「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

076 ワイルドカードの少女

 




 別棟にある研究室から出ると、エキドナは壁に背中を預けて大きくため息をついた。

「長時間あの目に睨まれていると疲れますわぁ」

 勇者の使う魔法、“リターン”の解析を任された彼女は、その間ずっとキリルの眼光にさらされている。
 フラムを人質にされた彼女の殺意たるや、同じ空間にいるだけで胃が常にキリキリと痛むほどである。
 自分の研究だけに没頭したいのだが、サトゥーキは己の野望のために彼女をこき使うことをいとわない。
 まあ、そんな彼についていくと決めたエキドナの自業自得なので、誰を恨むというわけでもないのだが。

「ふぅ……こういうときはキマイラちゃんでも見て癒やされるに限りますわねぇ」

 体のバネで壁から離れた彼女は、自分の研究室を目指して歩き出す。
 だがその途中――一人の男が目の前に立ちはだかった。
 今までも何度かニアミスはしてきたが、こうして直接やり合うのは初めてである。

「あらぁ、ガディオさんったら、私になんの用事かしらぁ」

 彼もまた、殺意に満ちた瞳でエキドナを見下ろしている。

「せっかく同じ場所で暮らしているんだ、一度ぐらいは挨拶しておかねばならないと思ってな」
「律儀ですのねぇ、どうぞよしなに。それではごきげんよ……」

 早々に立ち去ろうとする彼女の肩に、ガディオの手が置かれた。
 さほど力は入っていないが、“絶対に逃さない”という強い意思が感じられる。

「私に手を出せば、愛するケレイナさんとハロムさんの命はないですわよぉ? あなた、同じ過ち・・・・を二度も繰り返すつもりですのぉ?」

 振り向いたエキドナは、歪んだ笑みを浮かべ彼を煽った。
 なぜガディオが自分を恨んでいるのか、その理由ぐらいはわかっている。
 妻であるティアに、親友でありケレイナの夫、ソーマ。
 そして仲間のジェインも、ロウも――彼女の作ったキマイラに、全員が殺された。
 挙句の果てには死体をもてあそばれ、さらなる傷を負ったのだ。
 本来ならば、ここで殺してしまいたかった。
 しかしそれが許されないことぐらい、ガディオにだってわかっている。

「挨拶をしたいと言ったんだ。もう少しぐらい付き合ってくれてもいいだろう、エキドナ」
「とは言ってもぉ、あなたと話したいことなんて、私にはないわよぉ?」
「俺にはある」

 ガディオは、珍しく穏やかな笑顔を浮かべていた。
 もっとも、目はまったく笑っていないが。

「ずっと、会えたら伝えたいことがあったんだ」
「情熱的ですわねぇ」
「ああ、この熱だけは一度だって忘れたことはない。今日まで、ただそればかりを考えて生きてきた」

 エキドナに迫るガディオ。
 彼女は視線をそらさず後ずさるが――行き止まりだ、背中が壁に当たる。
 すると彼はエキドナの頭の真横に手を置き、至近距離で目を見開いて言った。

「俺は必ずお前を殺す。斬り殺す。刺し殺す。殴り殺す。圧し殺す。潰し殺す。壊し殺す。全身をバラバラにして原型がなくなるまでバラしてこの世から魂ごと消えてくなるぐらい徹底して殺す。殺してもまた殺す。なにがあっても、どうなろうと、俺の命を使ってでも、絶対に、殺してやる!」

 押し寄せる圧倒的な憎しみ。
 ただそれだけで押しつぶされてしまいそうなほどだが、エキドナはなおも笑う。

「逃げられないくせに、人質を助ける算段もないくせに、たかが人間四人が死んだ程度でそこまで――あなたったら、幼稚で、かわいらしい人ですのねぇ」

 彼女はガディオの首筋に指を這わせながら言った。
 そして満足気に「ふふっ」と笑うと、白衣をはためかせながら彼から離れる。
 ガディオはその姿が見えるまで、ひらひらと手を振りながら消えていく彼女の背中を睨みつけていた。

「……人を実験材料としか思っていない女の価値観など、そんなものか」

 凄んでも意味はないのだろう。
 ただの自己満足だ。
 結局は、結果で示すしかない。
 ここから脱出し、エキドナをあらゆる手段を尽くして殺すという結果を――

「やけに怖い顔をしているな、ガディオ」
「アンリエットか、なんの用だ」

 エキドナとは逆の方向から現れた彼女に、ガディオは少しうんざりした様子だ。
 今は他人と話す気分ではないのだろう。

「間が悪かったか、少し尋ねたいことがあったんだが」
「多少なら付き合うぞ」
「それは助かる、聞きたいのはあのフラム・アプリコットという少女についてだ。確かあの娘、騎士剣術キャバリエアーツを使うんだったな」
「ああそうだが、それがどうかしたか?」
「どこで身につけたものだ?」

 怪訝な表情で問いかけるアンリエット。
 ガディオはさも当然のように言う。

「俺が教えただけだ」
「それはおかしい。旅の中で彼女に訓練を付けられる時間はそう長くないはずだ、旅に出る前からすでにある程度は騎士剣術キャバリエアーツを身に着けていたんじゃないのか?」
「聞いているだろう? フラムはパーティを抜けるまでの間、ずっとステータスが0の状態だった。マイナスエンチャントが反転の能力でプラスに変わることに気づいたのは、そのあとだぞ」
「だったらますますおかしい。つまり、ガディオが訓練している間は、一度も使えなかったということだろう?」

 虐殺規則ジェノサイドアーツと比べて、騎士剣術キャバリエアーツの習得にかかる時間が特別短いということはない。
 どちらも同等に、身につけるのが困難な剣術である。

「それがお前の手を離れて、戦えるだけのステータスを得ただけで……使えるようになるものなのか?」

 アンリエットの疑問はもっともだ。
 仮にガディオの訓練のおかげだとしても、期間はせいぜい二ヶ月程度と、あまりに短い。
 普通はありえないことだ。
 そう、普通ならば――

「あれは、空の器だ」

 ガディオは少し機嫌がよくなったのか、かすかにほほ笑みながら言った。

「ステータスが0であるがゆえに思うように体を動かせず、日常生活を送れないほどではないものの、他の同世代の人間と比べて圧倒的に経験が少ない」
「だから、常人を超越する技術の吸収が可能だと? だがそれだけでは説明がつかない」
「もちろん、フラム自身の才能もあるんだろう。口では説明しにくい感覚を、あいつはいとも簡単に掴んでみせる」

 魔法にしたってそうだ。
 エターナから多少のレクチャーは受けたが、以降の魔法は全てフラム自身が、戦いの中で編み出してきたものだ。
 その習得速度は、あまりに早い。

「だが、なぜお前がそれを気にするんだ。装備を奪われたフラムには何もできないはずだが」
「……いや、ただ気になっただけだ。取り込んでいるところすまなかったな」

 不安げに表情を曇らせるアンリエット。
 彼女はそのままガディオの前から去っていった。
 ひとり残された彼は、黒いコートのポケットに手を突っ込んで、もう見えない彼女の背中に向かって言い放つ。

「フラムに見せたのは失策だったな、アンリエット」

 そして踵を返し、自室へ向かって歩き出した。



 ◇◇◇



 剣を握らせて欲しい。
 フラムはそうアンリエットに頼んだ。
 ステータスが0の自分が剣を握ったところで意味なんてないのかもしれない。
 けれど、何かが思い出せそうな気がして、そして――何かが掴めそうな気がして。
 彼女はフラムの要求を飲んだが、一つの条件を付けた。

「……重くないか?」

 ヘルマンはフラムに剣を渡して、心配そうに問いかけた。
 彼女に対するヘルマンの扱いは、どこか妹を想う兄のようでもある。

「大丈夫です、これだったら私でも振れるとと思います」
「……ならいい」

 彼はそう言って安堵すると、槌を片手に自分の作業に戻っていった。
 アンリエットが出した条件は、剣を握っていいのはヘルマンの部屋だけだ、ということ。
 彼も副将軍の一人だ、温厚そうに見えるが、戦闘には長けているのだろう。
 もっとも、今のステータス0のフラムならば、誰だって取り押さえることは容易だし、彼女自身も逃げる気などさらさらないわけだが。

「えいっ!」

 フラムは刃渡り五十センチほどの剣を両手で握り、持ち上げ、振り下ろした。

「……ふぅ」

 たったそれだけで、少しきつそうに息を吐く。
 そんなフラムが、普通の鉄で作られた剣など扱えるはずもなく――彼女が握っているのは、ヘルマンに用意してもらった、軽い金属で作られた剣だった。

「本当に私、剣なんて使ってたのかな……」

 すでに疲労が溜まっている腕を見ながら、フラムはつぶやく。
 だが確かに、体はそれを覚えていた。
 自分は確かに剣を――それももっと大きなものを振り回していた、その記憶が染み付いている。
 脳で封じられても、肉体に蓄積された経験は消えない。

「どうにかしてステータスを上げてた、とか?」

 反転属性のせいで、0になったステータス。
 訓練しても、エンチャントの付いた装備を身につけても変動しない能力を、上昇させる方法。
 首を傾げて考え込むも、そんな方法はまったく思いつかない。
 仕方ないのでまた剣を振る。
 体は自然と動く、しかし脳はうんともすんとも言わない。
 フラムが再び口をへの字に曲げて悩んでいると、自分に向けられた視線に気づいた。

「ヘルマンさん?」
「……気にするな」
「そうもいきませんよ、なにか私に聞きたいことでもあるんですか?」

 ほほ笑みながら尋ねるフラムに、ヘルマンは気まずそうに頭を掻きながら言う。

「……妹に似ている」
「妹?」
「……俺の、妹だ」
「私が、ですか?」

 彼はこくりと頷いた。
 どうやら彼がフラムに優しかったのは、そういう理由らしい。

「その妹さんは今、どうしてるんです?」
「……王都」
「近くに住んでるんですね。そういえば、王都はボロボロになってましたけど、怪我とかされなかったんでしょうか」
「……問題ない」
「それはよかったです。ヘルマンさん優しいですし、仲のいい兄妹なんでしょうね」
「……会えていない」
「そうなんですか? でもなんで……王都ならすぐそこなのに」
「……忙しい」

 そう言いながら、ヘルマンは火が揺らめく炉を見つめた。

「ああ、なるほど。じゃあもしかして……私って、邪魔でしたか」
「……それはない」
「でも……お仕事中なんですよね」
「……気分転換は必要だ」

 彼も、こんな暗い部屋に一日中閉じこもっていては気が滅入る。
 無口というだけで、中身は普通の人間なのだから。
 そんなヘルマンにとって、フラムの存在は清涼剤のようなものだった。
 アンリエットはともかくとして、オティーリエやヴェルナー、ヒューグは話していて心が安らぐ存在ではないし、彼女らに比べるといるだけで気が休まる存在がどれだけ貴重なことか。

「ありがとうございます。なら、言葉に甘えさせてもらいますね」
「……それでいい」

 口元を緩めたヘルマンは、また槌を振りはじめる。
 その様子をしばし観察するフラム。
 舞い散る火の粉に、響く金属を叩く甲高い音。
 目を閉じると、その音が体の中で反響し、脳に刺激を与える。
 以前の自分なら“うるさい”と感じていたはずなのに、こうして自然と受けいれられるのは、やはり記憶にないなにかが自分に刻まれているからだ。

「私の知らない私がここにはいる……」

 きっと今の自分も、失われた自分からみたら、自分ではない誰かだ。
 頭と体が噛み合わない、気持ちの悪いずれが苛立ちを誘起する。
 右手に握っていた剣を持ち上げ、目の前に持ってくると、よく磨かれた刀身に写る自分の顔を見つめる。
 “お前は誰だ”と問いかければ、“お前は誰だ”と問い返される。
 その正体を確かめるように、左手の人差し指で反射する自分の顔をなでた。
 そのまま滑らせ――刃で、ぷつりと指の腹を裂く。

「いっづ……!?」

 自分は一体、何をしているのか――フラムにも理解できなかった。
 血のにじむ人差し指を見ながら、呆然とする。
 恐怖はなかった。
 当たり前のように、自分の意志で、自分の体を傷つけていた。
 まるで、それに慣れている・・・・・かのように。

「私、なにやってたんだろ」

 血の玉が膨らみ、重力に引かれて落ち、手のひらまで流れてくる。
 フラムはごくりと唾を飲み込むと、その血を剣の刃にこすりつけた。
 綺麗な銀色が、かすれた赤色で汚される。
 彼女はぼんやりとした目でそれを見つめると、「ほぅ」と息を吐いて、腹に力を込めた。
 まるで自分が自分でないような感覚。
 ふわふわと、夢にうかされたような感覚の中、彼女はぶつぶつと言葉を発する。

「……血液に自分の意思を導通させる」

 目を閉じる。
 それはかつて自分の一部だったもの。
 つまり体から出ていった今でも、繋がりは残っている。
 それは目にはみえない、感じようとしても見つからない、しかし確かに存在しているもの。
 意識する。
 蜘蛛の糸よりも細いそれに、切れないように見えない手を伸ばす。
 この感覚は知っている、どこかで経験したことがある、だから失敗はしない。
 糸をたどり、肉体と接続――完了。

『体外に排出されたことによって死につつある彼らを奮い立たせ』

 彼らはもはや自分ではない。
 それが『   』と異なる部分。
 奮い立たせるのだ。
 応援して、もう一度戦ってくれ、と熱量を与えるのだ。
 とくん、とくん、とくん。
 繋がった糸からまるで血のように、実体のない“温度”そのものが送り出される。
 聞こえるか、私の声が。
 感じるか、私の心を。
 今よりずっとふさわしい死に様を与えてやるぞ――そう告げると、血液に宿る力たちがざわつくのを感じた。
 あとは、従えるだけ。

「言うことを聞いて、私の意思を……!」

 刃上の赤い染みが、ぐにゃりと蠢く。
 従属する。
 確固たる意思に惚れた彼らは、お前にならば命を預けやろうと心を許している。
 ならばあとは、敵に向かって放つだけだ。

「あとは敵に向かって――あ」

 握る手に力を込め、瞳を開き、目の前にいる敵に振ろうとするフラムだが、ここには敵がいない。
 それを思い出した瞬間、急速に気分が冷却されていくのを感じた、
 同時に集中も切れ、血と繋がっていた意思が分断される。

「はぁ……いや、私なんかにいきなりできるはずがないじゃん、なにがっかりしてんだろ」

 出来た気になっていたのは、雰囲気だけだ。
 実際は、あのまま剣を薙いだところで、血の刃など放てるはずも――

「……フラム」

 そのとき、一部始終を見ていたヘルマンが彼女を呼んだ。
 フラムは彼の方を見ると、恥ずかしそうにはにかむ。

「ヘルマンさん、見てたんですか」
「……惜しい」
「いいですよ気を使わなくて、私にそんな高度な技術扱えっこないんですから」
「……」

 謙遜するフラムだったが、ヘルマンは彼女の握る剣の刃を凝視したまま黙り込む。
 釣られて彼女も見てみたが、特に変化はなかった。
 薄く塗られた血もそのままだ。

「あ、ごめんなさいヘルマンさん、せっかく貰った剣なのに、いきなり血で汚しちゃって!」
「……これを使うといい」

 投げられた付近を、わたわたとどうにかキャッチするフラム。
 それで血を拭き取る彼女を、ヘルマンは目を細めながら、さらにじっと見つめていた。



 ◇◇◇



 ミルキットが隣の部屋に続く穴を開いてから一週間。
 つまりかれこれ三週間近くになるだろうか――彼女たちの脱走が終わるまでの間、ネイガスとセーラはずっと付近の山中に潜み、手紙のやり取りをしつつ、施設の様子を観察していた。
 言うまでもなく、その時間は暇である。
 もちろん、近場の町で王都でなにが起きているのか情報収集をしたり、施設の構造を調べたり、キマイラの正確な数を把握したりとやることは多いのだが、それでも時間つぶしには限界がある。
 しかも、いつミルキットたちが脱走を始めるかわからない以上、この場を離れるわけにもいかず――

「ネイガス、これ飽きないんすか?」
「んー? ぜんぜーん」

 ネイガスはひたすらに、セーラを愛でていた。
 具体的には足の間に座らせて、後ろからハグする、ただそれだけ。
 別にこれだけをしているわけではないのだ、セーラの希望で魔法の訓練だってやったし、その他のトレーニングも一通り行っている。
 だが彼女に魔法を教える条件が、“自分に体を委ねること”だったわけだ。
 もちろん『このド変態!』と罵られてメイスで半殺しにされようとしたが、怒られて少し嬉しそうなネイガスが気持ち悪かったので途中でやめた。

「ところでネイガスは、なんでおらにここまでべったりなんすか? その理由がよくわからないんすよ」
「一目惚れ。最初に会ったときにかわいいって言わなかった?」
「言ってたっすけど、本当にそれだけなんすね……」
「かわいい子を愛でるのに理由なんていらないわ!」

 熱弁するネイガス。
 白けるセーラ。
 だがもはや、彼女から魔族に対する嫌悪感は完全に消え失せていた。
 体を包み込む柔らかくて温かい感触も、まあ悪くないと思ってしまっている。

「もちろんセーラちゃん限定ね。誰にだってこういうことをするわけじゃないわ」
「わかってるっすよ、それぐらい」
「愛が伝わってる!」
「気持ち悪さの間違いっす」

 そんなやり取りしていると――空からひらひらと、白い紙が落ちてきた。

「帰ってきたわね、今日の経過報告」

 ミルキットたちとは、毎日定期的に連絡を取り合っている。
 脱出手段を確保したことも、すでに把握していた。
 そして今日の報告には、ついに――

「決行は明日の朝だそうよ」

 そう、書かれていた。

「思ったより早かったっすね」
「そうねえ、上手く行ってくれるといいんだけど……脱走に関しては、私たちはどうにもできないのが辛いところだわ」

 キマイラひしめくあの施設に突入し、全力の風魔法で外に出てきた四人を救出する――ネイガスにできるのは、それが精一杯だ。
 建物の内部に侵入して、脱走そのものをフォローするのは不可能である。

「失敗して、もっと厳しい場所に入れられたりしたらマズくないっすか?」
「当然まずいわ。でもこれ以上に長引けば、その前に戦争が始まってしまう可能性だってあるもの、待ってる余裕はないのよ」

 すでに施設から何百体というキマイラが送り出されていた。
 向かう先が魔族領のある北でないのが気になるが、王国が開戦の準備を着々と進めているのは間違いないだろう。

「だから私には祈ることしかできないわ。お願いだから成功してよね……あなたたちに、魔族の命運がかかってるんだから!」

 命運を勝手に背負わされた二人は、それぞれ“ご主人様に会いたい”、“エターナの声が聞きたい”としか思っていないのだが――脱走の成否で世界の行く末が決まるのもまた事実。
 夜が更け、陽が昇り――それは王国の辺境で、ひっそりと始まりを告げるのだった。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く