっはははは……フラムまで、来たか。いけすかない女どもが、勢揃い……だな……!」

 その表情に悲壮感はない。
 まるで、最初からそうなることを予見していたかのようだ。

「だが、やはり……最も頭が腐っているのは、お前だ、キリル。ごふっ……ふ……至近距離で、見てみろ。僕ほどに、整った顔の男は他にいない。性格も……く……才能も、誰よりも、抜きん出ている! この魅力を……ぉ……理解、せずにぃ……! 拒んだ挙げ句、僕を刺すとは……運良く勇者の力を得ただけの、愚者めが……!」

 どうやらジーンは、キリルを化物にしただけでは鬱憤を晴らすことができなかったらしい。
 今もなお、彼女のことを恨み続けている。

「そんな貴様に、殺されるとは……不愉快だ。最悪の、気分だ。しかしぃ、しかしだぁ! がっ……がぼ……ぶ……勝ち、誇るには、まだ早いぞ」

 彼は大量の血を吐き出しながらも、言葉を止めない。
 キリルも剣を抜いて逃げようとしているが、よほど強く掴んでいるのか、なかなか離れない。

「はは……全ては、僕の手のひらの上! 全てはぁっ、僕の計算通りィッ!」

 キリルの刃が魔力による熱を帯びる。
 ジーンの肉や内臓が焼け焦げ、不快な匂いが周囲に広がる。
 生きながらに焼かれる苦痛は相当なものだろう。
 しかし、もはや彼の脳に痛みは届かない。
 脳内麻薬すら操って、意図的に、自分の意志で止めているのだ。
 なぜならば、彼は天才だから。

「さあ――」

 そして天才であるがゆえに、ただでは死なない。
 ましてや、今日死ぬことを、彼は知っていたのだ。
 ならばオリジンの予測すら越える準備をするのは当然のこと。
 ジーンはさらに血で赤く染まった歯を見せて笑う。
 いつになく上機嫌に、自分はこの瞬間のために生きてきたと言わんばかりに。

「この人類史における、最高ゥの天才っ、ジーン・インテージの、偉大さをおぉッ! その身に刻み込めえぇぇぇぇぇぇぇッ!」

 魂の咆哮が轟く。
 同時に肉体に刻まれた陣に魔力が注ぎ込まれ、魔法が発動する。
 一般的に、ものに魔法を封じ込めるときに使われるのは水晶である。
 魔力の蓄積量、使用効率ともに高い数値を示すからだ。
 他に選択肢が無いと言われるほど唯一無二の物質。
 しかし実は、それを越える物質がこの世には存在する。
 それが、人体だ。
 人体を使い捨ての媒体として利用し、なおかつ範囲を限定することでオリジンに強化された肉体すら突破する、高い威力を実現する。
 いわば、ライナスに渡した水晶の完成形――

 光が、繭のようにジーンとキリルを包み込んだ。
 凝縮された熱量は、巻き込んだ物体を跡形もなく消し去る。
 ライナスとマリアの肉体が消滅したように、キリルも同じ運命をたどるのだ。
 フラムは彼女を助けるつもりでいるのに、どこまでも身勝手なジーンらしい、完全に殺すつもりの一撃。

「自爆……したの……?」

 フラムが呟く
 エターナも呆然と、その光景を見守っていた。
 光は周囲を明るく照らし、神々しさすら感じさせる。
 そして光の中から――

螺旋覚醒スパイラルブレイブ

 そんな、キリルの声が聞こえた。
 ゴォオオッ! と渦巻く風が吹き荒れる。
 その嵐に巻き込まれ、ジーンが放った命を賭した魔法は――泡沫のように歪んで消えた。
 そして中から現れたのは、無傷・・のキリル。
 フラムはその光景を見て、繭から羽化したようだ、と感じた。

「ジーンのアホ……やっぱりアホだ……それじゃあ、ただの無駄死になのに!」

 エターナが嘆く。
 あいつのことは嫌いだった。
 でも、その命を無駄に使っていいと思ったことは一度だってない。
 彼だってそのつもりだったはずだ。
 命を使って、世界にその価値を刻もうとしたのだ。
 だというのに――残ったものは、希望どころか、さらなる絶望だけ。

 エターナとフラムは、ほぼ同時にスキャンを発動していた。
 螺旋覚醒スパイラルブレイブ――その言葉の意味を確かめるために。



--------------------

 思。コ僭フ引=ORIGIN

 属性:勇/原初

 楜力:126823
 魔リォ:129331
 無体:123753
 抗ャ :126661
 不可:129454

--------------------



 そして直面する。
 どうしようもない現実に。

 リートゥスの力はもう使えない。
 ジーンは死んだ。
 ガディオも、ライナスも、マリアも。
 エターナは満身創痍。
 セーラとネイガスは魔力を使い果たし、ツァイオンとシートゥムはまだ動けない。

 残るは、フラム一人のみ。

「キリルちゃん」

 立ち向かうしか無いのだ。
 そして、勝つしかない。
 どれだけ絶望的な力の差があろうとも、死んだ人々の想いを無駄にしないために、愛する人と歩む未来を掴むために。
 神喰らいを引き抜き、構える。
 するとキリルはゆっくりとフラムの方を向いた。
 小高く積み上がった瓦礫の上で、肉の渦がこちらを見下ろす。

「行くよ」
「……」

 向き合った二人。
 ついに――最後の戦いが、幕を開けようとしていた。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く